仮想通貨の買い方ガイド2018

HADAXの上場投票のしくみと参加方法を解説。Huobi(フオビー)のサブブランドの取引所

先日、香港に拠点を置く取引所Huobi(フオビー)を紹介しました。

Huobi(フオビー)は、世界でも有数の取引高とユーザー数を誇り、90種類を超えるアルトコインが売買できるいま話題の取引所です。

スマホアプリがめちゃめちゃ使いやすいので、まだ登録していない方はチェックしてみてくださいね。

今回紹介するのは、Huobiグループが運営するサブブランドの新しい取引所HADAXです。

サブブランド
ユニクロとGU、ローソンとローソンストア100の関係みたいなものです

HADAXは自立型の仮想通貨取引所

Huobi(フオビー)のサブブランドとして3月1日にオープンしたHADAXは、自立型の仮想通貨取引所です。

(HADAX=Huobi Autonomous Digital Asset Exchangeの略)

本家Huobi(フオビー)は厳格な監査システム

「自立型」がよく分からないので、ここを詳しくみていきましょう。

本家のHuobi(フオビー)は、新規上場するトークンを「厳格な監査システム」を用いて決定しています。

すべてのトークンをHuobi(フオビー)運営が独自の評価基準で判断し、投資価値の有無をひとつひとつ確認しているわけですね。

投資家のリスクを軽減するメリットがあるものの、

取り扱うトークンが他の取引所に比べて絞られたり、トークンの上場までに時間がかかったりするなどのデメリットも同時にもたらしていました。

HADAXは投票による登録システム

HADAXではここを改善し、監視システムから登録システムに変更しています。

HADAXが新規上場時に行なうのは、最低限のプロジェクトのリーガルチェックと信頼性の確認です。

監査システムを緩和することで、投資家はHADAXでHuobi(フオビー)よりも多くのトークンを売買できます。

HADAXへの参加基準はプロの投資家

様々なトークンを売買できる一方、HADAXはHuobi(フオビー)よりもリスクのあるトークンが上場されることになります。

そのため、HADAXは一般の開放をせず、特定の投資経験をもつ専門投資家のみ利用が許されるとしています。

しかし、専門投資家といっても条件は難しくなく・・・

  • 1BTC以上の資産をHuobi(フオビー)に預ける
  • Huobi(フオビー)でのトレードを30日前に開始している
  • 上記いずれかを満たしている人がHADAXを使える

と、比較的カンタンな条件なので、意外と誰でも使えそうですね。

一度条件を達成して使えるようになれば、この条件を満たし続ける必要はないとのことです。

HADAXはトークンの登録を投票で決定

続いて、HADAXの最大の特徴でもある「投票制度」です。

ユーザーは、Huobiトークン(HT)を使ってHADAXに登録するトークンを投票で選ぶことができます。

投票の結果、人気のあるトークンがHADAXに登録されるしくみです。

バイナンスも同じような投票制度を実施しています)

HADAXに登録されたトークンがHuobi(フオビー)の上場基準を満たしていれば、そのトークンはHuobi(フオビー)にも上場されます。

Huobi(フオビー)とHADAXは、野球でいう「1軍」「2軍」のようなイメージですね。

投票時にHuobiトークン(HT)が高騰

ちなみに前回の投票ではHTトークンが短期間で高騰し、

今回の投票でもしっかりHTトークンの価格が上昇してます(๑•̀ㅂ•́)و✧

毎回こうなるとは限りませんが、Huobiトークン(HT)は明確に「投票」「Huobiで使える」使用用途があるトークンなので、タイミングを合わせられれば値上がり益を狙えるかもしれません。

投票はHADAX公式サイトから

HADAXの投票に参加するにはHuobi(フオビー)のアカウント登録と本人確認が必要です。以下の記事を参考に登録してみてくださいね。

公式サイトにアクセスしたら、トップページ中央に上場投票の案内があります。

1票=0.1HT(15円くらい)

クリックした画面からカンタンに上場投票に参加できます。

複数回投票することも、1回にまとめて複数票をすることも可能です。

(投票するとそのトークンが少しもらえる)

応援しているトークンに投票して上場をめざすのも、HTトークンを購入して値上がりを狙ってみるのも良いと思います。

期待の海外取引所Huobi(フオビー)のプチお祭りに参加してみてはいかがでしょうか。