仮想通貨を始める方へ

【USDT】仮想通貨Tether(テザー)を解説。米ドルや日本円と連動し、通貨価値が安定する

仮想通貨の情報を集めている方は、「Tether(テザー)」や「USDT」という言葉を聞いたことがあるかと思います。Tether(テザー)はTether Limited社が発行する仮想通貨で、米ドルや日本円と連動して安定した通貨価値を保持します。本記事では、価値のほとんど変わらないペッグ通貨「Tether(テザー)」について解説します。

 

Tether(テザー)とは

Tether(テザー)は、米ドルなどの法定通貨(国が発行する通貨)との交換レートが固定されているペッグ通貨のこと。

ペッグとは、「固定する、釘に打つ」という意味で、ビットコインなどの仮想通貨と違って価格変動がなく安定しています。

常に同じレートで米ドル、ユーロ、日本円などと交換できるため、仮想通貨から資金を逃がす目的に使われています。

通貨名USDT
公開日2014年10月6日
公式サイトhttps://tether.to/

どのように使うのか

ビットコインなどの仮想通貨のメリットである「安い手数料で送金」が可能です。

加えて、ビットコインなどの仮想通貨と違い、価格が法定通貨に対して安定するため、「価格を安定させつつも安い手数料で送金する」使い方ができます。

リスクは「中央集権」にある

しかし、Tether(テザー)にはデメリットもあります。

「カウンターパーティリスク」

Tether(テザー)は中央集権的であるが故のデメリットカウンターパーティリスク」があります。

カウンターパーティリスクとは、Tether(テザー)の発行元のTether Limitedが管理する法定通貨がハッキングなどの被害に合うTether Limitedが破綻あるいは不正や持ち逃げをする可能性、などのリスクのことです。

価格が安定する基軸通貨として使えるメリットがある一方で、Tether(テザー)は中央集権的であるが故の危険性があります。

また、ほとんど法定通貨との交換レートが固定されていますが、仮想通貨全体の急落の影響などで一時的に価格差が開くこともあります。

Tether(テザー)がビットコインを買い支えている?

ここ最近、Tether(テザー)がビットコインを無理に買い支えている疑惑が噂されていました。

ビットコインキャッシュの暴騰前後に「USDTによるビットコイン買い」が非常に増えていたため、USDTを無限に発行して無理やりビットコインを価格上昇させているのでは、というものです。

恐らく無いかと思いますが、あくまでTether(テザー)は民間企業が発行しているものになりますので、こういった不正を行う可能性があることは頭に入れておいたほうがいいかもしれません。

大事な通貨を逃がす先としてTether(テザー)・USDTを使う方も多いかと思いますが、本当に資金を逃がすにはやはり米ドルや日本円などの「法定通貨」にしておくべきでしょう。

機関がビットコインキャッシュを一時的にUSDTに換えていたからか

ちなみに、ビットコインキャッシュ暴騰から一週間がたち、

11月19日現在、USDTによるビットコイン買いは落ち着いてきています。


  1. 大口によるビットコインキャッシュの利確
  2. USDTに避難
  3. ビットコインを底値で購入(USDT建てのBTC購入が増える)
今回の件に関しては、こんな流れで急激にUSDTによるビットコインの買いが増えていたと考えるのが自然でしょう(๑•̀ㅁ•́๑)✧

だからといってTether・USDTが安全であるとは限らないので、大事な資金は「法定通貨」に換えておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です