仮想通貨を始める方に読んでほしい記事

【10/17】「SWELL by Rippleの2日目のスケジュール」「ロシアが政府発行の仮想通貨を発表」など

こんばんは!(๑•̀ㅁ•́๑)✧

本日も今日昨日のニュースを、おさらいを兼ねてざっくりと紹介していきます!

その前に、日本時間で18日の1:30からリップル主催の国際会議「SWELL」2日目が始まりますので、まずはそのスケジュールからご紹介いたします!

 

SWELL 2日目のスケジュール(日本時間)

2日目は、イーサリウムの創業者であるビタリック氏、
日本企業であるSBI三菱UFJの登壇が目玉です!もしかすると日本関連の話題も出てくるのではないでしょうか•̀.̫•́✧

18日 1:30〜2:30


WEBの今後について
WWW(World Wide Web)考案のティム・バーナーズ・リー氏

18日 3:00〜3:45


新しい決済システムの成長について
参加企業:McKinsey&Company、dLocal、Cambridge Global Payments、UAE Exchange

18日 4:00〜4:45


銀行がリップルを採用した事例の結果について
参加企業:三菱UFJ、SBI Remit、サンタンデール銀行、スカンジナビア・エンスキルダ銀行、イエス銀行、Ripple

18日 5:00〜6:00


ブロックチェーンの将来について
参加企業:Coindesk、Hyperledger Project、VITALIK BUTERIN(イーサリアム創業者)

18日 6:00〜8:00

ハッピーアワー(HAPPY HOUR)

(参考:https://swell.ripple.com/agenda/

 

リップル(Ripple)主催のカンファレンス「SWELL」が国内のニュース番組で報道

本日、TBSの番組「Nスタ」のニュース内でリップル主催カンファレンス「SWELL」が取り上げられました!!( ´∀`)

ただ、でかでかと右上に「警告」の文字があります…笑

「仮想通貨に北朝鮮の急成長市場に警戒」とあるので、北朝鮮絡みのニュースついでに取り上げられたんだと思いますが、ネガティブな情報と一緒に扱われると「仮想通貨=警戒」に繋がりかねないのでやめてほしいですね(☍﹏⁰)

 

ロシア政府が仮想通貨「CryptoRuble」の発行を発表

(参考:https://cointelegraph.com/news/breaking-russia-issuing-cryptoruble

 

ロシア政府が公式に仮想通貨「CryptoRuble」の発行を発表しました!

ロシアの法定通貨ルーブルと同じく、ロシアで発行・管理・維持され、法定通貨と交換も可能になります。

ロシアの通信情報大臣ニコライ・ニキフォロフ氏は、

「CryptoRubleを発行する理由は、我々が今発行しなければ2ヶ月後にユーラシア経済共同体が発行すると予想されるからである」

とコメントしています。今後、政府単位で仮想通貨の発行が進んでいく流れが進んでいくのでしょうか•̀.̫•́✧

そうなると、国家間での通貨のやり取りにブリッジ通貨が必要になりそうですが、リップル(XRP)がここに食い込めたらバク上げ…?ʕº̫͡ºʔ

 

ロシアはその他の仮想通貨を禁止するか?

 

また、ロシアでは仮想通貨を全面禁止にするのではないかと噂されていますが、

正式には仮想通貨の取締については発表されていません。

今回発表した「CryptoRuble」の発行により、他の通貨を排除する可能性は十分にあると考えます。

そうすると、ビットコインやイーサリウムなどの世界共通のデジタル通貨は入り込めなくなりますが、ロシア国内でのキャッシュレス化は間違いなく「CryptoRuble」で急速に進むと思われます。

 

リップルベースの個人向け決済用仮想通貨「ステラ(Stellar)」が、IBM・KlickExと提携


仮想通貨「ステラ(Stellar)」は、リップルの初期開発メンバーであり、マウントゴックスの創設者であるジェド・マケーレブ氏が中心になって開発されたリップルベースの個人向け決済用仮想通貨です。

その「ステラ(Stellar)」が、リップルの会議「SWELL」開催中であるこのタイミングで、「IBM」「KlickEX」との提携を発表しました!

提携発表後、ステラの取引量が増加し、価格も高騰しています。

リップル(XRP)と比べても、時価総額が非常に低い仮想通貨ですので、伸び幅でみるとリップル以上かもしれませんね•̀.̫•́✧

 

それでは、1:30〜翌朝までの「SWELL」を楽しみにしながら横になります!おやすみなさい(๑•̀ㅁ•́๑)✧

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です