仮想通貨の買い方ガイド2018

【NEM】NEM(ネム)/XEMとは?「WeChat」アプリ開発、株式取引に採用で最高値更新!特徴、買い方、将来性など

XEMを買うなら

本日、仮想通貨NEM(ネム)の価格が高騰し史上最高値をつけました!要因は中国を中心に8億人以上のユーザー数を誇る「WeChat」アプリの開発、ロシアの取引所Zeusへの採用です。本記事ではNEMの特徴や将来性、買い方について紹介します。

NEM/XEM(ネム)とは?

通貨名XEM(ゼム)
最大発行枚数8,999,999,999XEM
公開日2015年3月
承認アルゴリズムProof-of-Importance
公式サイトhttps://nem.io
ホワイトペーパーこちら

ネムは安定性、セキュリティの高さ、自由、平等を重視した仮想通貨です(๑•̀ㅂ•́)و✧

ビットコインの問題点を改善した次世代のビットコイン「ビットコイン2.0」と位置づけられています。

ネムはビットコインの送金の遅延、一部のマイナーに報酬が偏っている今の仕組みを解決します。

NEMは多くの資金を保有する一部の採掘者に報酬が偏らないよう設計された初の暗号通貨です。ビットコインでは採掘を「マイニング」と表現しますが、NEMでは「ハーベスティング」と表現します。

 

仕組みとして採用されているPOI(Proof-of-importance)は、NEMのネットワークに貢献した人が利益を得られるというものです。保有している資産額に限らず、取引額、また取引を行なった相手にも依存し、NEMネットワークに積極的に参加する人間に報酬を与えています。全ての人に平等に利益を得る機会を与えていることから、「富の再分配」と表現されています。

 

コインチェック

POI(Proof-of-importance)とは

NEMの最大の特徴は、承認アルゴリズムのPOI(Proof-of-importance)です。

POLは保有する資産額に関わらず、NEMのネットワークに積極的に参加する人に報酬を与える仕組みになっています。

このおかげで、NEMのネットワークに貢献する人は誰でも平等にXEMを手に入れることができます。

ビットコインのように高額な専用のマイニングマシンを購入できるマイナーに報酬が偏ることなく、いわゆる「一般人」にも機会を与えてくれる「平等」をめざしたプロジェクトなんです。

2018年、ネムのカタパルトで能力が飛躍

ネムが最も注目されているのは「カタパルト」による処理能力の向上(´∀`∩)

ネムのバージョン2.0であるカタパルトは「C++」言語ベースで開発されており、2018年以降に実装が予定されています。

このカタパルトによってネムの性能が飛躍的に上がることが期待されていて、

実証実験の結果、3,000〜4,000取引/秒の処理能力を備えることが確認されています。

ちなみに世界一の処理能力をもつVISAの処理能力が「4,000〜6,000件/秒」なので、クレジットカードと同等の性能をもつことになります。

その他の仮想通貨の性能
ちなみにSegWit導入後(高速化後)のビットコインの処理能力は14件/秒、イーサリアムで15件/秒

高速決済を謳うリップル(XRP)が約1,500件/秒です。

ビットコインは送金詰まりが問題化

https://twitter.com/sinmaikanemochi/status/939252920796692480

ビットコインは人気が高まり利用者も増加したことから、送金詰まり問題が表面化しています。

送金しても着金するまで数日間かかることも。

この問題を解決するのが「カタパルト」を備えたネムになります。

2017年12月、WeChatアプリ開発で最高値更新!

12月9日、XEMが25円→70円に高騰し史上最高値を更新しました!

理由は中国版LINE「WeChat」アプリの発表によるものです。

  • NEM China teamがWeChatアプリを開発
  • WeChatは約8億人のユーザーがいるメッセージアプリ
  • NEMアドレスとWeChat IDを紐付けできる
  • WeChatの友達に送金可能
  • WeChat対応は仮想通貨ではじめて
  • 12/21より利用開始
WeChatは中国で爆発的(LINE以上)に利用されているメッセージアプリです。

中国は海外のサービスが使えなかったりしてGoogleもLINEも禁止されています。

そのためアリババグループやWeChat、百度などの中国独自のサービスが盛り上がり、中国国内でのユーザー数が桁違いに多かったりします。

この件、ネムとWeChatが公式に提携するわけではなく、

NEMの中国チームが「XEMを使えるWeChatアプリを作ったよ!」ということです。

Googleと連携するのではなく、Androidアプリを作ったようなものですね!

それでも一部のWeChatユーザーに使ってもらえればネムの認知度も上がります(´∀`∩)

ロシア発の取引所Zeus、株式取引にNEMを採用

ロシア発の取引所Zeusが、NEMのブロックチェーンを使って

「仮想通貨で世界中のどこからでも安全に株式を購入できる仕組みをつくる」

ことを発表しています!2018年3月に予定しているとのこと。

こっちの方がインパクトのあるニュースかもですね(๑•̀ㅂ•́)و✧

NEM でなければなりませんでした。アセットブロックチェーンを提供しているのはNEMだけですから。Ethereum についても検討していましたが、それでは不可能であることがわかりましたし、Bitcoin がハッキングされていたことも明らかでした。

 

ロシアの仮想通貨スタートアップZeus Exchange、〝中国テック〟を利用したブロックチェーンによる株式取引サービスを立ち上げへ

XEMを買うならZaifがおすすめ

XEMは国内の取引所ではZaifcoincheckで購入できます。

(海外取引所のBittrexなどでも取り扱われています)

近々テレビCMも開始するcoincheckがでも買えますが、XEMを買うならZaifをおすすめします(๑•̀ㅂ•́)و✧

Zaifは手数料が安い

coincheckは「販売所」形式のため、高いスプレッド(手数料)を課せられてしまいます。

Zaifは板取引(取引所形式)で売買できるので、低い手数料でXEMを買うことができます。

またネムの開発に関わる「テックビューロ社」が運営する取引所でもあるので今後を考えてもZaifが良いかと。

またZaifはコイン積立サービスがあるので、毎月決まった額でXEMを積立することができますよ。

口座登録→本人確認までかなり時間がかかるようなので、早めに登録しておいたほうがいいと思います。

少なくとも1〜2週間は覚悟かなと。

社会人が仮想通貨投資するならZaif(ザイフ)積立投資がおすすめ。ドルコスト平均法でコツコツ貯めよう

まとめ

いまはいろんな通貨が物色されて価格高騰をみせていますが、

実際に使われ始めている実用的な仮想通貨はそれほどありません。

今回のWeChat連携によって中国国内でXEMが日常的に使われれば、時価総額上位のコインの中でも特異的な価値を魅せる可能性があります。

2018年にはカタパルトのアップデートも予定されているので、来年にかけてのネムの躍進に期待です(๑•̀ㅁ•́๑)✧

XEMを買うなら