仮想通貨の買い方【初心者】

Zaif「20億BTC(約2,200兆円相当)の売り」の真相。ビットコインが0円で買える状態だった

こんにちは、カズト(@nomad_btc)です。

本日20日、ビットコイン・アルトコインの取引所であるZaif(ザイフ)が、重大なバグにより一時的に「ゼロ円でビットコインが買える状態だった」ことを発表しました。

誤表記されていた間に「21億BTCが購入」され、日本円で2,200兆円分のBTCが0円で販売されたとのこと。

(システム異常として売買は訂正扱い、Zaifは顧客データを修正)

本日は、今回のZaifの0円表記バグ事件についてまとめました。

Zaifゼロ円バグ事件の大まかな流れ

16日:Zaifのかんたん売買でBTCが0円

2018年2月16日、仮想通貨の取引所「Zaif(ザイフ)」のかんたん売買において、ビットコインの価格が「0円」と表示されてしまうバグが発生しました。

かんたん売買

Zaif(ザイフ)の保有する仮想通貨をワンクリックで購入できる販売所。

このバグは、クレジットカード決済による購入のみのものだったようです。

売買板に気付いたYouTuberが大量買い、アカウントロック

YouTuberの「麺屋銀次」氏が、ビットコインが0円に表記されるバグに気付き、21億BTC(約2200兆円分)のビットコインを手に入れました。

その報告がYouTubeに上げられています。

(上記動画)

  • 時価総額:2246380500373117.809210183035円
  • クレジットカードのかんたん決済で仮想通貨を購入
  • ビットコイン・モナコインの売買価格が0円と表示
  • バグだから反映されないだろうと思い試してみた

ビットコイン「20億BTC」の売り板が出現

その後、麺屋銀次氏がビットコインの売り注文を約定しないように「指値」で出してみたところ、売買板にも「20億BTC」の売り板が出現し、インターネット上で拡散され大騒ぎになりました。

Zaifが該当アカウントをロック、売買を修正

  • さっきまでログインできたのに、何も連絡無しにアカウントのロックをかけられた
  • 売買もチャットも参加できない
  • Zaif(ザイフ)には問い合わせメールを送っている

一連のYouTubeの動画では、Zaifが顧客のアカウントをロックし何の予告も無しに没収したこと、問い合わせメールにZaifが対応しないことを批判しています。

Zaifはサーバーダウンが多発することや、なかなか注文が通らなかったりする問題が指摘されています。

今回のバグ→リセットについても、ネット上では「テレビCMを始める前にやることがあるのでは」と厳しい声が上がっています。

19日:ITmedia NEWSの取材に「事実確認中」

Zaifを運営するテックビューロ社はITmedia NEWSの取材に対し、「現在事実関係を確認中です。今後の対応も未定になっております」と答えています。

Zaifで「2200兆円分のビットコイン」売り注文 バグ? Zaifは「確認中」- ITmedia NEWS

20日:Zaif公式サイトで発表

2018年2月16日夕方頃、当社サービスである「簡単売買」上の価格計算システムに不具合が生じ、ゼロ円で仮想通貨の売買が出来る状態が発生しましたこと、また、それに伴い板情報が異常値を示したことに関して、お客様に多大なご心配とご迷惑をお掛けしたことを、深くお詫び申し上げます。

 

■発生時間
2018年02月16日 17時40分頃 ~ 17時58分頃
(※19:34時分頃、完全復旧)

 

■状況
簡単売買においてゼロ円でも売買できてしまう状態が発生した。
BTC/JPYの板情報に異常な値が表示された。

 

■原因
「簡単売買」の価格計算システムに異常が生じ、webシステム側でゼロ円でも売買できてしまうという不具合が重なり、7名のお客様がゼロ円で仮想通貨を購入してしまった。
一部のお客様がゼロ円で購入した仮想通貨を取引所で売り注文に出されたため、取引板に異常な数値が表示された。

 

■対策
当該システム不具合に対しては、不具合発生中から即時対応を開始し、修正を実施。以降、正常に稼働しております。
ゼロ円で購入された売買については、システムの異常によるものですので訂正扱いといたしまして、お客様の残高データについても修正を行いました。

 

■その後の経過と現状
当該不具合において対象となったお客様は7名様で、うち6名のお客様との対応を済ませており、1名様と継続対応中でございます。また、即時修正し完全復旧しているため、他のお客様への影響はございません。

 

2月16日のBTC現物の出来高ランキングにつきましても、現在は正常な集計結果を表示しております。

 

Zaifより

  • 2018年2月16日夕方頃
  • 「簡単売買」上で、ゼロ円でビットコインの売買ができる状態が発生
  • 他の顧客への影響はなし
  • 不具合の対象になった顧客は7人、うち6人は対応完了、1人と継続対応中

Zaifは21日より、成行注文の受付を一時停止

続いてZaif(ザイフ)は、明日21日より「成行注文」を一時的に停止することを発表しました。

一時停止理由は「注文処理のパフォーマンス改善」を目的としているとのこと。

Zaif(ザイフ)はモナコインなどのアルトコインを板売買できる上、独自トークンを買える貴重な取引所。私も海外取引所からビットコインを送金して日本円を出金するときにはZaif(ザイフ)を使っていて、応援している取引所の1つです。

今回のシステムバグもそうですが、最近のサーバーダウン頻発、注文の通りづらさなど分かりやすい不具合も多いため、なるべく早く改善してほしいものです。