仮想通貨を始める方に読んでほしい記事

【有料】多機能Twitterクライアントアプリ「Tweetbot4」の使いやすい機能7選

 

買ってしまいました。「Tweetbot4」。

「Tweetbot4」は、Twitterを快適にみることができるiOS用クライアントアプリです。

価格は「600円」と少し高いですが、思い切って買ってみて良かったと思える多機能スムーズなアプリでした。

今回はその「Tweetbot4」についてご紹介いたします(๑•̀ㅁ•́๑)✧

 

Tweetbot4の使いやすい機能7選

1.メニューのカスタマイズ

Tweetbot4の画面はこんな感じです。

下部メニューは左より「タイムライン」「メンション」「DM」と続き、

右2つは長押しで「自分のアカウント」「いいねしたツイート」「リスト」「ミュートフィルタ」「検索」に切り替えることができます。必要に応じてメニューを切り替えられるのは公式アプリには無いメリットですね。

 

2.独自の機能「スタッツ」が面白い

 

もちろんTweetbot4は複数アカウントに対応しているので、左上の自分のアイコンをタップするとアカウント切替ができます。

また、右の画像はTweetbot4の特徴的な機能「スタッツ」です。

メニューの右2つめにある「折れ線グラフ」のようなマークを選ぶと、「リツイート」「いいね」された数の推移を見ることができます。いいねされた数が増えたりするのを視覚的に分かりやすく見られるので、私もこの画面を見ながらニヤニヤしています•̀.̫•́✧

画面上の「アクティビティ」をタップすると、誰がいいねしてくれたかなどのタイムラインを表示できます。

 

3.スワイプ操作でテーマを変えられる

Tweetbot4では、2つのテーマを選ぶことができます。

設定からも切り替えることはできますが、2本指で上下にスワイプすることでカンタンに切り替えられるため、場面によって使い分けられますね(๑•̀ㅁ•́๑)✧

 

4.タイプ別に通知設定

通知設定。Tweetbot4はタイプ別に通知のオン/オフができます。

ダイレクトメッセージ、リツイート、引用、いいね数、フォロー通知などを必要に応じて選べるのは便利ですね。

 

5.リスト切替もラク

読みたいユーザーだけまとめたリスト機能の切替もカンタン。

タイムラインの画面上部にある「タイムライン」を長押しすることでカンタンに切替ができます。フォローしている人数が多い人などは、このリスト機能の切替はベンリなんじゃないでしょうか。

 

6.タイムラインのフィルター機能

「タイムラインフィルタ」もベンリです。

タイムラインの画面上部にある「検索」部分の右にあるアイコンをタップします。

 

キーワードを抽出したり、「画像や動画」が添付されたツイート「リンク付き」のツイートに絞って表示することもできます。

 

7.ミュート設定も豊富

通知のほか、「ミュート設定」も豊富です。

タイムラインの不要なツイートを非表示にできるミュート設定は、「ユーザー」「ハッシュタグ」「キーワード」「クライアント」ごとにミュート設定ができます。

 

使う前に設定したこと一覧

  1. 「表示」:英語フォントの変更、テキストサイズの変更
  2. 「サウンド」:オフに
  3. 「ストリーミング」:ストリームをオン、常に最新に移動をオフ
  4. 「ブラウザ」:Safariに
  5. 「アカウント設定」:「通知」をそれぞれオンに

私は設定より以上の項目を見直してみました。

特に「通知」設定は見逃さずにきちんと確認しておくことをオススメします。

 

価格は高いが、高機能でサクサク動く

サードパーティ製のTwitterクライアントアプリ「Tweetbot4」は、高機能でサクサク動く使いやすいTwitterアプリです。

価格は600円と少し高価ですが、私は買って良かったと思っています(๑•̀ㅁ•́๑)✧

どのアプリを使うか迷っている方や、リスト管理を使いこなしてみたい方は、「Tweetbot4」を検討してみてはいかがでしょうか。

 

▼ダウンロードはこちら

Tweetbot 4 for Twitter

Tweetbot 4 for Twitter
開発元:Tapbots
¥600
posted with アプリーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です