仮想通貨を始める方に読んでほしい記事

【9月29日】金融庁が「仮想通貨交換業者」登録リストを発表。11社が登録、17社は継続審査中

金融庁が9月29日、仮想通貨と法定通貨との交換サービスを行う仮想通貨交換業者として11社を登録したことを発表しました。

10月1日より日本の取引所登録制度が施行されるため、それに合わせたタイミングになります。

 

取引所登録制度とは?

今年の春に改正資金決済法で仮想通貨についての法整備がされた際、仮想通貨取引所が登録制になりました。

仮想通貨の交換業を行う業者は、金融庁による審査・登録がされないと、仮想通貨交換業の継続ができなくなると決まったため、各取引所が金融庁へ審査の申請をしていました。

そのタイムリミットが「10月1日」であり、
今回はそれにあわせて発表した形になります。

今回登録された11社の「仮想通貨交換業者」一覧

今回登録された11社は以下の通りです。

f:id:nomad-btc:20170929204716p:plain

●マネーパートナーズ(新規)
●QUOINE
●bitFlyer
●ビットバンク
●SBIバーチャル・カレンシーズ(新規)
●GMOコイン
●ビットトレード
●BTCボックス
●ビットポイントジャパン
●フィスコ仮想通貨取引所
●テックビューロ

11社の中にはビットフライヤー、テックビューロ(Zaif)、GMOコイン株式会社が入っている他、オープン前のSBIバーチャル・カレンシーズが入っています。

人気取引所コインチェック(coincheck)はどうなった?

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

今回登録された11社の中には、取り扱い通貨の多い人気の取引所「コインチェック(coincheck)」がありませんでした。まだ継続審査中の17社に入っているとのことなのですが、10月1日以降の取引所運営はどうなるのでしょうか?

2ヶ月間は「みなし仮想通貨交換業者」として運営できる

2017年9月中に登録申請書を提出した「みなし仮想通貨交換業者」は、原則として申請を提出して以降、さらに2ヶ月間「みなし仮想通貨交換業者」としての運営が可能となります。9月末までに申請の結果が開示されなかった場合においても、10月以降の運営は通常通りとなりますため、引き続きご贔屓のほど、宜しくお願い申し上げます。

また、Coincheckサービスでは多数の通貨を取り扱っております関係上、比較的審査に時間を要する場合がございます。
コインチェックより)

実は、今回の取引所登録制度には猶予があります。

コインチェックは9月中に登録申請書を提出しているため、2ヶ月間「みなし仮想通貨交換業者」として運営が継続できます。コインチェックは取り扱うアルトコインの種類が多いため、審査に時間がかかっているそうです!

コインチェックの代表取締役の和田氏もTwitterでこうコメントしています。

 

日本のICO規制についての動きにも注目

仮想通貨の仕組みを使って資金調達をするICO(イニシャル・コイン・オファリング)も急増しているが、中国人民銀行がICOを全面禁止する一方、米国やシンガポールはルール作りに乗り出すなど各国対応に追われているのが現状。国内では今後判断をしていくことになる。
Bloombergより)

残り17社の審査に関しても気になりますが、ここ最近の各国のICOに対する規制に対して日本がどう判断するのかも注目すべき点でしょう。特に日本の対応によっては、中国や韓国以上に価格に影響が出る気がします・・・

参照元:http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf