仮想通貨を始める方に読んでほしい記事

2013年に投稿された「未来人」によるビットコインに関する予言。価格上昇、格差の広がりなど

おはようございます!

2013年にアメリカ版の掲示板サイトRedditに投稿された「未来人」によるビットコインについての書き込みが面白かったのでご紹介します(๑•̀ㅁ•́๑)✧

(この記事はくりぷと(@CryptoBloger)さんによる和訳記事をもとに内容を紹介します。本文を読みたい方は以下リンクからどうぞ。)

参考

未来から来たビットコイナー:和訳記事くりぷと戦記 -主に暗号通貨の話-

 

元ネタ:「I am a time-traveler from the future, here to beg you to stop what you are doing. : Bitcoin

 

ビットコインの価格について

彼は冒頭、ビットコインの価格について説明します。

今までビットコインの価格は毎年、平均で10倍ずつ上昇してきた。2010年0.1ドル、2011年1ドル、2012年10ドル、2013年100ドルという風に。これからは、2年ごとに10倍となる。

つまりは2015年に1,000ドル、2017年に10,000ドル、2019年に100,000ドル、2021年に1,000,000ドル。その先は、ドルやその他の法定通貨は使われなくなるため、ビットコインの価値をドルで表すことすら難しい。

これは2013年の投稿です。価格は当時200〜300ドルくらいでした。

2017年10月現在、ビットコインの価格は6,000ドルを突破しています。今年の初めには1,000ドル程度でしたから、価格予測としてもかなり優秀です。

 

財産についての価値観

この世界には、2つの財産がある。土地と暗号通貨である。

この世界では1,900万BTCがあり、数十万BTCは永久的に消失済み。

平均すると1人当たり0.003BTC以下しか持っていないことになる。

さらに、不平等な富の偏在によって、普通の人は0.001BTCしか持っていない。

未来の世界では70億の人々で平均して「0.003BTC以下」しか持っていない。2017年10月現在の価値では「2,100円」程度の価値です。

仮想通貨を持っている人と持っていない人の貧富の差が生じている。

 

政府はほとんど存在しない

ビットコイン取引は匿名で行われるため、政府は市民から税金を徴収できない。従って、ほとんどの政府はもう存在しない。ビットコインの成功の大部分は、ビットコインが自分の資産を政府から隠すのに最適な方法だということ。

政府は誰が資産を隠しているか調べるために全力を尽くしたが、探し当てることはできなかった。

また政府は、ビットコインを買い上げることで社会への影響力を保持しようとするが、結果的にはビットコインの価値を上げるだけに終わった。

現在のビットコインは匿名性は弱く、取引を完全に匿名で行われるのは難しいはずです。この先、匿名暗号通貨に備わっている機能が追加されるなどして変わっていくのでしょうか。

 

経済成長率はマイナス2パーセント

もしあなたが0.01BTC以上持っていれば、そのお金には手を付けないだろう。

0.01BTCあれば一生困らないと誰もが考えている私の時代には経済成長がない。

それは、資産が金(ゴールド)で測られていた中世に、目立った経済成長が無かったのと同じである。

常にインフレが続いていれば、働き続けなければ自分の持つ資産の価値がどんどん下がっていきます。
今の時代のような大幅な経済成長は見込めなくなるということでしょうか。想像できません。

ビットコイン長者は自身の身元を変えなければならなくなる

ビットコイン長者は、自身の身元を変えなければならなくなる。

もう家族とも話せないし、友人も失った。

いつかビットコインは失敗するだろうと信じ続けていた人たちに起きる結末を知り、罪の意識を感じ、自殺した人間も何人かいる。

 

取り返しの付かない世の中になっている

どんな方法かは分からないが、この恐ろしいプロジェクト(ビットコイン)を今のうちに破壊する方法が必ずある。

これが難しいお願いであることは分かっている。なぜなら、あなた達は、経済を牛耳る中央銀行の支配を止めることで世の中が良くなると信じているから。

それでも、私は実際にこの目で、それがどんな結果につながるのかを見た。

 

ビットコインによって貧富の差が広がり、取り返しのつかない世の中になっている。
それを止めることができるのは、現代にいる君たちだ。と彼は投稿を締めています。

オカルト的な話ですし、話半分に一気に読んでしまいましたが、怖くもあり楽しみにもなり、ワクワクする文章でした!

(くりぷと(@CryptoBloger)さん、翻訳ありがとうございました)

 

この先10年、ビットコインがどうなるか

この投稿のように、ビットコインにより貧富の差が広がり、先の見えない不安を抱えた世界になってしまうのか。実際にはビットコインが失敗に終わり価値がなくなるかもしれませんし、政府による規制でまともに使えなくなってしまうかもしれません。

ただ、変わるとすれば、この先10年間(2027年)までには大きな変革が起きているんではないかと思います(๑•̀ㅁ•́๑)✧

この時代にブログというツールで仮想通貨の情報を発信できること、本当に幸せに感じています。これからビットコイン、あるいは仮想通貨全体がどうなるのか非常に楽しみです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です