いまさら聞けない仮想通貨投資の始め方

【XVG】匿名系の仮想通貨Verge(ヴァージ)の特徴、将来性、買い方を解説。レイス・プロトコル実装に期待

本記事では匿名通貨の「Verge(ヴァージ)」をご紹介します。匿名系の通貨の中でも今一番勢いのある(と私が思っている)Verge。価格も10倍以上に高騰し、非常に注目されているVergeの特徴・買い方などをご紹介します。

Verge(XVG)を買うなら
BINANCE(バイナンス)

Verge(ヴァージ)はプライバシー保護の暗号通貨

Verge(ヴァージ)は、匿名系の暗号通貨の1つです。

ビットコインなど多くの仮想通貨は、全ての決済情報をブロックチェーン上に記録しており、誰もがその中身を確認することができます。

全ての取引情報がオープンであることは「改ざん」や「不正」が不可能であることがメリットなのですが、一方で、取引の透明性がかえってプライバシーの問題を引き起こす危険もあります。

私たちが誰かに送金をした場合、送金先アドレスを辿っていけば、送金履歴を全て確認することができ資産の全容を把握することができてしまいます。

企業が使う場合も、悪意ある第三者や敵対企業から資産の動きをカンタンに見られてしまうため、「オープン」である通貨は使いづらいですよね。

Vergeは「オープンな取引」「完全な送金履歴の秘匿」を両立

いわゆる「匿名通貨」はその問題を解決します。

「ZCash(ジーキャッシュ)」
「Dash(ダッシュ)」
「Monero(モネロ)」

などの匿名通貨は、それぞれ独自の技術を使って、利用者のプライバシー保護(送金履歴を辿れない)に取り組んできました。

今回紹介する「Verge(ヴァージ)」も秘匿性を重視する通貨なのですが、Vergeがこれらの通貨と違う最大の特徴は、

「オープンな取引」
「完全な送金履歴の秘匿」
この両方を1つのブロックチェーン上で切り替えられることです。

Verge(XVG)の目玉機能レイス・プロトコル

Verge(XVG)が期待されている最大の目玉機能が『レイス・プロトコル』。

レイス・プロトコルによって、ユーザーが『オープン台帳』を使うか『プライベート台帳』を使うかを取引ごとに選択できるようになります。

『オープン台帳』で取引すると送金用のアドレスは公開されますが、TorによりユーザーのIPアドレスは保護されます。

毎日の買い物、会計管理などの『取引の透明性が必要』な場合はオープン台帳プライバシーを守りたいときはプライベート台帳、というふうに使い分けができるんですね(๑•̀ㅂ•́)و✧

匿名性強化にはTOR・i2Pを採用

公式サイトにはこのように書いています。

Vergeとはプライバシー重視の人向けの分散化された暗号通貨です。プライバシーのために複数匿名ネットワーク、TORやi2Pなど採用しています。そして安全性を支えるとマイナーにコインの公平な分配を確保するために、5つのアルゴリズムを採用しています。

Vargeは匿名性を守るために、TORやi2P技術を採用している

と書いてあります。

TOR(トーア)とは

Tor(トーア、英語: The Onion Router)とは、TCP/IPにおける接続経路の匿名化を実現するための規格、及びそのリファレンス実装であるソフトウェアの名称であり、P2P技術を利用したSOCKSプロキシとして動作する。

Torという名称は、オリジナルのソフトウェア開発プロジェクトの名称である「The Onion Router」の頭文字を取ったものである。

 

Torは主として接続経路を匿名化するものであり、通信内容を秘匿するものではない。

Torでは経路の中間に限り一応の暗号化を行っているが、経路の末端では暗号化が行われていない。

 

通信内容の秘匿まで行う場合は、TLSなど(HTTPSやSMTP over SSLなど)を用いて、別途暗号化を行う必要がある。

 

Tor – Wikipediaより

難しいですね。

要するに、ネットワークの送信先と発信元を隠し、取引内容が「誰のものか」を分からないようにする。

こんなところです。。本当にざっくりと。

Torについての詳しい記事はこちらからどうぞ!

参考

匿名通信システム「Tor」を使うのに知っておくべき7つのことGigazine

i2Pとは

I2P(The Invisible Internet Project: 「不可視インターネットプロジェクト」)とは、コンピュータネットワークによる通信の始点と終点を匿名化し、さらに端点間の通信内容も暗号化するという方法で匿名化されたネットワークを構成するソフトウェア、およびプロトコルの名称である。

 

I2Pにおける通信では端点は暗号化された識別子(公開鍵暗号の鍵ペアにもとづく)によってネットワーク上で一意に識別される。

TCP/IPによる通信がホスト名(IPアドレス)とポート番号によって一意に識別される事と似ている。

このI2Pの端点識別子からはIPアドレスを知る事ができないため、ネットワークの利用者、サービス提供者ともに匿名での通信が可能になっている。

 

I2PTunnelを利用する事で、IPアドレスを公開する事なくWWWサーバやIRCサーバを提供する事ができ、利用者側もIPアドレスを秘匿してサービスを受ける事ができる。

 

i2P – Wikipediaより

Tor(トーア)でネットワークの送信先と発信元を隠し、IPプロコトルを匿名化する。

この2つの技術を使ってVergeは匿名性を向上させています。

送金スピードが速く、同時処理能力も今後改善

ビットコインなどの仮想通貨を日常生活で使うとしましょう。

レジでの決済スピードに時間が掛かるような代物だと、使い物になりませんよね?

