仮想通貨を始める方に読んでほしい記事

「ビットコイン」「仮想通貨」を初心者にも分かりやすくカンタンに解説。電子マネーと何が違う?

テレビや新聞でも「ビットコイン」「仮想通貨」という言葉を取り上げられることが増えてきました。

この数年で市場が急成長し、2017年初めには10万円台だったビットコインの価格は現在60万円以上に高騰しています。真っ先にビットコインに投資した人の中には、億万長者になった人たちもたくさん誕生しています。

このようにビットコインは投資の対象として人気ですが、2017年4月から改正資金決済法により、日本で法的に「支払い方法」として認められたことで、買い物をする決済手段としても使われ始めています。

実際に「ビックカメラ」「H.I.S」などの大手企業でも、ビットコインでの支払いができるようになりつつあります。

今回は、「ビットコインを始めたいけどよくわからない」という方に向けて、ビットコインについて分かりやすく解説していきます(*`・ω・´)

 

Bitcoin(ビットコイン)とは?

ビットコインは、数百ある仮想通貨の代表的な1つです。

インターネットのネットワークを活用したデジタル通貨で、世界中の国・地域で使うことができます。

個人間でも低い手数料でカンタンに送金することができ、銀行を介さずに取引ができるのが特徴です。

ビットコインを超ざっくり説明するならば、「世界中どこでも使える電子マネー」です。(ほんとにざっくりです)

ただし、SuicaやPiTaPaのような電子マネーと違うところがいくつかあります。

電子マネーとの違い

1.世界中で使える

ビットコインが電子マネーと大きく違うのは、「世界中どこでも使える」ことです。

電子マネーは「日本円」でチャージするので、海外では使えません。

後払い式の電子マネーも、専用の読み取り機械がなければ使うことができません。

ビットコインはスマートフォンがあればQRコードで読み取り決済できるため、特別な機械を導入することなく「誰でも」使うことができます。

外国人観光客も、日本に来てわざわざSuica」のカードを発行するよりも、ビットコインで支払いができたほうが便利です。

そんな理由から、2020年の東京オリンピックまでに国内で使える店舗は大きく広がると見られています。

2.カードがない

電子マネーはそれぞれの種類のICカードが発行されますが、

ビットコインにはカードはありません。

スマートフォンのウォレットアプリを使うことで、決済することが可能です。

ApplePayやおサイフケータイのようなイメージですね(*`・ω・´)

3.発行元の企業がない

SuicaはJR東日本、iDは三井住友カードなど、電子マネーは企業が発行しています。

一方、ビットコインは発行元がなく、世界中のマイナーにより採掘されるため、企業の倒産のリスクがありません。

4.個人間でお金のやりとりができる

ビットコインは、個人間でお金のやりとりができます。最近ではLINE Payなどが個人間送金のサービスを始めましたね。

私も使ったことがありますが、個人間送金はとてもベンリです(*`・ω・´)

例えば、友達と飲みに行ったときに…

飲み会のお店は立て替えといたよ!
万札しかないからあとで崩して半分払うね!

こんな風に「ワリカン」をする場面ってありますよね。

細かい紙幣や硬貨がないがために、コンビニなどでお金を崩しに行ったりすることもあるでしょう。

こんなときにビットコインがあれば、スマホのウォレットアプリからスマートに半分返すことができます。

どうして価値がつくのか

ビットコインはあくまでインターネット上のデータであり、紙幣や硬貨のような現物はありません。

「そんなものに価値があるの?」と思う人もいるかもしれませんが、どうしてビットコインには数十万円という価値がついているのでしょうか。

1.発行枚数に上限がある

まず1つめの理由は、金(ゴールド)のような希少価値があることです。

現在、資産として広く認められている「金(ゴールド)」は、埋蔵量に限りがあります。

「希少性」があることが分かっているから価値が保持されているんです。(作為的に大量に作ることができない)

同じく、ビットコインは発行できる枚数の上限が2100万枚と決められています。それ以上のコインは発行されません。

発行されるペースも時間が経つにつれて減少するようにコントロールされています。

この仕組みのおかげで、ビットコインの価値は保持されています。

金(ゴールド)とビットコインの違いについて

「仮想通貨の購入や利用に興味ない」が8割以上、ビットコインはどうして価値があるの?

