最大5万円キャッシュバック
IG証券ノックアウトオプション

MT5の使い方・初期設定方法を解説。MT5を使って外出先で快適にトレード

MT5はトレード専用プラットフォームMT4の後継として、世界中で使われています。iPhoneやAndroid用のスマホアプリも提供されており、MT5を使えば外出先でも快適にトレードができます。

この記事では、cryptogtのプラットフォームであるMT5の設定方法・使い方を解説します。

macOS版のアプリが無いのが残念ですが、MacでもWEBブラウザ版を利用することができます。登録してみたけどMT5の設定方法が分からない方は、この記事を参考にしてみてください。

MT5の初期設定方法

早速MT5の初期設定を進めてみましょう。

まず事前準備です。
cryptogtから届いている「口座開設」メールの確認MT5のアプリのインストールをしましょう。

口座開設メール

以下のようなメールが届いているか確認しましょう。(「Hatio Ltd」から送信されているはずです。)

アプリのインストール

アプリもインストールしておきます。

iPhone用、Android用がそれぞれリリースされています。

MetaTrader 5

MetaTrader 5
開発元:MetaQuotes Software Corp.
無料
posted withアプリーチ

MT5スマホアプリを開く

インストールしたMT5アプリを開きます。

上の画像のような画面になります。
この状態ではまだcryptogtのアカウントにログインできていませんので、下部「設定」ボタンをタップします。

MT5から作成した口座にログイン

設定タブを開いたら「新規口座」をタップしてcryptogtのアカウント設定をしましょう。

メニューを開いたら「既存の口座にログイン」をタップします。

どのサービスでログインするのか検索する画面です。
cryptogtは「HatioLtd」という会社が運営しているため、「Hatio」と入力すると途中で上記のように表示されるかと思います。

今回はデモ口座でなく「Live」を選びましょう。

ここでログインIDとパスワードを入力するのですが、ここでcryptogt(HatioLtd)から届いているメールを確認します。

Login IDを「ログイン」に、Passwordを「パスワード」に入力して右上サインインをタップします。

これでログイン完了です。
チャートの確認・資産の管理・トレードがこのアプリ1本で完結します。

MT5のチャート画面

チャート画面はこんな感じ。
上部メニューからインジケーターを表示させたり、数値をいじったりできますよ。

設定画面で言語設定やメッセージの確認などができます。

慣れるまで少し時間がかかりそうですが、これでcryptogtをスマホアプリでトレードできるようになりました。

Windows用アプリのほか、WEB(Mac)上でもMT5を利用することができます。

基本的には設定方法は同じです。
「Hatio Ltd」を検索し、メールに届いているIDとパスワードを入力するだけです。

MT5の使い方まとめ

先日、このようなアンケートを実施したのですが、やはり多くの方はスマホでトレードをしています。

要望が多かったスマホ対応によってcryptogtのユーザーが増えることに期待しています。

以上、cryptogtのMT5スマホアプリ設定方法についてでした。