無料で仮想通貨をもらう

【鳩レース】レーシングピジョンチェーン(RPC)がBitoPro取引所でIEOを実施

今回紹介するレーシングピジョンチェーン(RPC)は、台湾で大人気の鳩レースをより効率化するためのプラットフォームです。

台湾でシェアをもつ新興取引所BitoProがIEO(取引所を介する資金調達)を実施しています。

私もそうだったんですが、そもそも鳩レースを知らない人も多いと思うので、鳩レースの基本からご紹介していきます。

鳩レースとは

もともと日本では伝書鳩などとして、鳩の帰巣本能を理解して付き合ってきました。

鳩レース
鳩レースとは、複数の愛鳩家が各自の飼育している鳩を持ち寄って、同一地点から(放鳩地)から同時に放鳩し、誰の鳩が速く帰ってくるか競うものです。

 

条件を公平にするため、放鳩地から各自の鳩を飼育している鳩舎までの距離を正確に測定し、鳩が帰るのに要した時間で割って、1分間のスピード(分速)を出して比較します。

鳩レースは「鳩の帰巣本能」を利用して行われます。

鳩は1000キロ以上離れた場所からでも巣に戻ることができる習性があるので、放せばちゃんと巣に戻ってくるのが鳩レースの一番の醍醐味。

もちろん鳩の体調が万全な状態で行いますし、競技用の鳩は時速150キロもの速さで飛ぶことができます。

中には離脱してしまう鳩もいるそうです。レース鳩は足にタグをつけているので、もし街中で見かけたら日本鳩レース協会に連絡してあげてください。

ゴール地点はそれぞれの鳩舎

スタート地点は参加者全て同じですが、ゴール地点は当然鳩の巣である鳩舎となります。

走行距離は鳩により微妙に異なるため、順位は到着時間ではなく「どれだけ速くゴールについたか」を分速計算で比較します。

計測には「記録機」という時計が必要で、これを鳩の脚に取り付けることで分速や距離を測定します。

日本でも年間数千レース

日本ではあまり聞くことがありませんが、それでも実は100〜1000キロの階級に分けられて年間数千のレースが開催されています。

参加したい場合は、それぞれの地区連盟に所属し、地区ごとに行われる鳩レースにエントリーします。帰巣本能を利用するため、鳩レースに高校野球でいう甲子園のような全国大会はありません。

参考 ハト141羽1000キロ余の旅 五島-新潟レース 西日本新聞Web

台湾や中国で鳩レースが人気

日本で数千のレースが開催されているとはいえ、そこまで大きな市場には思えませんよね。

実は、日本では少子高齢化もあり縮小しつつある鳩レースですが、台湾や中国では今でも人気があります。

レーシングピジョンチェーンの本拠地である台湾では、3万人を超える参加者が毎年約200万羽の鳩をレースに参加させています。

多額の賞金、不正や改ざんも

2018年8月、中国の河南省商丘市で行われた鳩レースでは、牛乳パックの中に鳩を隠して高速列車で運搬し、100万元(約1620万円)を超える賞金を得たというニュースがありました。

(タイムが早すぎるとして賞金は受け取れず、犯人は詐欺罪として罰金を科せられた)

これだけ多額の賞金が飛び交い、かつ競技用の鳩自体もオークションなどで取引されているところをみると、まるで競馬のようですね。

参考 【こぼれ話】中国ハトレースで大胆な不正 高速列車で鳥運搬、タイム早すぎバレる時事ドットコム

レース鳩のデジタル化

このように賞金額が大きいレースもあるため、不正や記録の改ざんを防ぐために記録機もデジタル化が進めています。

「レース鳩の勝敗にお金をかけて、スマホ上でGPSを使ってどこにいるか確認する」というようなことができるようになりますね。

GPS/RFID管理と報酬配布

現状の多くの鳩レースは鳩の到着時刻を手動で記録していますが、最近はGPSを用いた電子入舎システムが使われはじめています。

従来方式では時計がボックス内に設置され、鳩の脚につけたゴムリングを使って到着を判断しますが、GPS/RFIDを用いれば、この計測を電子的にできるようになります。

鳩の脚にGPSトラッカーをつける

鳩の脚にGPSトラッカーをつける様子(RPCより)

