仮想通貨を始める方に読んでほしい記事

JavaScript採用の「リスク(Lisk)」とは。SDK配布、Core 1.0リリース期待

今回は、コインチェックにも上場している仮想通貨『リスク(Lisk)』についてまとめてみます。

リスクは、2017年8月に一週間で4倍に高騰したことで、現在非常に注目されている通貨です。材料がたくさんありますので、今後も価格上昇が期待できるでしょう。

 

そもそもリスク(Lisk)ってどんな通貨?

リスク(Lisk)は、スマートコントラクトを実装した分散型アプリケーションのプラットフォーム通貨です。

スマートコントラストの実装のおかげで、LISK(通貨)の取引情報だけでなく、「契約情報」や「条件」などをブロックチェーンに記録して自動化することができます。金融機関や仲介者を介することなく自動取引を実現できるため、将来的に様々な分野で役立ちそうな機能の1つです。

同じくスマートコントラクト機能を持つイーサリウムにはない特徴もありますので、主な特徴をご紹介します。

特徴①『サイドチェーン』

リスクの大きな特徴として、サイドチェーン技術が挙げられます。

ビットコインやイーサリウムなどの仮想通貨では『ブロックチェーン』が使われていますが、リスクではメインのブロックチェーンとは別に、サイドチェーンと呼ばれるシステムが使われています。

このシステムのおかげで、ビットコインの課題であるスケーラビリティ問題の回避できるとされています。

特徴②『JavaScript』

2つめの特徴は開発言語に「JavaScript」が使われていることです。

プログラムの知識のない方でも、JavaScriptの名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。JavaScriptは、スマートフォンやパソコン、家電製品などあらゆる場面で使われていて、世界中に広く普及したプログラム言語です。

リスクはJavaScriptベースに開発ができるので、多くのエンジニアが開発に参加しやすいことが大きな特徴です。

特徴③「発行枚数に制限がない」

f:id:nomad-btc:20170912235443j:plain

ビットコインは2,100万BTCという枚数制限があり、決められた枚数が採掘されれば、それ以上の採掘はできません。従って、優れたCPUが開発されてビットコインが大量に採掘され、価値が大きく下がる心配もありません。

一方、リスクは発行枚数が無制限です。無制限ということは、どんどん発行されて通貨の価値が下がってしまう危険性があります。

しかし、リスクの発行枚数は毎年減少していて、1年目は5LISK/ブロック、2年目は4LISK/ブロック・・・と1年に1LISK/ブロックずつ減少し、5年目以降は1LISK/ブロックが報酬と、年々1ブロックあたりの報酬が減ります。心配されるような急激なインフレ(Lisk価値の減少)の心配はないでしょう。

2017年8月のLisk高騰の理由

f:id:nomad-btc:20170912235200p:plain

今回のLiskの高騰には、3つの要因が関連しているといわれています。

  1. 2017年9月のリブランディングとCore 1.0のアップデート期待
  2. 2017年12月のSDK(開発者用ツール)配布の発表
  3. インドの仮想通貨取引所で上場決定

リブランディング

f:id:nomad-btc:20170912235614j:plain

Liskは今後実施するリブランディングで、

ロゴ・ネーミング・デザインなどを大きく変更することを発表しました。

Liskという名前も変わるかもしれませんが、同じくリブランディングで名称変更をしたNEO(AntShares)は、NEOへ名称変更後に価格の高騰がありました。

Core 1.0のアップデート、SDK(開発者用ツール)の配布

現在バージョン0.9.9のLiskは、2017年9月中にバージョン1.0へのアップデートを行うとしています。このアップデートからLiskの将来(ビジョン)が見えるのではないかと思われます。

今後のLiskの値動きに注目!

Liskは2017年12月にSDK(開発者用ツール)を配布します。SDKが公開されれば、JavaScript開発者が挙ってLiskのアプリケーション開発に取り組むことが考えられ、さらなる高騰が期待できるでしょう。

下記のLiskの開発者へのインタビュー動画ではLiskについて更に詳しく説明しています。ぜひ御覧ください。