最大5万円キャッシュバック
IG証券ノックアウトオプション

「REKT」ロスカット通知アカウントでビットコインFXの相場の動きをチェック

ビットコイン、BTCFXトレーダーの多くがフォローしているアカウント「REKT」をご存知でしょうか。

REKTは、ビットメックスロスカット通知をリアルタイムにお知らせしてくれるTwitterアカウントで、タイムラインを見ているだけで相場の流れを知ることができます。

常に相場をチェックできない場面でも、REKTがビットコインの価格も合わせて知らせてくれるのでフォローしておくと便利ですよ!

REKT(レクト)はwreckの過去形wreckedからきており、「めちゃくちゃにされた、破壊された」という意味です。ロスカット通知のアカウントなので、つまりそういうことですね。

REKTはどんな通知をするのか

bitmex REKT

Bitmex liquidation bot. Immortalising those that have blown their margins. Not affiliated with @BitMexdotcom. Not affiliated with the “REKT” bot in Bitmex chat

(bitmex精算ボット。bitmex.com、bitmexチャットのREKTボットとは提携していません。)

REKT(レクト)はビットメックスのポジションのロスカットをツイートしてくれるアカウントです。

XBT(ビットコイン)だけでなく、TRXやADAなどのbitmexに上場した通貨であればすべて通知の対象です。

bitmex REKTの通知ツイート

REKTのツイートはこんな感じです。

Liquidated long on XBTUSD: Sell 1,255,586 @ 5166.5 💯💯💯💯💯💯💯💯💯💯💯💯🔥 ~ Double kill

  1. 精算(ロスカット)されたポジション
  2. 仮想通貨の種類
  3. 精算された価格、数量

上記ツイートの場合は、「XBT/USDのロングが@5166.5(価格)で1,255,586(数量)分精算された」という内容です。「💯」やその後についている「 ~ Double kill」は、ロスカットされた量に応じて表現が変わります。

ある価格を抜けたことでロスカットが連鎖して一気に動く場面では、REKTツイートが連投されるのでタイムラインを見れば一目瞭然です。ビットコインFXをしていなくても、このアカウントをチェックしていれば現在価格がすぐに分かるのでおすすめです。

スマホにREKT通知がいくようにする

フォローしておくだけでも良いのですが、TwitterのアプリからREKTのツイート通知をオンにしておくと「見逃してしまう」ことがなくなります。

bitmex REKTを通知オンにする

Twitterで「@BitmexRekt」アカウントを開き、「フォロー中」の隣にあるベルマークをタップしてオンにしましょう。

ロスカットがあるとスマホに通知が届きます。

こうして紹介していますが、あまりにREKTの通知が多すぎるので私は通知を切りました。

cryptogtはREKTを見てから対応できる

REKTはbitmexのロスカットを通知するアカウントですが、cryptogtでトレードしている方にもおすすめです。

というのも、cryptogtは複数の取引所の価格情報をもとに価格を決定していて、その価格情報の一つにbitmexも使われているそうです。

bitmexでロスカット連鎖が起きた後すぐにcryptogtでポジションを持つと、後乗りでも利益を得られるチャンスがあります。もちろん必ず後乗りで勝てるわけではありませんが、値動きに影響しているのは確かなので、参考にしてみてください。

Twitter「REKT」まとめ

bitmexの相場の動きを知る

日本の取引所を使っている方でも、REKTやいなごFlyerなどのツールでビットメックスの相場を流れを知るだけで有利な条件でトレードすることができます。なぜなら、ビットメックスやBitfinex(ビットフィネックス)のビットコイン価格がひっぱっている場合が多いからです。

逆に言うと、REKTやいなごFlyerは多くのビットコインFXトレーダーが使っていますから、使わないと不利な環境という見方もできます。

取引量は日本の取引所よりも圧倒的に多く、世界のビットコイン市場に大きく影響するビットメックスの相場の流れはとても重要です。

ビットメックスのアカウントを持っていない方、より詳しく知りたい方は次の記事を読んでみてくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA