タダで仮想通貨を手に入れる

LINEの未来予想プラットフォーム「4CAST」の使い方【dApps】

日本で知らない人はいないメッセージアプリ「LINE(ライン)を提供するLINE社が、日経新聞者・金融庁が共催する「FIN/SUM2018」イベントの講演で、新しくdAppsサービスを発表しました。

今回発表されたのは「4CAST」「Wizball」の2つ。

  • 4CAST:未来予想プラットフォーム
  • withball:知識共有Q&Aサービス

どちらもすでに利用可能なサービスです。今回は、4CASTの登録方法と使い方を紹介していきますね。

4CASTは未来予想プラットフォーム


4CASTは、未来予想プラットフォームです。イベントやスポーツ、商品の発表などに対し、勝敗を予想することができます。

予想が的中すると、LINK Point(LINEポイントと交換できる)が付与されるしくみなので、利用すればするほどポイントが貯まります。

 

LINEポイントとは、LINEの各種サービスやお店・ネットショッピングなどで貯まる・使える新しいLINEのポイントサービスです。貯めたポイントは、LINEスタンプや着せ替えだけでなく、LINE Payや日々の生活シーンで利用することができます。(LINE POINTS

1ポイント=1円で使うことができます。ポイント集めてスタンプ爆買いや!

4CASTの利用は無料、LINEアプリを使っていることが条件です。

4CASTの始め方

4CASTの公式サイトにアクセスします。

モバイル環境からでないと利用できないため、QRコードを読み取るなどしてスマホからアクセスしましょう。

ブラウザのプライベートモードを設定していると使えないので、設定をオフにしましょう。

スマートフォンから4CASTにアクセスしたら、右下のアイコンをタップします。(人型のアイコン)

LINEにログインします。「LINEでログイン」をタップ。

注意事項を確認したら、「同意する」をタップします。

4CASTの利用登録規約が表示されます。こちらも確認の上、「本規約に同意する」をタップしましょう。

4CASTをLINEの友だちに追加しておけば、結果が分かったときなどに通知がくるようになります。

登録ができたら、右下の人型アイコンがLINEのプロフィール画像に変更されていることが確認できます。

これで登録は完了したので、予想したいテーマを選んで予想の結果をタップしましょう。

現在、「みんなで予想キャンペーン」が実施されており、予想に参加するとLINK Pointがもらえます。

SNSのシェアでも100ポイント獲得できるなど、今から参加してザクザク集めておきましょう!

最後に

4CASTはLINE社がはじめてリリースしたdAppsサービスで、今後のブロックチェーン市場への参入の一歩となるプロダクトになるものです。

「SNSシェア」「予想の的中」でポイントがもらえる簡単なしくみなので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

LINEは海外向けに仮想通貨の取引所を運営していますし、日本でのブロックチェーン関連の取り組みも今後本格化してくると思います。まだ仮想通貨に触れたことのない層にヒットすれば、一気に盛り上がるのではないでしょうか。今後の動きが楽しみですね。