テレグラム(Telegram)の日本語化と使い方【仮想通貨】

2 min

テレグラム(Telegram)とは、非営利団体Telegram Messenger LLPが開発するメッセージを暗号化して送受信できる無料メッセージングアプリです。高いセキュリティや高速通信が評価され、世界で2億人以上の人々に利用されています。

馴染みのない方も多いかもしれませんが、仮想通貨でコアな情報を集めるならテレグラムは必須アプリです。

LINEやSignalのようなメッセージングアプリと似た使い勝手で、仮想通貨のプロジェクトやメディアの多くがコミュニティ運営にテレグラム(Telegram)を利用しているため、中級者以上の仮想通貨トレーダーではかなりの割合の人が使っています。

テレグラムは、非常に高い匿名性とセキュリティで知られている。暗号化機能を有効にした場合には、政府、規制当局、その他の企業といったあらゆるアクターからの監視を完全に遮断することができる。

一方で、暗号資産は地域によっては厳しく規制されており、監視をしようとする誰かのためにバックドアを設置したり、個人情報を秘密裏に政府や規制当局に提出してしまうようなメッセンジャーを利用していては、自分の身に危険が及ぶかもしれない。

なぜテレグラムは仮想通貨(暗号資産)の世界で人気なのか?

非常に高いセキュリティから、仮想通貨を利用するユーザーに好まれています。テレグラムはiPhone、Android、パソコン(Windows、Mac、Linux)のほか、WEBブラウザからアクセスすることも可能です。

テレグラムのインストール

以下リンクよりテレグラム(Telegram)アプリをインストールできます。

テレグラムアプリのインストール

アカウント登録は「名前」と「電話番号」の入力だけで完了します。英語表記ですが、登録だけならそう難しくありませんし、登録が完了するとすぐにメッセージを送ることができます。

テレグラムを日本語化する

テレグラムは初期状態では日本語に対応しておらず、英語表記のメニューで操作することになります。

β版ですが日本語化できるリンクがありますので、こちらのリンクにアクセスして言語を変更してみてください。

(日本語が拙いところがありますが英語表記より使いやすくなると思います)

リンクを開くとダイアログが出てくるので【許可】を選択します。

iPhone版はこの方法で日本語化できないそうですが、Android版やPC版はこの方法で日本語表記にすることができます。日本人ユーザーが増加すればβ版ではなく正式版に日本語設定が登場するかもしれませんね。

普通のチャットとプライベートチャット

テレグラムには普通のチャット(グループチャットもこちら)と鍵マークのついたプライベートチャットがあり、プライベートチャットは1対1のユーザー同士以外誰にも読むことができない仕組みとなっています。

プライベートチャットでは写真やファイルも送ることができて、かつ誰にも読まれないのが魅力で、今どきはどんなソーシャルメディアを使っていても情報は筒抜けと言われていますから、自身でプライバシーを守るためのツールとして人気があるということですね。

暗号化メッセージアプリ大手「テレグラム(Telegram)」のパーベル・ドゥロフ(Pavel Durov)最高経営責任者(CEO)は13日、中国発とみられる大規模なサイバー攻撃を受けたことを明らかにし、香港で起きている「逃亡犯条例」改正案をめぐる大規模な抗議デモに絡んだものとの見方を示した。

香港デモ、参加者利用のメッセージアプリに中国からサイバー攻撃か

2019年の香港デモでも若者たちがテレグラムを利用していたと話題になりました。

カズト

カズト

大学を卒業後、クレジット・リース会社で法人営業を2年間→サイト運営で個人事業主として独立。暗号資産歴とサイト運営歴は3年目です。

ダイヤモンドZAiの仮想通貨特集掲載、コインテレグラフ寄稿、CryptoTimes主催イベント登壇、BITDAYS主催イベント登壇など

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事