少額投資ならノックアウトオプション
今ならキャッシュバックがもらえる

TREZOR(トレザー) │ 安全に仮想通貨を管理するために必須のハードウェアウォレット

TREZORハードウェアウォレット

TREZOR(トレザー)は、仮想通貨をオフラインで安全に保管するためのハードウェアウォレットです。

2018年のCoincheckネム盗難事件のように、取引所に仮想通貨を放置していると外部からの攻撃によるハッキングリスクが付きまといます。

仮想通貨の引き出しに必要な秘密鍵はTREZOR内で管理できるので、ハッキング被害に遭う危険が小さくなります。

価格は1万円以上するので安い買い物ではありませんが、仮想通貨を長期で保有している方はハードウェアウォレットに入れておくことをおすすめします。

 

TREZOR(トレザー)の基本情報
名称TREZOR(トレザー)
カラーブラック/ホワイト
USBUSB/USB TypeC
重さ12g
対応OSWindows/macOS/Linux
URLhttps://trezor.io/
対応する仮想通貨BTC
BCH
BTG
LTC
DASH
ZEC
外部連携で対応できる通貨ETH
ETC
MONA
XEM
その他トークンも可

TREZOR(トレザー)では、ビットコイン系(BTC/BCH/BTG)、ライトコイン(LTC)、ダッシュ(DASH)、ジーキャッシュ(ZEC)の6種類を専用のプラットフォーム「TREZOR Bridge」で保管できます。

対応通貨一覧

対応通貨一覧

そのほかにもイーサリアムやERC20トークン、ネムにも対応しているのですが、これらの通貨は外部サービス(MyEtherWalletやNanoWallet)との連携が必要です。

TREZORを購入できる場所

ハードウェアウォレットは1万円を超える商品ですから、なるべく安く買いたいと思う方も多いでしょう。

しかし、価格比較サイトや個人で出品できるサイトなどで購入すると、改造された悪質な商品が届く危険性があるので推奨しません。

ハードウェアウォレット自体に秘密鍵を詐取できるスパイウェアを仕込んでしまえば、秘密鍵を詐取して資産を奪い取ることも可能です。

メルカリでは違反対象に

そういった危険もあるため、メルカリでは「出品禁止商品」にハードウェアウォレットがリストされています。

万が一出品されているのを見つけても購入しないようにしてください。

必ず正規代理店で購入する

TREZOR(トレザー)を購入する際は、公式が認めるTREZOR(トレザー)を販売できる正規代理店を選びましょう。

正規代理店なら購入後のアフターフォローもしっかりしているので、安心して購入できますよ。

支払い方法は次の3種類から選べます。仮想通貨払いができるのはハードウェアウォレット販売店ならではですよね。

  1. クレジットカード
  2. 銀行振込
  3. 仮想通貨支払い(BTC/BCH/LTC)

TREZOR(トレザー)の使い方は正直簡単ではありませんが、この記事でなるべく分かりやすく画像つきで順を追って解説していきます。

TREZOR(トレザー)の同梱物

TREZOR同梱物

TREZOR同梱物

今回、TREZORの日本の正規販売代理店の株式会社RISEST様よりレビュー用のサンプル品をいただきました。

  1. TREZOR(トレザー)本体
  2. ストラップ
  3. USB-MicroUSBケーブル
  4. マニュアル
  5. リカバリーシード(メモ用)
  6. ステッカー

TREZORには以上6点の同梱物が含まれています。必ず全て揃っているかを確認しましょう。

このほか「USBを挿せるパソコン」「インターネット環境」「メモ用のボールペン」が必要となるので、あわせて準備します。

USBとUSB TypeC

12インチのMacBookや2016年以降のMacBook ProにはUSB TypeCが採用されていますが、TREZOR(トレザー)に標準同梱されているUSBケーブル単体では接続できません。

