いまさら聞けない仮想通貨投資の始め方

話題のQASHが買えるQUOINEX(コインエクスチェンジ)取引所の特徴・登録方法を解説。

最近注目のトークン「QASH(キャッシュ)」はQUONIEX取引所で手に入るトークンですが、価格急騰で話題になっています(๑•̀ㅂ•́)و✧

QUOINEXは直近XEM・XRP・LTCの上場がアナウンスされており、2月以降に日本でまだリリースされていないトークンも上場するようです。早めに作っておきたいところ。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)
国内取引所の1つ。

Coincheckなどと比べるとマイナーな印象ですが、海外にしかないトークンを上場させるなど、意欲的な取引所。QASH目当てに登録する人も増えています。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)に
登録する

QASH(キャッシュ)とは

QASH(キャッシュ)は、国内取引所を運営するQUOINE社が発行するトークンのことです。

11月にICOが実施されました。

仮想通貨の取引の流動性を改善するために使われます。

流動性の改善って?

仮想通貨の売買は基本的に「買う」「売る」の注文が板取引によって行われます。

「売りたい」人が注文をしても、その価格で「買いたい」人がいなければ取引は成立しません。

これが、現在は各取引所間それぞれで行われているわけですが、、現在の状況では「機関投資家」や「大口」など「大量に売買をしたい」人が大きな注文をかけることが難しい。

(大きな注文を出すと一気に価格が変動してしまうので…)

これを解決するため、QUONIE社は世界中の取引所ごとに分散する取引を集約する「ワールドブック」の開発をはじめました。

そのプラットフォーム上で使われるトークンが「QASH(キャッシュ)」です((o(´∀`)o))

QUOINEX(コインエクスチェンジ)に
登録する

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴
取り扱い通貨の種類
(4.0)
取引アプリの見やすさ
(3.0)
手数料
(5.0)
レバレッジ取引
(4.0)
特徴
・スプレッド(手数料)が狭い
・JPY,USD,EURなど各国の法定通貨ペアも
・レバレッジ25倍

1.手数料・スプレッドが狭い

QUOINEX取引所はBTC/JPYの現物取引手数料が0円です。

ここまでは他の取引所でもよくあるのですが、QUOINEX取引所はアルトコインの売買に関わる手数料も安いことが特徴。

取引のスプレッドに関してもかなり狭く、トレードを頻繁にする方にも使いやすい印象。ムダな手数料がほとんど取られません。

2.各国の法定通貨ペアが豊富

QUOINEX取引所の大きな特徴は、「各国の法定通貨との売買ができる」こと。

CoincheckやZaifなどの国内取引所は日本円のみの対応ですが、QUOINEXは米ドルやユーロなどを使うことができます。

(法定通貨同士の交換もOK)

対応通貨は以下のようなものがあります。

  • 日本円(JPY)
  • 米ドル(USD)
  • ユーロ(EUR)
  • 豪ドル(AUD)
  • 香港ドル(HKD)
  • 中国人民元(CNY)

この他、10種類の法定通貨の取り扱いをしています。

QUOINEX取引所はもともとシンガポール発の企業で、世界中に展開していること故の特徴でしょうか。

法定通貨同士の取引は国内発の取引所では珍しい(๑•̀ㅂ•́)و✧

法定通貨のFX+仮想通貨も交換できる取引所、というようなイメージが分かりやすいですね。

3.最大25倍のレバレッジ取引ができる(FX)

QUOINEX取引所はFXで国内最大の25倍のレバレッジ取引ができます。

(GMOコイン・bitFlyerも25倍までOK)

FXは証拠金を預入れ、持っている資金の数倍の取引ができるサービスのこと。

レバレッジが最大25倍までかけられるため、いざというときに大きな勝負の取引ができますね(๑•̀ㅁ•́๑)✧

もちろん土日祝、24時間取引が可能です。

FX取引ではショートポジションが取れるので、価格が下落した際にも利益を得ることができるのも魅力ですね。

MEMO
ショートポジションとは「将来的に値下がりする(下落する)」と判断した通貨を売って、値下がりしたときに買い戻して決済する投資手法であり、決済した時の差額が損益となります。
ビットコインFX
ビットコイン(BTC)FXをカンタンに解説。レバレッジ・追証とは?借金を抱えるリスクはあるの?【初心者向け】

▲FXについて詳しくまとめた記事はこちら。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法

QUONIEX(コインエクスチェンジ)に
登録する

まずは上記リンクからQUOINEX(コインエクスチェンジ)取引所にアクセスしましょう。

「口座開設(無料)はこちら」をクリック。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)も登録自体は5分も掛かりません。カンタンです。

必要事項の登録

まずは居住地国を選択。

日本ならこのままでOK。

メールアドレス・パスワードを設定し、各項目を確認します。

日本国内に住んでいますか?米国籍または米国居住者ではないですか?という確認なので、該当しなければチェック。

(パスワードは強固にしておきましょう。なるべく長くて複雑にすることをおすすめします。)

氏名・生年月日・性別・国籍を入力します。

その後、「外国の重要な公人(PEPs)」かどうかの確認。該当しなければチェック。

続いて住所・携帯電話番号・職業を入力します。

これらの情報は後に提出する本人確認書類と合致する必要があります。正しい情報を入力してくださいね(๑•̀ㅂ•́)و✧

投資目的や経験などを入力。

各種ルールや利用規約を確認し、「次へ」をクリック。

登録のための入力作業は完了です。

入力していたメールアドレスに「本登録のご案内」が届いているので、メールボックスを確認しましょう。

メールの記載のURLをクリックすれば本登録が完了します。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)に
登録する

2段階認証を登録

ログインすると、チャートや売買ができるメイン画面に遷移します。

この段階では「2段階認証」「本人確認書類の提出」が終わっていませんので、右上の自分のメールアドレスが書かれているところをクリックします。

「2段階認証」をクリック。

2段階認証の登録は必須ではありませんが、仮想通貨の取引所は「フィッシング詐欺」などで資産を奪われる危険があります。大切な資産を守るためにも、必ず登録しておきましょう。

「2段階認証を有効にする」をクリック。

Google認証を使って登録します。詳しくは以下の記事で。

ビットコインの管理は自己責任。仮想通貨取引所のセキュリティ「2段階認証」は必ず設定しよう

本人確認書類の提出

最後に本人確認書類の提出。

免許証などのファイルをアップロードし、書類を提出します。

これが終わったらQUOINEX取引所への登録は以上です。お疲れさまでした。

最後に

すでにCoincheck、Zaifなどに登録している方も多いと思いますが、取引所はいろいろ作っておいたほうが良いです。

それぞれの取引所でしか売買できないトークンもありますし、使い勝手や特徴も異なります。どこかの取引所が停止していても、他の取引所は動いていれば取引売買ができますよね。

また「ある通貨が盛り上がっている」ときに通貨を扱う取引所に登録していないと、すぐに売買できず値上がりをただ見ているだけの状態になってしまう可能性もあります。

独自トークンという意味だと、QUOINEX取引所では国内唯一「QASH(キャッシュ)」を購入することができます。

世界の取引所を1つにするワールドブックが実現すれば、QASH(キャッシュ)の評価も今後大きく伸びるはず。

よろしければ登録してみてくださいね。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)に
登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です