仮想通貨を始める方に読んでほしい記事

【VISA】ビットコインでチャージして買い物ができる「バンドルカード」の使い方まとめ

今回は、ビットコインでチャージして、買い物に使えるVISAプリペイドカードのアプリ「バンドルカード」をご紹介します。

 

アプリ上で登録するだけで「ビットコイン」でネットショッピングができる

この「バンドルカード」アプリを使えば、「現実のカードを発行しなくても」アプリ上で登録するだけでネットで使えるカード番号が発行できます。

アプリにはビットコインでチャージできるので、いつでもビットコインで買い物ができるというわけです。

実店舗でも使える

実際のカードとして実店舗で使いたい!という方は、実際のカードを300円で発行することもできます。

H.I.Sやビックカメラなどでビットコイン決済が普及してきていますが、まだまだ使えないお店が多いのも現実です。「バンドルカード」を使って試しにビットコインでショッピングしてみませんか?

「バンドルカード」登録方法

まずはアプリをインストールし、起動します。

▼アプリのインストール用リンク

 

f:id:nomad-btc:20170922205006p:plain f:id:nomad-btc:20170922205130p:plain

「アカウントを登録」をタップして、「ユーザーID」「パスワード」「招待コード」を入力します。

f:id:nomad-btc:20170922205724p:plain f:id:nomad-btc:20170922210014p:plain

招待コードは入力してもしなくてもどちらでもOKです。

もし良ければ招待コード8dp3emをお使いください。

入力したら「次へ」をタップします。

f:id:nomad-btc:20170922210111p:plain f:id:nomad-btc:20170922210148p:plain

「生年月日」「(未成年の場合は)保護者の同意を得ているかのチェック」「性別」を入力して「次へ」をタップしましょう。

次の画面で「電話番号」を入力すると、SMSで認証コードが送られてきます。

f:id:nomad-btc:20170922210458p:plain f:id:nomad-btc:20170922211605p:plain

SMSの認証番号を入力したら、入力内容の確認画面に進みます。

内容を確認後、「利用規約に同意します」にチェックを入れて「登録」ボタンを押します。

登録ができたらバンドルカードを作成する

登録が完了したら、早速バンドルカードを作成してみましょう。

カードの作成は1分もあればできます。

f:id:nomad-btc:20170922211828p:plain f:id:nomad-btc:20170922211852p:plain

「バンドルカードを無料発行」を選び、「発行する」をタップします。

f:id:nomad-btc:20170922212015p:plain f:id:nomad-btc:20170922212044p:plain

発行ができたら、実際にビットコインからチャージしてみましょう。

ビットコインの他に、ケータイ払いやコンビニでもチャージ可能

f:id:nomad-btc:20170922212149p:plain f:id:nomad-btc:20170922212253p:plain

ビットコインでのチャージは「coincheck」か「直接アドレスに送信」を選ぶことができます。

ビットコインの他に、以下の方法でチャージすることができます。

  • コンビニ
  • クレジットカード
  • ドコモのケータイ払い
  • ネット銀行
  • 銀行ATM
  • ギフトコード

リアルカードはどこで使える?

バーチャルカードではインターネット上のショッピングに使うことができますが、リアルカードを発行する(300円)と実店舗でも使えるようになります。 コンビニやスーパー、飲食店などで使いたい場合はリアルカードも一緒に発行しておくといいでしょう。

発行手続きから到着には数週間かかります。

また、ガソリンスタンドや保険料の支払い、公共料金などでは利用できませんので、ご注意ください。