仮想通貨を始める方に読んでほしい記事

国内の銀行連合が検討する新仮想通貨「Jコイン」とは? デビットカードや電子マネーとの違いまとめ

国内の銀行連合が、新仮想通貨「Jコイン」発行を検討

みずほ銀行、ゆうちょ銀行、地方銀行など70行が手を組んで新仮想通貨の「Jコイン」(仮称)の発行を検討していると報道されました。

現在ApplePayなどに現金を使わない決済データを握られていることに対する国内銀行連合の対抗策だということです。今回は、この新仮想通貨がどんな内容なのかについて調べてみました。

Jコインの特徴は・・・

  • ビットコインなどのように価格変動がなく、円と等価交換できる
  • 銀行口座の円をJコインに替えることで、スマートフォンを使ってお店で支払いが可能
  • 個人の間での代金の受け渡しが可能
  • 2020年の東京オリンピックまでに実現をめざす

従来のデビットカード、Suicaなどの電子マネーとの違いは?

正直なところ、既出の情報ではデビットカードや電子マネーとほとんど変わりません。電子マネーと違うのは、個人間で送金ができることくらいでしょうか。

銀行の送金手数料がかからないのであれば使いやすのではないでしょうか。

ビットコインなどの仮想通貨とは全く別物

私は、ビットコインなどの仮想通貨は国や地域を問わずに安い手数料で送金・支払いが可能であるところが魅力だと考えています。

ですので、日本国内でしか使えず、従来の電子マネーなどとそう変わらない「Jコイン」は仮想通貨というよりも、あくまで銀行間共通で使えるデジタルマネーなのかなと感じました。

とはいえ、大手銀行が介入して仮想通貨に対して積極的に動くことで、日本国内でのデジタル通貨への動きが加速するでしょう。

「Jコイン」が仮に本格的に普及すれば、飲み会などの場で「まとめて支払うので、後でJコインで送金して」というような光景が日常になるかもしれません。

動画:ANNニュース