上の図のように、鳩の脚にGPSトラッカーをつけることで「鳩が今どこにいるか」「どれくらいの速さで飛んでいるか」をほぼ正確にトラッキングすることができます。

スマートコントラクトに基づくオークション

レーシングピジョンチェーンはブロックチェーンの技術を用いて、鳩の「所有権を証明する電子フォーム」を提供します。

各鳩を識別するためにデータを書き込み、デジタル鳩として記録することができます。これによって「オークション」や「報酬の分配」などが容易にできます。

レース用の鳩は今でもオークションが行われており、長距離を飛ぶことができるレース鳩は高額で取引されています。

鳩への識別トークン付与により、オークションや鳩の販売をデジタル上で管理することができます。

  • 性別
  • 体重
  • 血統
  • これまでの履歴

鳩のあらゆる情報を売り手と買い手の取引に使い、改ざんされていない保証を得ることができます。

  • オークション参加者のプライバシーの保証
  • 悪質な参加者によるオークションへの操作を防ぐ
  • オークションのルールはスマートコントラクトの条件として事前に確認できる
  • 集中管理では起こりうるシステムへの攻撃を防ぐ

今でも行われているオークションをもっとスムーズにできるようになるんですね。

RPCは台湾の鳩レース主催者が運営

このレーシングピジョンチェーンは新たに作ったサービスを導入してもらうのではなく、実際に鳩レースを開催している主催者が発行するものです。

(日本でいうJRAが競馬×ブロックチェーンのプロジェクトを始めるイメージ)

なので、技術的に実用化できれば徐々に鳩レースに自ら導入していくことが約束されています。

↑の画像は先日開催された鳩レースの案内です。このレースを主催するところがピジョンチェーンプラットフォームを運営、鳩コインを発行しています。

PCPのGPSはヨーロッパでテスト飛行

GPS化の進捗はどうかというと、すでに鳩を捕捉するGPSは実用化が近く、ヨーロッパでテスト飛行しています。

これをブロックチェーンに記録していき、レース、賞品の分配を管理していきます。

RPCは取引所を介するIEOで資金調達

RPCの調達資金の使い道

ブロックチェーンのプロジェクトが資金調達をする際、ICO(Initial Coin Offering)が主流ですが、RPCはBitoProという取引所でIEO(Initial Exchange Offering)を実施しています。

IEO(Initial Exchange Offering)とは、トークンの販売や配布を、仮想通貨取引所を経由して行う方法です。発行したトークンを取引所に送り、取引所がトークンをリスト化して投資家に配ります。

ICOが禁止されている中国などで規制を回避するために新しく誕生した資金調達方法ですが、投資家にとっても「取引所を介することで詐欺が難しくなる」「IEO実施の取引所に上場する可能性が高い」などのメリットがあるんですね。

  1. IEO実施のKYC(本人確認)をする
  2. 購入する分の資金を送金
  3. IEO実施の取引所に口座を作成する(事前に作成しててもOK)
  4. 作成した取引所の口座にトークンが送金される

最小購入額が5ETHなので、今の価格であれば10万円程度から投資できますね。ICO参加には本人確認が必要なので受付期限には注意です。

購入価格:1ETH = 6,000 RPC

BitoProとは

RPCが資金調達(IEO)に利用するBitoProは、今年できたばかりですが、すでに台湾でNo.1のシェアをもつ仮想通貨取引所です。

台湾ではまだほとんど仮想通貨が盛り上がっていないのもあります

日本でのマーケティングは行われていませんが、将来的に日本円が使えるようにして「日本進出も視野に入れている」とのこと。

参考 台湾シェア80%を誇る謎の仮想通貨取引所「BitoPro」とは?最高幹部に聞くゼロはじ(ゼロからはじめるビットコイン)

まとめ

  1. 台湾や中国で鳩レースが人気
  2. 高額な賞金でレースの不正も問題に
  3. オークションや販売なども行われている
  4. GPS化・デジタル化でこれらの問題を解決
  5. 資金調達はBitoProを介するIEO
  6. 本人確認の登録は11月15日まで

以上が、鳩レースのレーシングピジョンチェーンとBitoProのIEOについてです。

「世界を変える」と謳う多くのプロジェクトと比較してかなりニッチなジャンルにはなりますが、鳩レースは地域によっては熱狂的ファンの多いお金の動く競技です。

きになる方は公式サイト・テレグラムなどをチェックしてみてくださいね。