仮想通貨を始める方に読んでほしい記事

【BTG】ビットコインが分裂してビットコインゴールドが誕生!個人でもマイニング(採掘)に参入しやすくなる

10月も中盤にさしかかり、11月にビットコインの分裂(ハードフォーク)が行われることが話題になっています。

ハードフォークといえば、8月には、ビットコインが分裂してビットコインキャッシュ(BCH)が誕生しましたね!( ´∀`)

分裂騒動が収束し、安心感からかビットコインの価格も50万円近くまで伸びていましたが、実は8月に行われる予定だった分裂騒動は7月末から11月に先延ばしされていたんです。

まずは「ビットコインゴールド」について

f:id:nomad-btc:20171008094047p:plain

本記事では10月25日に登場する「ビットコインゴールド」について整理し、「SegWit2x」に関しては別記事で。

ハードフォークに関してはどうしても複雑な内容になりますので、なるべく技術的なことは置いといて、超カンタンにざっくりとまとめていきたいと思います。

それでは「ビットコインゴールド」について見ていきましょう!

 

分裂するとビットコインは4種類になる

確定ではありませんが、

10月25日には「ビットコインゴールド」、11月には「ビットコインSegWit2x」が誕生するといわれています😳

  1. ビットコイン
  2. ビットコインキャッシュ
  3. ビットコインゴールド
  4. ビットコインSefWit2x(仮)

もし仮にすべてのハードフォークが済んだ後には、ビットコイン系の通貨が4種類になります😲

たくさんあってややこしくなりますね(´・ω・`)

8月に起きたビットコイン分裂騒動の経緯

そもそも8月になって起きた分裂騒動は、どうして始まったのでしょう。

ビットコインはここ最近になって取引量が増えたことで、処理能力が遅かったり、送金に時間がかかるなどの問題を抱えていました。

そこでその問題を解決するために、

  • SegWitによって処理能力の向上をする「SegWit案」
  • ブロックサイズを現在の1MBから2MBへ引き上げる「ビッグブロック案」

の2つの案が発案されました。

どちらもビットコインの性能をアップデートするための案ですが、その双方で対立して揉めていたんですね。

8月にビットコインキャッシュの誕生がありましたが、本来の目的であるSegWit2x分裂は11月に見送りされています。

ハードフォークとは?

f:id:nomad-btc:20171008222649j:plain

そもそもハードフォークとは何なのでしょうか。

ハードフォークは、互換性を失いコインの性能をアップデートする方法で、1つのコインが2つに分かれることを指します。

  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリウムクラシック(ETC)

などはそれぞれ

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリウム(ETH)

からハードフォークされて出来た仮想通貨です。

0から通貨が発生するわけではなく、現行のその通貨の価値も分散します。

ハードフォーク前後は大きな価格変動が予想されるため、仮想通貨トレードをする際は気をつけなければなりません。

4つのビットコインの比較

f:id:nomad-btc:20171008095321j:plain

Another Fork? Bitcoin Gold Project Plans to Fork Bitcoin Next Month – Bitcoin News

4つのビットコインの発行枚数はそれぞれ2100万枚で、合計で8400万枚になります。

枚数が少ないと1枚あたりの価値があまりに高くなりすぎてしまうので、私は枚数が増えてきたことは良いことだと思っています( ´∀`)

PoWのタイプの違い

ビットコインゴールドの大きな特徴は、PoWのタイプがASICではなく、GPUを使えることです。ZCashのEquihashというアルゴリズムを使い、これを実現させました。

Pow(Proof of Work)とは

プルーフ・オブ・ワークのことです。

ビットコインは、利用する人たちが不正を監視するために、コンピュータの計算を使ってマイニング(不正かどうかのチェック)しています。この採掘をするための方式のことを指します。

ビットコインゴールドではマイニング(採掘)のハードルが下がる

これまで、ビットコインのマイニングは採掘機「ASIC」を用意する必要があり、準備と資金を必要としていました。

ビットコインゴールドは、画像処理に使われるGPUでマイニングができるため、難易度がかなり下がることになります。

GPUは個人のスマホやパソコンに搭載

f:id:nomad-btc:20170919214953p:plain

GPUって、聞いたことありませんか?

GPUは、個人のパソコンやスマートフォンなどにも搭載されていて、幅広く普及しているものです。

これまではASIC採掘機を使い、世界中の資本がある人達が大きな向上やコンピュータを使ってマイニングをしていました。

ビットコインゴールドでは、個人でもマイニングすることがカンタンになるので、マイニングをする人が増えていくのではないでしょうか。

一部の人達に集中していたマイニングを、もっと多くの人にできるようにと作られたのが、ビットコインゴールドなんですね。

ビットコインゴールドはどうやって手に入れる?

f:id:nomad-btc:20171008222812j:plain

ビットコインゴールドの特徴は分かったけど、このビットコインゴールドはどうやって手に入れるのでしょうか?

ビットコインを手に入れるには、「ビットコイン」を保有することが必要です。

8月に誕生したビットコインキャッシュ(BCH)と同様で、ビットコインを保有している人が保有数に応じてビットコインゴールドがもらえるそうです。

  • コインチェック
  • bitFlyer
  • Bittrex

などの取引所は恐らくですが、対応してくると思います。

せっかくタダでビットコインゴールドが付与されるので、

今のうちに対応する取引所やウォレットにビットコインを保有しておきましょう!

次回:11月に起きる「SegWit2x分裂問題」

次回は、「SegWit2x」の分裂問題についてまとめたいと思います。

「ビットコインゴールド」よりもはるかに面倒で、大きな混乱になるかもしれない分裂になるかと思いますので、

カンタンにしつつもしっかりと説明していきますね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*´∀`*)

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。