仮想通貨を始める方に読んでほしい記事

Bittrex上場で価格が一時40倍になったカルダノカジノの「ADA(エイダ)コイン」は詐欺コイン?

10月2日にBittrexに上場し、一時は40倍にまで価格上昇したADAコイン(エイダコイン)ですが、ネット上では詐欺なのではないかとか、危ないとかいわれていますね。

ADAコインは実際のところどうなの?保有をしていない中立な私がADAコインについて調べてみました。

 

ADAコインとは

f:id:nomad-btc:20171003223923p:plain

発行日:2015年9月
名称:ADA
開発者:チャールズ・ホスキンソン
総発行枚数:630億枚
公式サイト:https://cardanofoundation.org

名前の由来は、19世紀に実在した世界初のプログラマーであり、プログラムの母といわれる「エイダ・ラブレス」からとられました。

ADAコインは、スマートコントラクト技術を使って、世界中の人々がカルダノというオンラインカジノをプレイすることができるようになるために作られたコインです。世界のカジノ市場は18兆円といわれていますから、流入すれば大きな市場になりそうです。

 

カルダノ・オンラインカジノのメリット

カルダノのオンラインカジノでは、ブロックチェーン技術が使われていて、運営側が利用者を騙すことができないように設計されているとのことです。

従来のオンラインカジノでは、運営側が有利となるルールになっていて、詐欺が横行しているんですね。ブロックチェーンによるフェアなカジノが実現できれば、多くのユーザーが安心して遊べるでしょう。

 

一時は40倍の価格に!時価総額も急伸

Bittrex上場後、ADAコインは一時は40倍以上の上昇を見せました。10月3日、時価総額は一気にLiskやZCashを追い抜いて15位です。

ただし、エイダコインは

  • 総発行枚数が630億
  • 保有するだけでどんどん枚数が増えていくPOS方式の採用

という特徴があります。正直、他の仮想通貨と比べた時価総額はあてにならないと思います。

 

「必ず儲かる」と勧誘されるセミナーやインターネット上の情報

ADAコインは詐欺ですか?知人がセミナーに参加し、胡散臭い投資話に熱中していま… – Yahoo!知恵袋

ADAコインは「今購入すれば必ず儲かる」という記載がインターネットで多数存在します。ネット上だけではなく、全国でセミナーが開かれていて、「10万円投資すると億万長者になれる」などと勧誘されるとする体験談が上がっています。

また、実際に返金され、詐欺コインであるといわれる「ノアコイン」の泉忠司氏がADAコインに関わっているため、詐欺であるといわれています。

 

ADAコインはチャールズ・ホスキンソンが開発

ADAコインは、イーサリウムを開発した天才数学者のチャールズ・ホスキンソンが開発に携わっています。ADAコインが注目されているのは、この人が関わっているからですね。

イーサリアムの開発者として知られるチャールズホスキンソンは、まぎれもなく天才です。何せ、わずか26歳という若さでビットコインの後継としても注目される画期的な仮想通貨を生み出し、なおかつ驚くほど短いスパンで世界中に浸透させてしまったのですから。その才能と実力は世界に名だたるIT界の巨人であるビル・ゲイツ氏も絶賛するほどです。ビットコインの弱点を補完する形で開発されたイーサリアムは、スマートコントラクトとよばれるテクノロジーを基軸とし、不正アクセスに強い仮想通貨として今この瞬間も着実にシェアを伸ばしています。

ビットコイン百科事典より

 

▼チャールズ・ホスキンソン氏が未来について語る映像です。(日本語字幕付き)

 

ADAコインは「詐欺」かどうか

ADAコインは、根拠の無い値上げを煽り、半ばグレーな勧誘方法で購入させる人もいたようなので、購入するには十分注意する必要はあります。

ただ、ADAコインは既にクラウドセールが終了していて、発行枚数の上限も決まった状態でBittrexに上場している通貨です。

今後は需要と供給のバランスで「市場の適正価格」に落ち着くかと思いますので、実際にADAコインが使われる場面(オンラインカジノ)でどれほど需要が出るか、実需が重要になってくると思います。

価格の上下はあるにせよ、きちんとした取引所で購入する分には「はめ込まれてお金を騙しとられた」ということはありません。

 

買う前には慎重に検討するべき

ADAコインは信用のある大手取引所Bittrexに上場しました。

ただし、上場したから「詐欺ではない」というわけではありませんし、当該コインを信じるのは危険です。詐欺コインが上場してしまう可能性は十分にありますので、買うときは慎重に検討したほうがいいでしょう。

 

参照:詐欺が疑われる仮想通貨(暗号通貨)への投資 前書き&目次 – Yahoo!知恵袋