USB/USB TypeC

USB/USB TypeC

購入時、「USB」と「USB TYPE-C」を選ぶところがありますので、必ず確認しておきましょう。

WindowsPCも

最近はUSB TypeCが主流になりつつあるので、WindowsのノートPCを使っている方も確認しておきましょう。

事前にシールをチェックする

ホログラムシール

ホログラムシール

TREZOR(トレザー)に限らず、ハードウェアウォレットは悪意をもって細工された偽物が出回ることがあります。

せっかく仮想通貨を安全に管理しようとしているのに、そのハードウェアウォレットに危険が潜んでいては元も子もありません。

本体のホログラムシールを確認し、誰かが剥がした跡がないかをチェックしましょう。

TREZOR(トレザー)の初期設定

TREZOR(トレザー)の同梱物を確認したら、はじめにパソコンで初期設定をします。

機械に慣れていない方には少し難しいかもしれませんが、画像付きで解説していくので、慌てずゆっくり進めていきましょう。

Chromeを導入しておく

TREZOR(トレザー)の設定前にGoogleChromeを導入しておきましょう。

TREZORとパソコンを接続する

TREZOR(トレザー)本体

TREZOR(トレザー)本体

付属のUSB-microUSBケーブルを挿して、パソコンとTREZORを接続します。

接続が完了するとTREZORの画面に「Welcome! Please visit trezor.io/start」と表示されます。

TREZOR公式サイトにアクセス

TREZOR.IO STARTトップページ

TREZOR.IO STARTトップページ

続いて、「TREZOR.IO/START」にアクセスします。

Choose your device to continue(あなたのデバイスを選んでください)」と表示されるので、左の「Trezor One」をクリックしましょう。

TREZOR.IOポップアップ

Before you start」とポップアップが表示されます。

梱包箱に貼ってあるホログラムシールを確認してください。シールが見当たらなかったり、破損・不備があるなど、上記写真と異なる場合はデバイスを使用せずに至急サポートまで連絡ください。問題を調べ、再度ご連絡いたします。

TREZOR(トレザー)は資産を保管する大切なハードです。万が一第三者に細工をされている跡が見つかったら、使用する前にサポートへ連絡しましょう。

シールに問題がなければ「Continue to wallet」をクリックします。

TREZOR Bridgeをインストール

Trezor Bridge ダウンロード

Trezor Bridge ダウンロード

TREZOR Bridgeのインストール画面に進みます。

プルダウンメニューから、現在使っているデバイスの環境にあわせたOSを選択し、「Donwload latest Bridge(最新のBridgeをダウンロード)」をクリックしましょう。

メモ
Windows/macOS/Linuxが選べますが、この後の設定手順は変わりません。

ファイルがダウンロードできたら、インストール用ファイルを開きます。

注意
macOSの場合、「開発元が未確認のため開けません。」というエラーメッセージが表示されることがありますが、「Finder → ダウンロード」と進んでControlキーを押しながらファイルをクリックし、「開く」を選択すると開けます。
Trezor Bridge インストール

Trezor Bridge インストール

ファイルを開くと、TREZOR Bridgeのインストール画面が表示されます。

Trezor Bridge インストール

Trezor Bridge インストール

順序通りに「続ける」をクリックして進めると、インストールが完了します。

Trezor Bridge

先ほどのTREZOR Bridgeのページに戻って、「Refresh page(ページを更新)」をクリックします。あるいは「F5キー」などでページを更新しましょう。

My Trezor

My Trezor

It is time to the device firmware」と表示されたページに移動すればインストールは完了です。

続いて、TREZORのファームウェアをインストールします。

TREZORがパソコンに接続されていることを確認し、「Install firmware」をクリックしましょう。

ファームウェアのインストール

ファームウェアのインストール

自動的にファームウェアのインストールが開始します。

完了すると、「Please recconnect TREZOR to continue(トレザーを一度抜いて、再度接続してください)」と表示されるので、一度USBコネクタからTREZORを外して再度パソコンに接続しましょう。

新規ウォレットを作成する

ここからは、いよいよ仮想通貨を保管するウォレットの作成です。

新規ウォレットの作成

新規ウォレットの作成

再度接続すると、ファームウェアのインストールも完了し「Ceate a new wallet(新しいウォレットを作成する)」ボタンが表示されます。

Ladger Nano Sと同期して使う場合は「Recover wallet」、「Create new」をクリックしてウォレットを作成しましょう。

  1. リカバリーシードを紙に書き留める
  2. PINコードを設定する
  3. TREZORの名前を設定する

ウォレットを作成すると、下画像のようなダッシュボードが表示されます。

バックアップの作成

バックアップの作成

左のメニューからウォレットを設定したり、アカウントに入っているビットコインの数量と米ドル換算の価値を確認できます。

Your Trezor is not backed up.(あなたのトレザーはバックアップされていません)

右側メインエリアにはこう表示されています。

リカバリーシードのバックアップ
ハードウェアウォレットは仮想通貨の秘密鍵を保存しておくためのものですが、万が一失くしてしまったときに復元するためのリカバリーシードが用意されています。

 

このリカバリーシードを第三者に知られてしまうと資産を奪われる危険があるので、メモした紙は必ず盗られないように保管しておきましょう。

Create a backup in 3 minutes.(3分でバックアップを作成する)」をクリックしてバックアップを作りましょう。

バックアップの作成

バックアップの作成

リカバリーシードをバックアップする前に、注意書きが表示されます。

  1. リカバリーシードは一度だけ表示する
  2. 写真、パソコンやスマホでのメモ、インターネット上へのアップロードはNG
  3. 従わなかった場合に発生した損失は一切の責任を負わない

以上のことが書かれています。リカバリーシードは必ず紙媒体などインターネットに接続しないところに保管しましょう。

確認できたら「I understand and I agree」にチェックを入れ、「Continue」をクリックします。

リカバリーシードのメモ

リカバリーシードのメモ

続いて、「Write down your recovery seed(リカバリーシードを書き留めてください)」と表示されたページに遷移します。

その下の説明文は、「間違えないように気をつけながら、24個のワードを順番通りに書き留めて記録してください」という内容です。

リカバリーシード

こんなふうに、単語が1つずつ表示されていくので、メモしながら右下のボタン(NEXT)を押して進めていきます。

24個あるので少し時間がかかりますが、これを間違えてしまうと初めからやり直しなので丁寧にすべて書き留めていきましょう。

すべて書き留めて右下のボタンを押すと、また1つ目の単語から一周してリカバリーシードが表示されます。自分がメモした単語と照らし合わせ、間違いがないかを確認しましょう。

リカバリーシードのメモ完了

2周目も終わると、パソコンのブラウザ画面は「You have successfully backed up your device!」と表示されます。

Continue」をクリックし、PINコードを設定しましょう。

PINコードを設定する

PINコードの設定

PINコードの設定

「TREZOR(トレザー)側で確認アクションをしてください」と表示されます。

PINコードの設定の確認

Do you really want to set new PIN?(本当に新しいPINコードを設定しますか?)

右下のボタン(Confirm/確認)を押して進めます。

PINコードの設定/ブラウザ側

PINコードの設定/ブラウザ側

TREZOR(トレザー)の確認が済むと、パソコンのブラウザ側で9つのタイル式入力画面が表示されます。

TREZOR(トレザー)にも同じようにタイル式に数字が表示されていますが、これはブラウザ側のタイルと連動しています。

設定するPINコード(最大9桁)を、TREZOR(トレザー)の画面を見ながらパソコン側で入力します。

確認で再度PINコードを入力したら、「Enter PIN」をクリックします。

PINコードの設定完了

Good job! Your PIN is set.(PINコードが設定されました)

設定が完了したら、右下の「Continue」をクリックします。

ウォレットの名前を設定する

TREZORの名前設定

TREZORの名前設定

次に、TREZOR(トレザー)の名前を設定します。

名前を付けることで、他の人のTREZOR(トレザー)と間違えることなく識別できるようになります。

問題なければ、「Continue」をクリックしましょう。

TREZOR(設定)に設定したい名前を入力し、「Confirm to Continue」をクリックします。

Confirm action on your TREZOR device」と表示されるので、TREZOR(トレザー)で確認しましょう。

Do you really want to change name to ~~?(名前を変更してよろしいですか?)

