仮想通貨を始める方に読んでほしい記事

三菱UFJ、仮想通貨「MUFGコイン」を初めて公開。自販機決済、割り勘機能も

三菱UFJフィナンシャル・グループが、家電の見本市「CEATEC JAPAN 2017」で、独自の仮想通貨「MUFGコイン」のデモンストレーションを披露しました!

MUFGコインは1円=1コインのブロックチェーン技術を用いた仮想通貨です。

MUFGコインは以下のような特徴があります。

  • 送金のコストが安い
  • 個人間送金ができるため、ワリカンに使える
  • 円⇛コインだけでなく、コイン⇛円に換えることもできる
  • QRコードで決済をする(指紋認証で本人確認)
  • 将来的には小数点以下の単位の活用も

口座間送金がしやすく、割り勘などがしやすいメリットがあります。今回、スマートフォンのアプリで送金したり、自販機の決済に使うシーンを公開していました。

 

専用アプリでは、コインの送金だけでなく、ワリカン機能も

f:id:nomad-btc:20171004220231j:plain

photo:日経テクノロジーオンライン

MUFGコインのアプリでは、

  • コインに交換/円に交換
  • コインを送る/もらう
  • 友達登録
  • ワリカン
  • 目的別口座/グループ別口座

のメニューがあり、コインの送金などはもちろん、サークル費などを管理する「グループ別口座」などの機能を使うこともできるようです。

 

MUFGコインで自動販売機の決済

f:id:nomad-btc:20171004220112j:plain

photo:日経テクノロジーオンライン

展示されていたのは、MUFGコインが使える自動販売機です。 スマートフォンの指紋認証機能で本人確認後、画面に表示されたQRコードを自販機にかざして決済する仕組みになっています。

個人間送金も可能で、コイン⇛円に換えることもできるため、電子マネーとくらべると非常に使い勝手が良いのではないでしょうか。

 

2017年度中にはグループ社員のうち約8万人が使えるように

MUFGによると、2017年度中にMUFGグループの半数以上の約8万人がMUFGコインを使えるようにする計画になっています。
オリンピックには間に合いそうですが、セキュリティの向上など課題があるとのことなので、一般公開までにはしばらく時間はかかりそうですね。

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。