仮想通貨の買い方を初心者向けに解説

【HandCash】スマホをかざしてビットコインキャッシュ(BCH)の送受信ができるサービスが準備中

スマホをかざしてビットコインキャッシュ決済


  • 送金にアドレスやQRコードが不要
  • NFC(近距離無線通信)を使用
  • まだ準備中で、近日中にベータ版
  • Android版は2月、iOS版は春を予定
HandCashが提供するのは、NFC(近距離無線通信規格)によるビットコインキャッシュの送受信。

スマートフォンに搭載されているNFCを使って送受信を実現します。

NFC(近距離無線通信規格)とは

NFCは、スマートフォンやカードでデータを送受信する技術のこと。

専用のリーダーに近づけたときにお金(データ)のやりとりをし、無線で通信をすることができます。

一番イメージしやすいのはSuicaやEdyなどの電子マネーカードや、iPhoneのApple Payですね。

実際に使用している動画

送金する金額を指定して、送金先のスマートフォンに近づけるだけで指定金額が送金されています。

短めの動画で分かりやすいので、ぜひご覧ください。

【2/21追記】NFCタグシールにウォレットをバックアップできる機能も

動画では、NFCタグシールにウォレットをバックアップ→バックアップから復元を実演しています。

本来、ウォレットをバックアップするときは、リカバリーフレーズ(多くの単語)を紙に控える必要がありますが、この方法なら手軽にバックアップがとれる…ますますHandCashのリリースが楽しみになりますね。

HandCashのベータ版に登録してみる

公式サイトから、HandCashの事前登録(ベータ版)を受付しています。

登録はメールアドレスと名前を入力して「SIGN UP FOR BETA」をクリックするだけ。

注意
念のため、サブのメールアドレスを登録しましょう

Android版は2月、iOS版は2018年春にリリース予定とのことです。

HandCashはTwitter上でも最新情報を公開しています。