仮想通貨を始める方に読んでほしい記事

【10/27】楽天やマスタカードがビットコインで議論、DMMが仮想通貨取引所参入など

楽天、マスターカード、Paypalがビットコインについて議論

楽天が主催のイベント「Rakutenフィンテックカンファレンス2017」で、楽天、Paypal SVPマスターカードの代表などが集まり、フィンテックの進展について議論を交わしました。

20年前の楽天創業時は、誰もネットを信用しなかった。しかし現在は、ECが主なショッピングのチャネルになり、マーケティングの世界も変わった。これからはキャッシュレスの世界になるだろう。先日、アフリカのケニアを訪問したとき、マサイ族がM-PESA(エムペサ)という暗号通貨を利用してモノを購入していた。キャッシュは強盗に狙われる恐れがあるからだ。このような現象が世界に広がっていく。日本もキャッシュレス経済になれば、紙幣経済より効率がよくなるはず」

ほんの数十年前、インターネットはどこか「怪しい」もので、信用されていませんでした。

私はまだ子どもの頃です。

現在は国民の誰もがスマートフォンやパソコンでインターネットにアクセスし、情報を当たり前のように得ています。

同じように、仮想通貨(暗号通貨)はまだまだ始まったばかりで、インターネットでいう黎明期の段階です。

今のインターネットでいうGoogleやYahoo!、TwitterやFacebookなどのキラーコンテンツはまだ誕生しておらず、それぞれの通貨を開発する人たちが自身の思う方法で世の中を変えようと試行錯誤しています。

しかしながら、日本では「現金ニコニコ払い」な人が多いです。

クレジットカードも使いすぎが怖いし、電子マネーもチャージが面倒臭いから、よくわからないから現金で支払おう。実は、日本の決済におけるクレジットの利用率は世界各国と比べて非常に低く、20%を切っています。(アメリカは40%超え、韓国は50%を超えています)

ただし、望もうが望むまいが、これから先の5年10年をかけて、世界は間違いなく「キャッシュレス決済」へ移行していくでしょう。キャッシュレスの方が安全でベンリだからです。

日本がその流れに乗り遅れて後追いするのか、先んじて世界をリードする国になるのか、今はその選択を迫られているのではないでしょうか・・・と私は思っています。

DMM、仮想通貨取引所に参入

DMMは来年春、仮想通貨の取引所市場に参入することを発表しました(*`・ω・´)ノ

先日、AbemaTVやアメーバブログを手がける「サイバーエージェント」も仮想通貨の取引所参入を発表しています。国内の仮想通貨市場の加熱が進んでいますね(`・v・´)

また近日、仮想通貨の取引所のアフィリエイト(紹介)プログラムの報酬が大幅にプラスされており、大手取引所「コインチェック」も、紹介によって得られる収益がこれまでの2倍以上に増額されています。

https://twitter.com/coincheckjp/status/923732555936931840

同じく取引所「Zaif」も先日、紹介プログラムの金額を大幅に増額しています。

サイバーエージェント、DMM、SBIグループなどの有名な大手企業も参入を表明してきており、2018年以降ますます取引所の競争が激しくなりそうです。

金融庁、ICOへの注意喚起

金融庁が27日、国内におけるICOの危険性について注意喚起の文書を発表しました(*`・ω・´)

大まかな内容は以下の通りです。

ICOで発行されるトークンを購入することには、次のような高いリスクがあります。

 

1.価格下落の可能性 トークンは、価格が急落したり、突然無価値になってしまう可能性があります。
2.詐欺の可能性 一般に、ICOでは、ホワイトペーパー※が作成されます。

しかし、ホワイ トペーパーに掲げたプロジェクトが実施されなかったり、

約束されていた商品や サービスが実際には提供されないリスクがあります。

また、ICOに便乗した詐 欺の事例も報道されています。
3.トークンを購入するに当たっては、このようなリスクがあることや、

プロジェクトの内容などをしっかり理解した上で、自己責任で取引を行う必要があります。
4.ICOに関する不審な勧誘等には十分注意し、内容に応じて、以下の相談窓口にご相談ください。

※ICOにより調達した資金の使い道(実施するプロジェクトの内容等)やトークンの販売方法などをまとめた文書をいいます。

いろいろ書いているのですが、要は「詐欺の危険もあるのでリスクも考慮して注意しましょう」ということを長々と書いてますw

そりゃそうでしょと思うんですが、
本当に「ICOの仕組みを利用した詐欺」は多発していますので、投資する際はいろんな情報を得てから判断するようにしましょうね(´・З・`)

中国の取引所大手、日本や香港へ

参考

中国の仮想通貨取引所大手、続々と日本や香港へ-規制受け活路探るBloomberg

中国で仮想通貨の取引所やICOが規制された後、中国の取引所であるOKコインやバイナンスなどは、近隣の地域で活路を見出そうと動いているそうです(*`・ω・´)

少なくとも19社が日本でのライセンスを申請中とのことで、中国から日本や香港などへの逃避が進んでいるようです。

ちなみに日本は仮想通貨に関する法整備が他国よりも進んでいる地域であり、中国の仮想通貨規制後の過去数週間で「世界最大の仮想通貨市場」となっています。

 

本日は以上です!

ようやく週末で明日からお休みです!やりたかったこと全部できるように上手く時間使っていきます〜。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です