仮想通貨を始める方に読んでほしい記事

【10/24】ビットコインゴールドが誕生。アルトコインのターン?B2Xはどうなる?

こんばんは!

本日はビットコインのハードフォークが行われ、アルトコインが反発で全体的に上がるなど、昨日までの相場とは大きく違う動きが見られました。

気になるニュースをチェックしていきましょう(๑•̀ㅁ•́๑)✧

ビットコインが下落、アルトコインは反発

本日はアルトコインが全体的に上昇しています•̀.̫•́✧

利益が出た皆さん、おめでとうございます!!

(ノーポジにしていたので一切乗れませんでした)

午前中のビットコインのチャートです。

ハードフォークが行われたか?と情報が出た直後、大幅に価格を落としました。

10月24日22時現在の価格はおよそ630,000円です。

 

ビットコインゴールド誕生!!

本日、ビットコインのハードフォークが行われ、ビットコインゴールド(BTG)が正式に誕生しました。

これに伴い、各取引所がビットコインゴールドの付与などの対応をします。

国内ではビットフライヤーがBTGの付与・売買を始めると発表していますが、実際に開始するのは11月以降になります。

スナップチャットで保有状況が確認できていれば、BTCを他の取引所に移したりアルトコインを購入しても問題ありません。

次のSegWit2x(B2X)のハードフォークはどうなるか

ビットコインゴールドのハードフォークの後、11月18日頃にはSegWit2xのハードフォークが待ち構えています。

このSegWit2xのハードフォークはBTGとはわけが違います。

今回のビットコインゴールドはある意味「アルトコイン」

ビットコインキャッシュ(BCH)とビットコインゴールド(BTG)の大きな違いは、マイニングのスタート方法です。

BCHはハードフォーク直後からブロックが採掘され、コインの送金もできました。ほんとうの意味でBTCから分裂していますね。

一方、BTGの場合は、誕生はしたものの、マイニングや送金はまだ始まっていません。実際に開始されるのは、BTGのソフトウェアが完成してから(11月以降)です。それまではネットワークは稼働しておらず、コインのマイニングもされません。

ビットコインゴールドはある意味、誕生したときに「BTCを保有する人に配られる」アルトコインのような存在なんですね。

SegWit2x(B2X)はマイナー同士の対立、戦争

SegWit2xのハードフォークでは、今までビットコインをマイニングしていたマイナーが分裂し、2つの異なるブロックチェーンが生まれます。

BTGはあくまでもアルトコインがBTC保有者に配布されるという形で行われましたが、B2Xではマイニングをしている人たちのコミュニティが分裂し、異なるブロックチェーンを支持し始めることになります。

コミュニティが分裂することで、それぞれに「価値が分裂」したり、B2Xを今後のビットコインと扱う取引所が出る可能性もあります。

恐らく、このハードフォークが落ち着くまでは相場が混乱、少なくともすんなりと上昇はできない相場になると思います。

代わりに一部のアルトコインに資金が流れる可能性が高いです。

この1ヶ月間は特にしっかりと情報を選択して大きな損失をしてしまわないように立ち回る必要がありますね。(๑•̀ㅁ•́๑)✧

SegWit2xについての詳しい記事はこちら

インドの取引所にリップル(XRP)が上場

(ついでに)リップルの新しいニュースです!

「どの通貨を取り扱う?」アンケートで見事XRPが支持を得たため、インドの取引所「Coindelta」でリップル(XRP)の上場が決定しました(๑•̀ㅁ•́๑)✧

XRPはSWELL後、対BTC価格が低迷していましたが、新しい取引所への上場で資金流入に期待です。

 

本日は以上です!( ・`д・´)

アルトコインで盛り上がっていたのを低みの見物で見ているだけだったのが悔しい…

 

参考

ビットコインゴールドハードフォークを終え、アルトコインのターンか?Coinpost

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です