実は、ビットコインをはじめとする多くの通貨がこの「決済スピード」問題を抱えています。

混雑状況によりますが、ビットコインだと送金完了までに「数十分〜数時間」かかるといわれます。

ですが、大丈夫です。

Vergeは決済スピードが速く、数秒〜数分で完了します。

同時処理能力の問題

また、ビットコインなどの仮想通貨の基盤である「ブロックチェーン」は、世界中の数多くの利用者の決済を同時に処理することが難しい問題も抱えています。

今後、キャッシュレス化が世界中で進み、本格的に仮想通貨が普及することになれば、この問題は今以上に表面化してくるでしょう。

でも安心してください。

Vergeは今後のアップデートで処理能力の大幅な改善を予定しており、

「いつでも」
「どこでも」
「カンタンに」
使える

これらの仮想通貨のメリットを失いません。

Vergeの思想に共感したコミュニティで成り立っている

Vergeは特定の営利団体や国家の政治的な圧力に左右されず、

世界中の誰もが使える自由な仮想通貨を目指しています。

この思想に共感したボランティアによって成り立ち、開発費用もVergeファンの募金によって賄われています。

有志によって生まれた公式キャラクター「バージリスク」君も、Vergeが愛されている証拠の1つですね。

Verge(XVG)を買える取引所

Verge(XVG)は2017年12月現在、国内の取引所で買うことはできません。

海外取引所を使うことになりますが、おすすめはBINANCE(バイナンス)。

日本語に対応しており、手数料もBittrexなどに比べて低いので、ここ最近日本でもBINANCE(バイナンス)を利用する人が増えてきています(๑•̀ㅂ•́)و✧

Binanceの特徴
  • 海外取引所で唯一日本語に対応している
  • 取引手数料が激安の0.1%(独自トークンBNBを使うと0.05%)
  • ビットコインの分裂コインへの対応が速い
  • 取扱いコインが豊富

BINANCEではまだ国内取引所で扱っていない『お宝コイン』を探すこともできます。

登録方法

登録画面から以下項目を入力し、「Please slide to verify」をクリックしながらスライドします。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • パスワード(確認)

表示される文字を入力して、「Submit」、「登録」をクリックします。

文字が読めない場合は隣の矢印ボタンをクリックすると別の文字列になりますよ!

入力したメールアドレスに確認メールが送信されます。

こんなメールが届くので、「Verify Email」をクリックします。

これで登録完了です!数分でできますね(๑•̀ㅁ•́๑)✧

「ログイン」をクリックして、BINANCE(バイナンス)の初期画面に進みましょう。

2段階認証の画面が表示されます。

「Google」と「携帯SMS」で選ぶことができるのですが、残念ながら携帯認証は中国の携帯番号のみに対応とのこと。「Google」を選び、2段階認証を設定しましょう。

使い方は以下の記事でまとめているので参考にしてみてください。

Twitterで投げ銭する方法

TwitterでVerge(XVG)を投げ銭する方法!

coincheckなどから購入したビットコインをBittrexなどに送金し、Verge(XVG)を購入。

その後は以下の通り!ほらカンタン!

  1. 「@vergetips addres」とツイートして、自分のアドレスを確認
  2. 出てきたアドレスにBittrexなどの取引所から送金
  3. 「vergetips tip @おともだちのID 10」とツイートして投げ銭!(10のところに投げたいXVGの数を入れる)

VergeはiOS/AndroidのWalletアプリへの対応も済ませており、スマートフォンのアプリでも管理できます。

2017年12月に価格が高騰

(2017年12月17日追記)

Verge(XVG)の価格が高騰し、日本円6円以上に値上がりしています(๑•̀ㅂ•́)و✧

これまで評価が低かったVerge(XVG)ですが、12月中旬以降価格が高騰しています。

まだ国内では売買できる取引所が無いため、もし日本でも取引できるようになれば更に資金が流入してくるかもしれません。

Verge(XVG)は将来性に期待される通貨

仮想通貨は価格の上昇を期待して投機的に参加する人が多いと思います。

私も実際に、資産を増やす目的で仮想通貨をはじめました。

しかし、本来の意味「投資」(投機とは違う)は、投資先の商品や企業、あるいは仮想通貨の将来に期待してするものです。

そういう意味で、私は「Varge」の将来性に期待してます。

国境のない仮想通貨、いいじゃないですか。普及してほしい!(๑•̀ㅂ•́)و✧

Verge(XVG)を動画で知る

▼仮想通貨Vergeをカンタンに解説した動画を見つけたのでご紹介します。(追記)