仮想通貨を始める方に読んでほしい記事

【世界初】ハウステンボスが金本位制に基づく「仮想通貨」を発行。12月より実証実験

ハウステンボスが「仮想通貨」を発行

ハウステンボス(長崎)が、独自の仮想通貨の実証実験を12月中旬から開始することを発表しました( ´▽`)

名称:テンボスコイン(仮称)

時期:12月中旬より実証実験を開始

価値:金(ゴールド)に裏付けされる金本位制を採用

将来的に、円やドル、ビットコインなどと両替可能に

テンボスコインは来月12月より実証実験を開始し、将来的には円やドル、ビットコインなどと両替可能になるそうです。

価値の仕組みは「金本位制」を採用しています。その準備として、ハウステンボスはすでに1トンの金(約50億円相当)を所有しているとのこと(*`・ω・´)

所有する金(ゴールド)の一部が見られる「黄金の館」も12月16日よりオープンされます。

金本位制とは
通貨の価値を一定量の金(ゴールド)の価値に裏付ける仕組み。
金本位制を導入するには、相当量の金(ゴールド)を用意しないといけませんが、価値の安定が期待できます。

ハウステンボスは以前から最先端技術を積極的に採用

ハウステンボスは、これまでも新しい技術を積極的に導入していました。

例えば、ハウステンボスに隣接するホテル「変なホテル」では、

多言語対応のロボットたちがチェックイン・チェックアウトの手続きをしてくれ、ロボットアームが荷物を預かってくれます。

ちょっと不気味ですが、長崎に旅行に行くなら一度は泊まってみたいホテルの1つです♪(´ε` )

このほかにも、VRカラオケやドローンを使ったイベントなど、いち早く新しい技術を導入してきました。

そんなハウステンボスですが、やはり仮想通貨にも真っ先に手をつけましたね(*`・ω・´)

キャッシュレスでハウステンボス内の買い物、食事を楽しめる

今回実証実験が始まる仮想通貨「テンボスコイン」は、スマートフォンの無料アプリを使って利用することができます。

場内の指定の場所でテンボスコインをチャージ(1テンボス=1円)し、現金を使わずに敷地内の食事、買い物の決済が可能とのこと。

テーマパーク内をキャッシュレスで楽しめる」仕組みは、ディズニーリゾートやユニバーサルスタジオジャパンなどの大型テーマパーク施設でも応用できそうですね_φ(・_・

参考

世界初 金本位制に基づく「仮想通貨」創設を視野ハウステンボス

Twitterの反応

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です