仮想通貨を始める方に読んでほしい記事

【10/26】ビットフライヤー×日本ユニシス、モナコイン秋葉原ジャックなど

本日、仮想通貨の取引所を運営するビットフライヤー、決済サービス大手の日本ユニシスの2社が、ビットコイン決済サービスの普及・拡大に向けた業務提携を発表しました(*`・ω・´)

本日より、ビットコイン決済のサービス提供を2社共同で行います。

 

ビットフライヤー×日本ユニシス

日本ユニシスは、「アリペイ(Alipay)」の決済サービスを提供する会社です。

日本ユニシスはすでに

「全国のローソン13,000店舗」
「ヤマダ電機」
「高島屋」
「ドン・キホーテ」

などでアリペイの決済端末を導入していて、中国からの観光客の人たちが多く利用しています(´ω`)

導入するメリットは決済手数料の削減

店舗のメリット
  1. ビットコイン決済の導入で、新たな集客が見込める
  2. クレジットカードなどの決済手段よりも、利用料を抑えることができる。
  3. 既にアリペイ端末を導入していれば、同じ端末でビットコイン決済も扱える。また、決済履歴の確認も、他の決済同様に、効率的に行える。

ビットコイン決済導入による最大のメリットは、クレジットカードの決済手数料の削減です。通常、お店はクレジットカードで支払われた金額に対し【およそ3〜5%】の手数料を支払っています。

ビットコインであれば、この手数料が1%程までに削減できるため、利用者よりかはお店に大きなメリットがあるんですね(*`・ω・´)

 

サービスのイメージ

支払い方法はQRコード

ビットコインでの決済はとてもカンタンです。

ビットコイン決済が導入されているお店にあるQRコードを、スマホの「ビットコインウォレットアプリ」を利用して読み取るだけ。

お店は個別の決済履歴から精算処理の確認ができます。

モナコイン、秋葉原ジャック

10月25日〜31日の間、秋葉原でモナコインのイベント「秋葉原ジャック」が開催されています!

秋葉原ラジオ会館、秋葉原UDXの大型ディスプレイで、モナコインのプロモーション動画が放映。

モナコイン決済が可能なパソコンショップのArkでは、モナコインのステッカーなどを配布しています(*`・ω・´)

一週間の間だけなので、気になる人は期間中に秋葉原に遊びに行ってみては?(*’ω’)

▼モナコインの特徴はこちら

モナコイン(monacoin)の特徴を紹介。世界初のSegWit導入、強力なコミュニティMonappy

ビットコインの価格が急回復!Amazon採用の噂?

そしてビットコイン!

ビットコインゴールドのハードフォーク後、
一時は60万円を切りましたが、
この2日で一気に価格が回復しました(*`・ω・´)

ただ、なんでこんなに上げてるのか分からない・・・(´・З・`)

中国の党大会も終わり、ビットコインゴールドのハードフォークもひと段落しましたが、
11月のSegWit2xのハードフォークはなかなかヤバめなため一旦価格を調整するんじゃないか?

 

・・・と思ってたんですが、
もしかしたらこの期待が要因かも。

本日、Twitterなどで「近日Amazonでビットコイン決済が導入されるのでは」と話題になっています(´ω`)

以前からたびたび噂されていましたが、いつも話が流れるので正直疑わしいです。
もし仮に導入されるとすると、Amazonにはこんなメリットがあります。

Amazonが導入するメリット
  1. カード決済手数料の削減(4〜5%→1%程度へ)
  2. 即日現金化できる(カードだと数十日後)
  3. ユーザーは為替の影響を受けずに海外での買い物が可能に

カード決済の削減は毎日莫大な売り上げがあるAmazonにとって非常に大きなコスト削減になります。

本当にAmazonでの決済が発表されれば価格の高騰が期待できるでしょ!さあこい!(こない)

 

▼SegWit2xのまとめ記事はこちら

【B2X】ビットコインのSegWit2xを解説。ハードフォークの流れ、各社の対応など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です