仮想通貨を始める方へ

日本で大人気「モナコイン」が1,000円到達!買い方や特徴まとめ。有名な投資家も参戦!

モナコインが引き続き盛り上がっています(๑•̀ㅂ•́)و✧ Twitterでのトレンド入りも果たし、日本全国でモナコインの勢いが止まりません。本記事ではモナコインについて改めて一通り紹介していきます。どうぞ。

 

モナコインとは

Twitterのトレンド入りも果たし、全国で人気を集めている日本発の仮想通貨「モナコイン」。

2017年はじめに「数円」だったモナコインの価格はぐんぐんと勢いを増し、現在は「1,000円」を超えています。

モナコインは世界ではじめてSegWitを導入したため、ビットコインに比べて送金が早く、手数料も安い実用的な仮想通貨です。

SegWit
送金を早くするためのアップデートのこと。

モナコインは2ちゃんねる発の仮想通貨

モナーコイン(Monacoin)は巨大掲示板サイト2chのソフトウェア板でMr.Watanabe(わたなべ氏)によって開発され2014年1月1日に流通がスタートした日本発の仮想通貨です。 通貨単位表記は「MONA」です。モナーとはアスキーアートのキャラクターの一つです。

bitFlyer – モナーコインとは

モナコインは2013年12月に2ちゃんねるのソフトウェア板から生まれました。

f:id:nomad-btc:20171002231513p:plain

モナコインの「モナ」は、テキストで描くアスキーアートのキャラクター「モナー」からとられています。

モナーは2ちゃんねるの象徴的存在で、みんなに愛されているキャラクターです(๑•̀ㅂ•́)و✧

以前、エイベックスから発売された音楽CDの映像に登場する「のまネコ」というキャラクターが「モナーに似ている」と炎上したことがあります。

「ネット上でみんなで育ててきたキャラクターを改変し、独占的に金儲けに使うのは納得できない」

モナーは「誰のものでもなくみんなに親しまれているキャラクター」なんですねヽ(・ω・)/

はじめは小規模のコミュニティ内通貨としてはじまったモナコインですが、次第と使えるお店も増えはじめ、現在では数円だった価格が「1,000円」を超えるほどに成長しました。

モナコインはコミュニティが強力

モナコインはコミュニティのメンバーが「この仮想通貨を盛り上げたい」想いでサービスを開発、投げ銭文化などを進めてきました。

これらはその一例で、モナコインを応援する有志たちによって開発・リリースされました。

モナコインはCPU・GPUでも採掘できる仮想通貨

またモナコインの特徴には、PoWの仕組みがビットコインと大きく違うところが挙げられます。

ビットコインは「ASIC」という専用のチップを使ってマイニング(採掘)します。すでにビットコインのマイニングはハードルが高く、大きな資本や工場が無いとまともにマイニングをすることはできません…。

モナコインは「CPU/GPU」を使ってマイニングすることができる仕組みになっているので、誰でも持っている家庭用パソコンでもモナコインを入手することができます( ´∀`)

株式投資の有名人cisさんもモナコインを買う

日本でトップクラスの個人投資家(資産は数百億)であるcis氏もモナコインに投資しています。

有名人がモナコイン投資に参入することで、今まで興味がなかった人も「cisさんが買うなら…」とモナコインを調べ始めているようです。(彼は影響力がすごい)

モナコインの買い方

モナコインは国内の取引所ではZaifbitFlyerbitbankで購入できます。

(海外取引所のBittrexなどでも取り扱われています)

この中ではテレビCMもしているbitFlyerが一番有名ですが、モナコインを買うならZaifをおすすめします(๑•̀ㅂ•́)و✧

Zaifやbitbankは手数料が安い

その理由は、bitFlyerは「販売所」形式のため、高いスプレッド(手数料)を課せられるからです。

Zaifやbitbankは板取引(取引所形式)で売買できるので、低い手数料でモナコインを買うことができます。

値動きが激しい仮想通貨なので、高値掴みを防ぐためにも低い手数料で買える取引所を選びましょう。

またZaifはコイン積立サービスがあるので、毎月決まった額でモナコインを積立することができますよ!

仮想通貨は低リスクなドルコスト平均法で!Zaif(ザイフ)の積立投資が社会人におすすめな理由

価格はどうなる?

coinmarketcapによると、モナコインは時価総額ランキングで25位。

今から2倍になったとしても、イーサリウムクラシック(ETC)やエイダコイン(ADA)よりもまだまだ下です。

今後コインチェックや海外の大手取引所に上場が決まっていくとすれば、正直こんなところで留まっている通貨ではないと思っています。

モナコインは他の一部の時価総額上位の仮想通貨よりも実用性のある通貨で、実際に使える店舗も増えてきています。

さらには、モナコインはビットコイン取引量No.1の日本で最初に生まれた国産の仮想通貨。

どんどんモナコインが広がっていけば、「2,000円」をつけるのも遠くないかも?。(๑•̀ㅂ•́)و✧

注意
投資は自己判断でお願いします!

モナコインのまとめ

モナコインは「みんなでモナコインを応援しよう」というコミュニティの力が強く、価格が上がるとみんなで盛り上がれる通貨です。見ていて楽しい。

はじめは「ネタコイン」だといわれていたモナコインが、大手取引所に上場し、Segwitの導入で技術的な実績をつくり、いろんな店舗やネットサービスで使われ始めている。

モナコインは今後もっと使える店舗やサービスが増え、ますます盛り上がっていくと確信しています。

「儲かるから」と投機的に参加するのも仮想通貨ですが、投げ銭(チップ)やモナコインのサービスを使って遊ぶために買ってみても楽しいと思います。

好きな絵を描くと、それを良いと思った人が投げ銭としてモナコインをくれたりするので、pixivよりもMonappyで絵を描く人も増えてるみたいです。

あなたもモナコインのコミュニティに参加してみませんか?(๑•̀ㅁ•́๑)✧

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です