仮想通貨の買い方を初心者向けに解説

仮想通貨のPeepCoin(PCN)の特徴を解説。DAPSにリブートして完全なプライバシー通貨をめざす

こんにちは、カズト(@nomad_btc)です。

今回は2018年にPeepCoin(PCN)とスワップされる予定のDAPSをご紹介します。開発がスムーズに進めば、Verge(ヴァージ)のように盛り上がりをみせる可能性も秘めたコインです。

マイナーな仮想通貨の注意点
時価総額がまだ低く、出来高も少ないアルトコインの投資には高いリスクが伴います。

現PeepCoin(PCN)/新DAPS

 

PeepCoin(PCN)は、一時期開発者不明で放置されていた草コインです。

草コイン
草コインとは、時価総額が低く使いみちのよく分からない仮想通貨のことを指します。「マイナーでまだ知名度の低い通貨」のことを指すこともあります。

現PeepCoin(PCN)のチャート

開発者不在という事情で価格が低迷していたPeepCoin(PCN)ですが、現在は新たな開発チームに開発が引き継がれ、2018年2月から新しく『DAPS』に移行するプロジェクトが始まりました。

上記チャートをみると、このリブート期待で直近に価格が上昇していることも分かります。

2018年 新ロードマップ『DAPS移行プロジェクト』

新しい開発チームで生まれ変わるPeepCoin(PCN)は、新しく『DAPS』という名前のトークンに移行し、完全にプライバシーが約束された支払いシステムをつくることを発表しました。

備考

DAPSはDecentralized Anonymous Payment System(非中央集権で匿名性のある支払いシステム)の略称。

DAPS移行プロジェクトにはBitBean再生の立役者が参加

PeepCoin(PCN)を再生しDASPをリリースするためのチームには、BitBean再生の立役者でありマーケティングを担当した「Captain Daper氏」が関わっています。

BitBean(ビットビーン)

BitBean(ビットビーン)はビッグブロック(ブロックサイズを大きくする)を提唱する仮想通貨でしたが、開発者が開発を一度諦め価格が低迷していました。

 

そこに有志がBitBean(ビットビーン)の再生に着手し、BeanCash(ビーンキャッシュ)としてリブランディングを実行し価格が回復しました。

DAPS移行で”完全な匿名通貨”をめざす

DAPSが目指すのは、完全に追跡が不可能な匿名通貨です。

匿名通貨にはVerge(ヴァージ)、DASH(ダッシュ)、ZCASH(ジーキャッシュ)、SHIELD(XSH)などがよく取り上げられますが、それらに対する優位性を持っていると公表しています。

公式サイトが送金速度や手数料の低さを比較した表を公開し、「匿名通貨をめざすなら徹底的に追求」することをめざします。

匿名性が必要な理由

ビットコインなど多くの仮想通貨は、全ての決済情報をブロックチェーン上に記録しており、誰もがその中身を確認することができます。

全ての取引情報がオープンであることは「改ざん」や「不正」が不可能であることがメリットなのですが、取引の透明性がかえってプライバシーの問題を引き起こす危険もあります。

オープンな台帳だとどこに送金したかの履歴を辿ることができるので、

「どこで買い物したのか」
「(法人の場合)どの企業と取引しているのか」

などの見られたくない情報が悪意ある第三者や敵対企業へカンタンに流出してしまい、実用面では使いづらい点もあります。

それを解決することを目的として、DAPSのような匿名通貨が誕生しました。

DAPSのコミュニティも活性化

少し前まで300人程だったコミュニティは現在1,200人以上に伸び、口コミ中心にDAPSの知名度が上がってきています。

 

各コミュニティには上記ボタンより誰でも参加できます。

開発陣からの直接のアナウンス・質問ができるので、興味のある方は参加することを推奨します。

DAPS移行は秋頃(9月頃)予定

PeepCoin(PCN)のDAPS移行は2018年の秋頃(9月)を予定しています。

ロードマップ(これまでの動き)は以下の通りです。

出典:https://bitcointalk.org/index.php?topic=3149328

  • 2018年2月、PeepCoinコミュニティで議論が行なわれた。(旧PeepCoinを再活性化させ、それをリリースするため)
  • DAPSの特徴をマスターノード・ステーク報酬に焦点をあてた『匿名通貨』とする
  • 2018年後半にDAPSをリリース、2019年前半にはPeepCoinからのスワップを完了
  • DAPSネットワーク立ち上げ一ヶ月前に通知する。供給はDAPS1:PCN1の交換(交換されたPeepCoinはBurnされ消滅する)

DAPSは念入りに開発・マーケティングを進めるため、一般的なフォークコインよりも完了までに時間をかけるようです。

また、PeepCoin(PCN)保有者を保護するため、大多数のPeepCoin保有者がウォレットにアクセスできる状態になったことが確認されるまでは、DAPSのネットワークは立ち上げられません。

PeepCoin(PCN)を購入できる取引所・買い方

注意

PeepCoin(PCN)は現在、日本国内の仮想通貨取引所で購入することはできません。

 

日本国内の取引所で購入したビットコインを海外の取引所に送金する必要があります。

PeepCoin(PCN)は海外取引所のCoinExchange(コインエクスチェンジ)で購入することができます。CoinExchangeの登録方法については以下の紹介記事をご参考ください。

まだビットコインを持っていない方は

まだビットコインを持っていない方は、まずはじめに「国内の取引所に口座開設」する必要があります。

おすすめはビットバンクですが、いくつか作っておくことをおすすめします。

ビットコインはどの取引所でも買うことができますが、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)は取引所によって取り扱い種類が異なります。

またそれぞれの仮想通貨には相性の良い取引所があるので、仮想通貨の種類にあわせて、取引所を使い分けることをおすすめします。

口座開設に必要なものは?

口座開設には、メールアドレスと身分証明書が必要です。登録はAmazonやGoogleのアカウントを作るくらい簡単で、10分もあれば手続きが完了します。

PeepCoin(PCN)のウォレットの始め方

PeepCoin(PCN)は公式サイトから専用のウォレットをダウンロードすることができます。

ウォレットとは

仮想通貨を購入した後に保管するためのツールで、財布に見立てて「ウォレット」と呼ばれています。

(ウォレットの始め方・使い方は後日追記いたします。)

PeepCoin(PCN)・DAPSまとめ

DAPSと匿名性通貨の進化 出典:https://dapscoin.com/

  • PeepCoinは2018年、DAPSに移行する
  • DAPSは完全な匿名性通貨をめざす
  • 活用事例は医療・政府・プライバシーに関する利用を想定

一度開発が止まっていた仮想通貨をリブートさせるための「DAPSプロジェクト」がどう働くかが楽しみですが、めざしている性能や開発の継続が保証されているわけではありません。

投資をする際は、公式サイトやホワイトペーパー、コミュニティを参考にして慎重に検討の上、行なってくださいね。

しかしながら、現在の時価総額はまだまだ安値圏、昨年のVerge(ヴァージ)のような盛り上がりをみせる可能性は十分に秘めています。

仮想通貨全体の市場が盛り上がる前にチェックしておきたい通貨だと感じます。

以上、PeepCoin(PCN)・DAPSについてでした。