仮想通貨を始める方に読んでほしい記事

ドバイ政府が独自の仮想通貨を発行!ドバイが世界初のブロックチェーン都市になる理由

ドバイ政府が近日中に、ブロックチェーン技術を使った独自の仮想通貨「emCash」を発表します。

導入されると、ドバイ国内では毎日のコーヒー代から子供の学費まで、様々な場面で「emCash」での支払いが可能になるそうです。 羨ましい、ドバイに住みたくなります・・・!

ドバイは世界で最も進んだテクノロジー都市

ところで、実はドバイは以前からブロックチェーンやインターネット化において進んでいる国だったことはご存知でしょうか?

ドバイは、3DプリンターからIoT分野、政府のインターネット化など、テクノロジーが世界の中でも進んだ国なのです。

今回はドバイの取り組みについてご紹介いたします。

脱・石油化を進めるドバイ

f:id:nomad-btc:20171002212327j:plain

http://free-photos.gatag.net/2013/10/20/220000.html 

オイルマネーで潤う中東の国の一つであるドバイですが、ドバイでは、「石油が枯渇する」ことを想定し、「脱・石油」を目指してさまざまな動きを見せてきました。

STEP 1:スマートシティ構想

そのうちの1つが「スマートシティ」です。都市全体をICTインフラで整備して、あらゆる情報をインターネット上で利用できる「スマートシティ」化を勧めています。

その取り組みとして、ドバイ政府は2001年にポータルサイトを立ち上げて、政府の電子化に踏み出しました。会社の設立や選挙の投票など、オンラインで済ませることができるようになります。

STEP 2:ドバイ・スマート政府・イニシアチブ

2015年には、「ドバイ・スマート政府・イニシアチブ」を発足しました。

電子政府化をさらに勧め、24時間365日、スマートフォンやタブレットから政府と国民をインターネットで結ぶ取り組みです。

●政府への苦情を「eComplain」

●政府各局への問い合わせは「AskDubai」

●政府のモバイル決済ポータル「mPay」

●政府関連の支払いが可能な「ePayment」

スマート政府として、政府関係の情報配信などは完全にペーパーレス化を実現しました。

世界を見ても、ドバイほどいち早くペーパーレス化に取り組んでいた国は無いんじゃないでしょうか?

STEP 3:スマート・ドバイ・イニシアチブ

そしてドバイは、ドバイ国民に対してのサービスだけでなく、あらゆる面での世界一のスマートシティとすることを目指します。

ドバイに観光にくる観光客や渡航者もあらゆるサービスがインターネットで利用できることを目標としています。

「スマート・ドバイ・イニシアチブ」の一つには、ブロックチェーン化も掲げられています。

昨年、ドバイのハムダン・ビン・モハメド・ビン・ラーシド・アル・マクトゥーム皇太子(長い!)は、ドバイ政府の公文書を2020年までにすべてブロックチェーンを用いたシステムに移行する声明を出しました。

ハムダン皇太子の声明によれば、ドバイのブロックチェーン戦略は「政府の効率化」「産業の創出」「国際的なリーダーシップ」の3本の矢の上に構築されている。スマートシティを推進する上では、都市部の経済活動を活性化するとともに、ドキュメントの管理を完全電子化することで行政の効率化を図る。

グローバル・ブロックチェーン・コンシル(GBC)の注目する7つの分野

ドバイでは、IBMやエリクソンなどグローバルIT企業がメンバーに名を連ねたグローバル・ブロックチェーン・コンシル(GBC)というプロジェクトがあります。

ブロックチェーンの利点である半永久的な保存性(改ざんができない)に注目し、金融以外のぶんやでも、ブロックチェーンを広めていく計画です。

主に、以下の分野で活用しようと取り組まれています。

  1. 健康管理
  2. ダイアモンド取引の安全管理
  3. 財産所有権の転移
  4. 企業登録
  5. 電子遺言書
  6. 観光契約
  7. 運送向上

観光分野でも!「ドバイポイント」の展開

観光分野では、観光で訪れた人々向けにブロックチェーンとスマートコントラクトを使ったポイントを付与するサービスを展開するそうです。

観光客のスマホとアプリを利用して、年齢、場所、行動、その他データをもとに、ポイントを付与したり引き換えたりすることができるようです。

お金持ちの国「ドバイ」の今後の模索

f:id:nomad-btc:20171002213909j:plain

http://free-photos.gatag.net/

先述の通り、石油の枯渇問題から、ドバイは、金融・観光・流通大国としての立国を目指しています。金融分野だけでなく、その他の非金融分野でも活用できるブロックチェーン技術にいち早く取り組んでいます。

また、ドバイは外国人の数が多く、全体の80%以上が外国人です。ブロックチェーンを活用して外国人ビザの管理ができれば、行政の効率化を飛躍的に進めることができるでしょう。

私もドバイに移住したいです・・・お金持ちでないと住めないというのは本当でしょうか。

参考:

 Dubai to Launch a State Issued Blockchain Based Digital Currency

世界初のブロックチェーン都市に生まれ変わるドバイ 2020年完了目指す – エキサイトニュース