名前を確認し、右下の「Confirm」ボタンを押しましょう。訂正する場合は左下「Cancel」から変更できます。

確認のPINコードを入力します。先ほどと同じように、TREZOR(トレザー)の画面と照らし合わせて入力しましょう。

TREZORの名前設定完了

これで名前の設定も完了しました。

Continue」をクリックすると、TREZOR(トレザー)のサイトをブックマークするよう促されます。

TREZOR(トレザー)は資産を盗む目的につくられた偽物のサイトも出てきています。

必ず本物のサイトにアクセスできるよう、TREZOR公式サイトをブックマークするようにしてください。

確認できたら「Continue」で次に進みます。

次は、ニュースレターを受けとるよう促されます。

こちらはスキップしても構いませんが、受けとる場合はメールアドレスを入力して「Continue」をクリックします。

最後にTREZOR(トレザー)の各SNSアカウントのフォローです。

ニュースレターも含めて英語で情報が届くので、不要な方はそのまま「Continue」で飛ばしてOKです。

これでアカウント作成、ウォレット作成、バックアップの作成まで、TREZOR(トレザー)の初期設定は以上です。けっこう長い作業でしたね。お疲れさまでした。

仮想通貨をウォレットに入金する

リカバリーシードを再確認

先ほどバックアップしたリカバリーシードですが、ビットコインを入金する前に再度やっておきましょう。

万が一間違って書き留めていた場合、資産を復元することができません。

それほど重要な単語なので、今一度確認しておきます。

TREZOR Bridgeの自分のアカウント情報から、「Advanced」をクリックします。

Check recovery seed(リカバリーシードをチェックする)」をクリックします。

12 word/18 words/24 words]と選べるところは「24 words」を選択し、右下「Continue」をクリックします。

PINコードを入力し、「Enter PIN」をクリックして進みます。

ブラウザ側はこんなふうに単語を入力する画面になります。

TREZORの本体側は、「○○番目の単語を入力してください」と表示されています。

メモしている該当の単語を入力し進めていきましょう。

24単語を入力し終えたら、TREZOR側は「The seed is valid and MATCHES the one in the device.(リカバリーシードは有効で、このデバイスのものと一致しています)」と表示され、「Confirm」をクリックすると、パソコンのブラウザ側も完了画面になります。

ビットコインなどを入金する

左上のプルダウンメニューから入金したい通貨を選択します。

今回はビットコインを選びました。

画面上メニューから「Receive」をクリックします。

入金用のビットコインアドレスが一部表示されます。「Show full address」をクリックすると全て表示されます。

アドレスが全て表示されました。

Check address on Trezor(トレザーでアドレスをチェックしてください)」と表示されています。

TREZOR側にもアドレスが表示されています。

ブラウザ側と同じアドレスかどうか確認し、OKであれば「Continue」をクリックしましょう。

QRコードを表示させることができます。

アドレス/QRコードにウォレットや取引所からビットコインを送金しましょう。

しばらくすると「Transactions」にビットコインの送金が反映されます。

仮想通貨をウォレットから出金する

次に、TREZOR(トレザー)からビットコインを出金する方法を解説します。

先ほどと同じくアカウント情報に進み、「Send」を開きます。

  1. Address/送金先アドレス
  2. Amount/送金額
  3. Fee/送金手数料

それぞれ入力すると、送金予想時間と手数料が表示されます。

Send」をクリックすると、PINコードの入力を求められるため、登録したPINコードを入力して「Enter PIN」をクリックします。

最後に内容を確認し、TREZOR側「Confirm」をクリックすると完了です。

TREZOR(トレザー)まとめ

TREZOR(トレザー)の初期設定、バックアップ方法、基本的な使い方を紹介しました。

ハードウェアウォレットはデジタルに慣れていない人には少し難しい作業になりますが、Leger Nano S(レジャーナノS)と比べると、ブラウザでの手続きが分かりやすいと感じました。

取引所のハッキングによる盗難、アカウントのID/パスワードを盗まれる危険性を考えると、仮想通貨を長く保有するならハードウェアウォレットは必須だと思います。

ぜひこの記事を参考に、TREZOR(トレザー)の導入を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA