タダで仮想通貨を手に入れる

国内FXと海外FXの違いを比較。レバレッジ規制や税金制度など

国内FX 海外FX 比較

FX投資を始めるには、FX取引するための口座を開設する必要があります。

国内外様々な業者がありますが、この記事では「海外FXと国内FXの違い」を比較してみたいと思います。

それぞれ良い面と悪い面があるので、お互いの特徴をしっかり理解した上で検討してみてくださいね。

レバレッジの違い

  • 国内FX業者:最大25倍
  • 海外FX業者:数千倍のものもある
    (業者によっては、日本居住者の口座は最大25倍に制限される場合もあります)

国内FXと海外FXの最大の違いはレバレッジです。

国内のFX取引所は金融庁の規制により、個人口座は最大25倍のレバレッジに制限されています。(法人口座については100倍まで)

一方、海外のFX取引所はレバレッジの制限がなく、数百倍は当たり前です。ハイレバレッジの取引をしたい場合は海外の業者を使う必要があります。

信頼性の違い(保証の有無)

  • 国内FX業者:金融庁の指導により信託保全が義務
  • 海外FX業者:保証の有無は業者による

次に、大切な資金を預ける上での信頼性の違いが挙げられます。

国内FX業者は金融庁の指導により、信託保全が義務化されているため、万が一FX業者が倒産したとしても資産が戻ってきます。

一方、海外FX業者には義務としては課せられていないため、業者が自主的に信託保全しているところを選ぶ必要があります。

XM
XM取引所の登録方法 登録だけで3,000円もらえる海外FX取引所「XM」の口座開設方法

当サイトで紹介したXM取引所では、最大100万ドルまで保証されています。最大1億円程度が戻ってくるので、ほとんどの方は十分かと思います。

NDD方式とDD方式の違い

  • 国内FX業者:FX業者が仲介する取引
  • 海外FX業者:直接取引

海外FX取引所と国内FX取引所では、注文方式も違います。

(必ずしもこの方式という訳ではありませんが、それぞれこういう傾向にあるということです。)

海外取引所はNDD方式(変動制スプレッド)

海外取引所はNDD方式(変動制スプレッド)

海外FX取引所でメジャーなNDD方式(ノーディーリングディスク)は、ユーザーが注文した内容が直接インターバンクに流れ、実際に通貨の取引が行われます。

NDD方式のメリットは、トレードの際の価格の透明性です。

NDD方式を採用するFX会社は取引の関わる手数料を収益として得るため、ユーザーにはたくさん取引をしてもらい、儲かってもらうほど利益が出ます。

自分の買いたい(売りたい)価格で約定しやすいという特徴があるため、柔軟にトレードができることが特徴です。

また、DD方式で禁止されている自動売買やスキャルピングなどのトレード手法も使うことができます。

国内取引所はDD方式(固定スプレッド)

国内取引所はDD方式(固定スプレッド)

国内取引所の多くはDD方式を採用しています。

DD方式は投資家の注文をインターバンクに通す前、FX業者が仲介に入り一旦決済をします。注文がそのままインターバンクに流れる訳ではなく、いわゆる「呑み」「相対取引」をする仕組みです。

DD方式はNDD方式よりもスプレッドが狭くすることができますが、透明性が低いデメリットが指摘されます。

この方式では、トータルで投資家が利益を出すとFX業者が損をするため、利益関係が相反するという特徴があります。

言い換えると、投資家が勝ち続けるとDD方式を採用するFX業者は倒産します。

それを防ぐため、約定拒否や自動売買・スキャルピングの禁止などが必要となります。

プラットフォームの違い

  • 国内FX業者:独自開発のプラットフォームが多い
  • 海外FX業者:ほとんどの業者がMT4に対応

また、取引プラットフォームも国内FXと海外FXで状況が異なります。

海外FX業者は基本的にMT4(メタトレーダー4)というプラットフォームに対応しており、どの業者を使っても同じ使用感で取引することができます。

一方、国内FX業者は独自プラットフォームを提供し、自社開発のプラットフォームを強いられる場合があります。

業者によって異なる

楽天証券など、業者によってはMT4に対応しているところもあります。

支払う税金の違い

  • 国内FX業者:利益額に関わらず一律
  • 海外FX業者:累進課税

国内FXと海外FXでは、適用される税金に違いがあります。

国内FX一律20.315%(申告分離)
海外FX15~55%の累進課税

国内FXで得た利益は全て申告分離課税隣、利益の金額に関わらず税率が一律20.315%です。どれだけ稼いでも2割。

一方、海外FXの利益は総合課税の雑所得の扱いになり、利益の額によって税率が変わります。

累進課税の税率表

仮想通貨の取引と同じものと考えれば分かりやすいかと思います。

利益額によっておトクかどうかが変わる

利益が330万円以下であれば、20%の海外FXの方が税金が安く、利益が330万円超であれば国内FX業者の方が税金が安くなります。

どれだけ稼ぐかによって異な理ますが、税金面以外の部分でどちらの方が稼ぎやすいかを考えて判断する方が良いかもしれませんね。

口座開設は海外FXの方が簡単

口座開設には必要事項の入力と本人確認が必要となりますが、

海外FXの場合は郵送による確認が必要ないため、郵便物の確認が必要な国内FXよりも登録までが簡単という特徴があります。

家族にバレたくないという事情がある場合も、海外FXの方が始めやすいですね。

どちらの方が良いのか

海外FXの良いところ

  • 追証なし
  • レバレッジが高い
  • MT4が標準搭載
  • 約定しやすい
  • 通貨ペアが多い
  • 口座開設が簡単
国内FXの良いところ
  • 制限のあるスプレッド
  • 信頼性が高い
  • 税金が申告分離課税

まとめるとこんな感じです。

国内FXと海外FXを比較してきましたが、私はほとんどの人には海外FXが向いていると考えています。

登録ボーナスや入金ボーナスで下駄を履かせてくれる取引所も多いですし、ゼロカットシステムと追証の無い点が「FXは怖い」と考えている人にとって魅力的です。

海外FXのおすすめは大手FX業者のXMで、今なら登録するだけで3000円のボーナス・入金するとさらにボーナスがもらえます。

追証も無く安心して取引できますよ。

XM取引所の登録方法

XM取引所の登録方法 登録だけで3,000円もらえる海外FX取引所「XM」の口座開設方法