2.不正や改ざんができない

2つめは「不正や改ざんができない」ことです。

ビットコインは国や中央銀行などの中央集権的な組織がなく、日々世界中のマイナーによって採掘されています。

MEMO
「採掘」とは、コンピュータの処理能力を使って、ビットコインの取引を承認するための計算を手伝うことです。
報酬として新しいビットコインをもらうことができます。
金(ゴールド)の採掘に近いため、「マイニング(採掘)」とよばれます。

ビットコインにはブロックチェーンという技術が使われています。

ビットコインをAさんからBさんに送金したBさんからCさんに送金したという情報は、すべてブロックチェーンに書き込まれています。

一度書き込まれた記録は誰にも改ざんすることができないようになっている(不正は極めて難しい)ため、その安全性が信用されています。

  1. 発行主体がない(非中央集権)
  2. 発行量が決まっているため、希少性が保持される
  3. 取引履歴がすべて残る(通貨を保有している記録が消えない)
  4. 取引履歴は誰にも改ざんできない

これらのことから、世界中の人が価値があると認め、ビットコインには価値がついています。

資産防衛としての使用用途で使われる

ビットコインは、通貨の不安定な国での使用に期待されています。

例えばジンバブエやボリビアなどでは、急激なインフレにより自国通貨の価値を失っています。

不安定な自国通貨を使うくらいなら、ビットコインを代替品として使うほうが安心できるわけです。

「通貨」としての使い方だけでなく、「資産」としても受け入れられ、これまでは金(ゴールド)に換えていた資産家が一部をビットコインに移し換えているという話もよく聞きます。

経済崩壊の兆候がある地域や、すでに経済崩壊が起きている地域でのビットコインの需要は増加し、また使える場面が増えることで、日常的に使われる通貨として受け入れられる可能性があります。

ビットコインの買い方

ビットコインなどの仮想通貨は「取引所」で売買することができます。

取引所に口座を開設し、日本円を送って、日本円とビットコインを交換することで始められます。

取引所の口座開設はとてもカンタンで、インターネット上で手続きが完了します。

STEP1.メールアドレスとパスワードを設定

STEP2.本人確認書類(免許証など)の写真をアップロード

STEP3.後日届くハガキを受け取る

手続きはこの3つのステップで終わりです。カンタンですね!

おすすめの取引所

ビットコインを買うための取引所は世界中に数多くあり、国内でも10以上の取引所が存在しています。

その中でも「コインチェック」「Zaif」「ビットフライヤー」の3つは特に人気のある取引所です。

実際に私もそれぞれの口座は開設しています_φ(・_・

取引所によって取り扱う通貨は様々なので、私のようにいくつか開設している人が多いんじゃないでしょうか。

初心者の人に特におすすめするのは「コインチェック」です。

スマートフォンアプリが大変見やすく、出先でもカンタンに仮想通貨の取引ができます(´ω`)

以下の記事でそれぞれの取引所の特徴をまとめているのでよかったらチェックしてみてください。

仮想通貨の国内3大取引所の使い勝手を徹底比較。コインチェック、Zaif、ビットフライヤー
日本一の仮想通貨の取引所「ビットフライヤー(bitFlyer)」登録方法。スマホから口座開設、ビットコインFXも。

各取引所の登録はこちら

コインチェックの口座開設はこちら

Zaifの口座開設はこちら

ビットフライヤーの口座開設はこちら

ビットコインの使い方

by acworks

ビットコインを決済に使うには、専用のウォレット(財布)アプリが必要です。

買うものをするときは、お店のレジにあるバーコードをカメラでスキャンすることで決済することができます。

ビットコインを受け取る場合は、ウォレットアプリからバーコードを表示させ、それを読み取ってもらうことで可能です。

使えるお店は2017年10月時点で通信販売:50件、実店舗:213ですが、

これからますます増えていくと思われます(*`・ω・´)

(ビットコインが使える店舗の一覧はこちら

インターネット以来の革命、ブロックチェーン

1990年代、インターネットの普及により「情報の伝達」の革命が起きました。

この革命により、世界中のどこへでも瞬時に情報を送ることが可能になり、発信したいものがあれば誰でも「動画」「画像」「文章」を世界中に発信できるようになります。

しかし、これまでインターネット上での「価値の伝達」を行うことは、不正や改ざんの恐れがあるため難しいと言われていました。

それが2009年、ブロックチェーン技術を用いて「価値の伝達」ができるビットコインが誕生したことにより「価値の伝達」が実現します。

ブロックチェーンは「貨幣的価値」を送ることができるほか、「株式」「不動産登記」「サービスの交換・共有の権利」「著作権」など、あらゆる分野で価値の伝達を行える可能性を持っています。

イーサリウムの「スマートコントラクト」って何?社会を変えるかもしれない新しい契約の仕組み

この30年でインターネットが社会にとって当たり前な存在になったように、ブロックチェーンも近い将来、生活に欠かせない技術になると見ています。

ここ最近、ブロックチェーン、あるいは仮想通貨に世界中の人たちが注目し始めています。

インターネットに続く大きな革命になるかもしれません。

時代の最先端である仮想通貨、今のうちに始めてみませんか?(*`・ω・´)

2013年に投稿された「未来人」によるビットコインに関する予言。価格上昇、格差の広がりなど

取引所の登録はこちら

コインチェックの口座開設はこちら

Zaifの口座開設はこちら

ビットフライヤーの口座開設はこちら

▼サクッと見るだけでわかる動画(*`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です