最大5万円キャッシュバック
IG証券ノックアウトオプション

Tポイント投資「ネオモバ」の手数料を無駄に払わない方法。利用料金体系、支払い方法、一時停止手続き

ネオモバの手数料を解説します。利用しない時期は一時利用停止手続きをしておきましょう。

SBIネオモバイル証券の「ネオモバ」は、Tポイントを使って株式を購入できるサービスです。

SBI証券とCCC(Tポイントの会社)が提携してできたSBIネオモバイル証券が、この春2019年4月にサービスを開始しました。

ネオモバは売買にかかる手数料が無料ですが、取引をしなくても毎月216円のサービス利用料が発生します。この記事では、ネオモバのサービス利用料の料金体系、一時利用停止のやり方、開始月の考え方などを解説します。
記事の内容
  • サービス利用料の料金体系
  • 決済方法
  • 一時停止手続きのすすめ

ネオモバのサービス利用料金体系

月額サービス利用料

ネオモバの月額利用料
月間の売買代金別
0円〜50万円 200円(税込216円)
50万円超〜300万円以下 1,000円(税込1,080円)
300万円超〜500万円以下 3,000円(税込3,240円)
500万円超〜1,000万円以下 5,000円(税込5,400円)
以下、100万円ごとに1,000円(税込1,080円)が加算

ネオモバは口座開設、株式の売買手数料が無料ですが、月間の株式取引約定代金の合計額に応じてサービス利用料が設定されています。

月間とは、月の初めの営業日〜月の最終営業日までのこと。

翌月の月初めに約定代金の計算が行われ、サービス利用料決済手続きがなされます。

4月中にサービス利用料の支払い設定を行うと、4月末にサービス利用料が確定され初旬に決済されます。初旬に設定しても下旬に設定しても同じ金額になるので、末日近くに設定するのは少しもったいないかもしれませんね。

クレジットカード支払いのみ

支払いはクレジットカードのみ

ネオモバの月額利用料金の支払いは主要なブランドのクレジットカードです。デビットカードやチャージ式のプリペイドカードは対象外。

クレジットカードを持っていない方は支払う手段がないので、ここは少し残念なところですね。

 

対応するクレジットカードブランド

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • アメリカンエキスプレス
  • ダイナースクラブ

使わないときは一時停止手続きをしよう!

2019年6月現在、ネオモバ利用中は最低月額216円がかかります。

毎月くれる200ポイントで株を購入できるので、実質の負担は消費税の16円分なのですが、それでも利用しない時期は課金を止めたいですよね。

ネオモバでは、一時停止手続きをとることができます。

一時停止手続きをすると、翌月から一時停止となり、停止中のサービス利用料は発生しません。

一時停止中も購入した株の保有はできますし、取引にも制限はかかりません。

株の売買をしたくなったときはいつでもしていい状態にあります。(約定日の月から自動的にサービス利用再開され、利用料も発生します)

4月中にサービス利用料の支払い設定を行うと、4月分のサービス利用料が5月初旬に決済されたあと、5月にかかるサービス利用料は発生しません。株の売買をしない場合は、月額利用料を払わなくて済むので、一時停止手続きをしておきましょう。

ネオモバ手数料まとめ

ネオモバ手数料まとめ
  • 最低216円(税込)の利用料
  • 200ポイント返ってくるので実質負担は16円
  • サービスの一時利用停止は可能
  • 支払いはクレジットカードのみ
  • 株を購入し、その後長期保有するなら一時停止がおすすめ

SBI証券とTポイントのCCCが提携して誕生したネオモバは、投資をしたことがない初心者の方がポイントを使って気軽に始められるサービスです。

サービス利用料の216円の代わりに、毎月200ポイント付与されるので、そのポイントで株を買ってみるのもいいと思います。

Netflixなど動画配信サービスも「利用を一時停止する」しくみがありますが、SBIネオモバいる証券も同じことができることを覚えておいてください。

以上、ネオモバの手数料関連でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA