IG証券ノックアウトオプション【特集】

EvolveMarkets(エボルブマーケット)とは? | スプレッド、評判、MT5登録、使い方を解説

EvolveMarket(エボルブマーケット)は、レバレッジ50倍で仮想通貨FXができる海外取引所です。

ビットコイン(BTC)のほか、リップル(XRP)やライトコイン(LTC)など主要な仮想通貨を低いスプレッドで取引できるので、クリプトGTのようなアルトコイン用のFX取引所として利用されています。

登録には個人情報提出不要、メールアドレスだけでOK。

取引プラットフォームはMT4とMT5に対応しているので、もしクリプトGTなどでそれらのアプリを使ったことのある方なら、戸惑わず移行できると思います。

EvolveMarket(エボルブマーケット)の基本情報
運営会社Evolve Markets Ltd.
設立2016年
URLhttps://evolve.markets/
取り扱い通貨
(仮想通貨のみ記載)
BTC
ETH
XRP
BCH
LTC
DASH
ZEC
XMR
スプレッドBTC/USDで1USD程度
(変動する)
入出金BTC/LTC
手数料無料
最低出金額0.005 BTC
取引プラットフォームMetaTrader4/5
(MT4,MT5)

私は友人のあどまん(@admen_vc2)が使いはじめて知った取引所なのですが、EvolveMarketsは2016年から稼働しており、わりと前にできた取引所です。

その間に大きなトラブルは無かったようですし、この一年で出てきた新興取引所よりは信頼できるのではないでしょうか。(万が一のこともあるので入金は少額にして増えたら出金を心がけておいたほうが良いです)

EVOLVE MARKETSの特徴

Evolve Markets(エボルブマーケット)では、ビットコイン(BTC)かライトコイン(LTC)を入金し、仮想通貨FXができる取引所です。

登録はメールアドレスだけでOKですし、15分あれば登録・MT5の設定・ビットコインの入金までできると思います。MT5の設定をしたことが無い方は慣れない作業になりますが、このページで図解付きで解説していくので安心してください。

取引できる通貨

仮想通貨為替・INDEX
BTC/USDUSD/JPY
BTC/EURCAD/JPY
XRP/USDNZD/JPY
LTC/USDEUR/JPY
DASH/USDAUD/JPY
ETH/USDAUD/USD
EOS/USDEUR/USD
XMR/USDGBP/USD
BCH/USDNZD/USD
ZEC/USDAUD/NZD
ETC/USDJPN225
XTZ/USDNAS100

仮想通貨をみると、口座入金に対応しているビットコイン(BTC)とライトコイン(LTC)はもちろん、匿名3通貨のDASH、ZCASH、XMRや人気通貨XRPもリストされています。

個人的にはBNBやHTなどの取引所トークンや中国銘柄(NEO、ONTあたり)もほしいですが、主要アルトのFXをするには十分なラインナップだと思います。

スプレッド

クリプトGTからの乗り換え先として優秀な理由の1つが「スプレッドの狭さ」です。

EvolveMarketsのスプレッドは非常に低いのが特徴です。

evolvemarketsのスプレッド

こちらがEvolveMarketsのスプレッド。

BTC/USDが1ドル程度と、これだけみるとほんとにここ大丈夫かと思うスプレッドの低さです。(初期設定はFXの銘柄が羅列していたのですが、私は仮想通貨しかやらないので総入れ替えしました。)

スプレッドで損した分のせいで利益を出すのが難しいのでこれは嬉しいです。(取引手数料が別途発生します。こっちは他の取引所より少し高めです)

CryptoGTのスプレッド

CryptoGTのスプレッド

参考にクリプトGTのほうも貼っておきます。

相場が落ち着いているときの比較ですが、全体をみてもEvolve Marketsのほうが低いです。BNBやADAを取引できるのはクリプトGTだけなので、使い分けるのが良さそうです。

EVOLVE MARKETSの登録方法

EVOLVE MARKETSの登録は簡単です。

EvolveMarketsの登録画面

EvolveMarketsの登録画面

まず公式サイトにアクセスし、「Email Address」にメールアドレスを入力します。

EvolveMarketsの登録

EvolveMarketsの登録

デフォルトはMT5が選ばれていますが、EvolveMarketsはMT4に対応するアカウントを作成することもできます。

ただ、日頃からMT4でトレードしている方以外はMT5で作っちゃって大丈夫です。(基本的に上位互換なので)

Google認証

Google認証

続いてGoogleの認証です。

信号機とか橋とか自転車とかを選んで「確認」をタップします。この認証面倒臭いですよね。

EvolveMarketsの登録

EvolveMarketsの登録

確認が終わると、登録したメールアドレスに認証メールが届きます。

メールに記載のURLにアクセスし、「ログインメールアドレスとパスワード」を入力して認証されれば登録完了です。

ここに表示される「Login/Password/Server」はあとでMT5の設定をするときに必要なので、ページを開いたままにしとくかどこかにメモしてください。

MT5の初期設定をする

ビットコインを入金しても良いのですが、先にMT5の設定をしておきましょう。

スマホの場合はアプリ版MetaTrader5を、PCの場合は別途Evolve Marketsから届いているメールのURLをクリックし、MT5のログイン設定をします。

MT5の新規口座設定

MT5の新規口座設定

MT5を起動したら、右下の設定画面から「新規口座」をタップします。

「既存の口座にログイン」をタップし、Evolve Marketsの項目を検索しましょう。

英語表記の場合
MT5が英語表記になってしまっている場合は、右下「Settings」から「Intarface」をタップしましょう。

「日本語」と書かれているところを選択し、スワイプで戻ります。アプリを一度閉じてから再起動すると日本語設定になっています。

MT5の新規口座設定

「evolve」と入力するとEvolveMarketsのDemoサーバーとLiveサーバーが出てくると思います。

Liveサーバーを追加し、必要事項を先ほどメモした情報から拾ってきます。

Demoサーバーを追加すると、実際にビットコインを入金しなくても取引の練習ができるので、初心者で使い方に慣れてから取引したい方はこっちでもOKです。

EvolveMarketsへのログイン

ログイン情報はEvolveMarketsから届いている「Welcome to Evolve Markets!」というメールにも記載されています。

Login/Passwordを入力し、右上のSign inをタップします。

初期設定の通貨ペア

ログインに成功すると、初期設定の取引ペア一覧が表示されます。

フィアット(法定通貨)のFXをする方はこのままでも良いですが、私の目当ては仮想通貨なので左上のえんぴつマークをタップして銘柄リストを削除し、右上の+マークから追加して入れ替えました。

シンボル追加

追加できる通貨はこんな感じです。ビットコイン以下を全部追加します。

整理後の通貨ペア

完成しました。

これでMT5でのチャートの確認、取引などの全機能を使えるようになりました。

ビットコインの入金

アカウントの登録、MT5の設定が完了したら、あとはビットコイン(BTC)を入金するだけです。

account

EvolveMarketsにログインし、「Accounts」をタップします。

Live Accountsに先ほど作成したアカウント情報がありますので、この部分を左にスワイプしましょう。

「Deposit(入金)」と「Withdraw(出金)」のボタンが出てきます。EvolveMarketsの入出金はここから行います。

入金の場合はビットコインのアドレスとQRコードが表示されるので、取引所やウォレットからビットコインを送金します。

出金は出金先のアドレスとビットコインの枚数を入力して「WITHDRAW」をタップでOKです。

二段階認証の設定

Settingsから二段階認証(TWO FACTOR AUTHENTICATOR)ができます。

ビットコインを守るために、こちらも必ず設定しておきましょう。

まとめ

ビットコインを証拠金にできる海外取引所は増えてきていますが、それらに出金拒否や持ち逃げリスクがあるのは否めません。

日本の金融庁が認可する国内取引所以上に、何があっても本当に自己責任となります。

EvolveMarketsに関しては、2016年から営業して大きなトラブルも見なかったため、他の新興取引所と比べると信頼できると判断して記事を書きましたが、何度もいいますが何か問題が起きて資産を失うリスクはゼロではありません。

必ず失っても生活に支障のない額の資金を入れ、増えたら出金するなどしてリスクを最小限にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA