仮想通貨の買い方【初心者】

GMOコインで日本円を入出金する方法を解説【銀行振込/即時入金】

GMOコイン 日本円の入出金方法

こんにちは、カズト(@nomad_btc)です。先日、スマホアプリが初心者でも見やすく使いやすい仮想通貨取引所「GMOコイン」をご紹介しました。

本記事では「GMOコイン」日本円を入金する方法を解説していきます。

GMOコインとは

GMOコインは、GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと、安心してビットコインのお取引ができる環境を提供しています。

 

「ビットコインはよくわからない」「サービスが使いにくかったら困る」といった不安があっても、GMOコインなら大丈夫。使いやすさを重視して設計された画面で、簡単にビットコインのお取引が可能です。

 

GMOコインより)

GMOコインはGMOグループが運営する国内の仮想通貨取引所です。金融庁にも正式に「仮想通貨交換事業者」として認可されています(๑•̀ㅂ•́)و✧

GMOコインで日本円を入金するための準備

GMOコインで日本円を入金するためには、

  • GMOコインのアカウント作成
  • 本人確認手続き
といった準備が必要です。先に本人確認手続きまで済ませておきましょう。

日本円を入金する方法

GMOコインへの入金には、次の2つの方法があります。

  • 即時入金
  • 振込入金
即時入金 振込入金
手数料 無料 振込手数料は自己負担
最低金額 1,000円〜 制限なし
上限金額 1,000万円 制限なし
口座反映まで 即時 当日〜(振込確認後)

即時入金が手数料無料で使えるのはGMOコインの大きなメリットです。振込入金と違って、即時入金だとGMOコインの口座にリアルタイムに反映されます。

振込入金は金融機関の振込手続きによって左右されるため、15時までだと当日、それ以降は翌営業日以降の反映になります。

なるべく早くトレードをしたい人は、「即時入金」を使いましょう。

即時入金の手順

GMOコインにログインし、ログイン後の左メニューから「入出金」「日本円」を選択します。

「即時入金」「振込入金」のうち「即時入金」を選択します。

  • ペイジー(Pay-easy)
  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行
のうちいずれかで入金することができます。

ペイジーが使える金融機関はこちら

ペイジー(Pay-easy)の流れ

「入金画面」へをクリックし、指定する入金金額を入力、「入力開始」をクリックします。

金額をご確認のうえ、「進む」を選択します。


  • 名前
  • 電話番号
  • 入金金額
を確認し、間違いなければ「入金お手続きへ」をクリック。

「金融機関選択に進む」をクリックし、各金融機関のページに移動しましょう。

ここから先は各金融機関のサイトに移るため、使う銀行によって異なります。表示される指示に従って進めていけば問題なく登録できると思いますよ。

最後まで登録が完了すると、即時に口座に反映されます。お疲れさまでした。

振込入金の手順

GMOコインにログインし、ログイン後の左メニューから「入出金」「日本円」を選択します。

「即時入金」「振込入金」のうち「振込入金」を選択します。

(指定の支店名・口座番号は人によって異なるのでご注意ください)

注意
15時までにGMOコインに着金が確認できた場合は当日に反映されますが、15時以降は翌営業日の反映となります。

20,000Satoshiプレゼントキャンペーン中

以上がGMOコインの日本円入金です。

GMOコインでは現在、口座開設書類の発送後7日以内に登録を完了させたユーザーに対して「無料でビットコインをプレゼント」するキャンペーンを実施しています。FXは少額からでも投資できますので、退屈な相場のうちに、一度試してみてはいかがでしょうか。

参考 ご入金が初めての方へ – GMOコインサポートGMOコインサポート