仮想通貨を始める方に読んでほしい記事

【レビュー】iOS 11で生まれ変わったiPad Proは、もやはただの"大きなiPhone"ではなくなった

Appleは今月、iPhoneとiPad向けに「iOS 11」をリリースしました。

「iOS 11」では、刷新されたコントロールセンターやAppStoreの新しいデザインなど、iPhoneでもたくさんの要素が変更されました。しかし、「iOS 11」の本領発揮は「iPad Pro」であり、もはやiOS10以前のiPadとは完全に別物となっています。

 

macOSのようにな「Dock」が搭載

f:id:nomad-btc:20170925211623p:plain

iOS11では、ホーム画面の下に並べられる アプリやフォルダの最大数が増加しました。アイコンは個数が増えるにあわせてサイズが小さくなる仕様で、最大15個(+最近使ったアプリ3個とHandoffに対応したアプリ)を設置することができるようになりました。

画像にあるように、アプリを開いた常態で下からスワイプすると「Dock」が表示されるようになりました。この状態で、開きたいアプリをタップしながらドラッグすると、すぐに違うアプリを開くことができます。これが本当に便利です!

Appスイッチャーとコントロールセンターが統合

f:id:nomad-btc:20170925212151p:plain

更に上にスワイプすると、Appスイッチャーとコントロールセンターが同時に表示された画面に移ります。これまではホームボタンを2回クリックしてAppスイッチャーを表示し、切り替えるアプリを選んでいたわけですが、これからはスワイプ操作のみでアプリを切り替えられます。ホームボタンはもう必要ありませんね!

ちなみにこの画面は、ホームボタンの2回クリックや4本指でスワイプアップのジェスチャーでも表示できます。

アプリ間のデータの受け渡しがカンタンに

f:id:nomad-btc:20170925212955p:plain

これまでのiPadにも、アプリを起動中に別のアプリを起動する「Slide Over」と、画面を分割して2つのアプリを表示する「Split View」機能がありました。iOS11では、この機能が更に強化されています。これらの機能を使っているときに、ドラッグ&ドロップをしてアプリ間でデータを受け渡すことができるようになりました。

f:id:nomad-btc:20170925213527p:plain

例えば、Twitterのツイート画面にSafariからURLを受け渡したり、メモ帳アプリに必要な画像やURLをコピーしたり、これまでは手間がかかる作業だったことがカンタンにできるようになりました。

ApplePencilの新機能「ロック画面でタッチしてメモを起動」

f:id:nomad-btc:20170925215841p:plain

ApplePencilでロック画面をタッチすると、メモが起動する「インスタントメモ」という機能が搭載されました。とっさにメモしたいときや、書き留めたいときにわざわざホーム画面からメモアプリを開いて・・・としなくて良くなるのは便利ですね!

とは書きつつ、私はまだApplePencilを持っていないので、近々購入しようかなと思っています。購入したらレビューしてみます(*^^*)

「Quick Typeキーボード」で切り替えなしでも数字や記号を入力

f:id:nomad-btc:20170925220011p:plain

「Quick Type」キーボードを使うことで、キーボードの切り替えなしでも数字や記号が入力できるようになりました。例えば「e」のキーの上に「3」がうっすらと見えていますが、「e」のキーをタップしながら下スワイプすることで「3」が入力できます。

iOS11がインストールできる端末

●すべてのiPad Pro

●iPad Air

●iPad Air 2、

●iPad(第5世代)

●iPad mini 2以降

●iPhone 5s以降(5cは含まない)

●iPod touch(第6世代)

ホームボタンはもう不要?スワイプだけですべての作業が完結

f:id:nomad-btc:20170925214603j:plain

iOS11に搭載されたDockや新しいAppスイッチャー兼コントロールセンターを使えば、ホーム画面に戻ることなく、作業や設定の変更、ウィジェットなどのすべてを下からのスワイプで完結することができます。

今回のiOS11と「iPad Pro」によって、iPadはよりラップトップに近いデバイスへと進化を遂げました。今後もAppleはiPadを仕事のツールとして完結できるような道筋を歩んでいくかと思います。「iOS 12」や「iOS 13」ではどんな変化を見せてくれるのか、楽しみです。