CryptoGT(クリプトGT)の証拠金維持率、ロスカット基準と計算方法

2 min

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは、ポジション必要証拠金に対して占める純資産額の割合のことで、
「(純資産額-注文証拠金)÷ポジション必要証拠金×100」で算出します。
証拠金維持率が高いほどレバレッジリスクは低くなります。

DMMFX

CryptoGT(クリプトGT)でもその他の取引所でも、取引アプリをみると「証拠金維持率」という数字が表示されます。

証拠金維持率とは、保有しているポジションが口座の預け入れ資金に対してどれくらいの比率かを示す数字で、ロスカットを避けるために必ず見ておくべき部分です。

CryptoGT(クリプトGT)は証拠金維持率の数値が100%を下回るとロスカットとなり、現在の保有ポジションが強制的に決済されます。

そのため、証拠金維持率が100%を下回らないよう資金管理する必要があり、余裕を持った証拠金維持率でポジションをとることが大切です。

証拠金維持率の計算式

証拠金維持率=(有効証拠金−スプレッド×ロット数)÷必要証拠金×100

【例】ビットコイン100万円分の取引をする場合

ビットコインの価格が仮に100万円として、1BTCの取引をしたい場合、いくらの証拠金が必要かというと、

レバレッジ100倍の場合:100万円÷100(レバレッジ)=1万円
レバレッジ200倍の場合:100万円÷200(レバレッジ)=5000円
レバレッジ500倍の場合:100万円÷500(レバレッジ)=2000円

上記のような計算式で計算してみましょう。

CryptoGT(クリプトGT)では最大500倍までのレバレッジをかけて取引できるので、必要な証拠金をその分減らすことができます。

しかしながら、上記の必要証拠金と同額の証拠金を預け入れているとすると、証拠金維持率がちょうど100%となってしまうため、価格が少しでも動くとロスカットされてしまいます。

証拠金維持率が100%まで落ちてこないよう、なるべく余裕を持って証拠金を入金しておく必要があります。

CrypotGTのレバレッジを変更する

CryptoGT(クリプトGT)のMT5口座のレバレッジを変更するには、カスタマーサポートにメールを送る必要があります。

各MT5口座で1倍、10倍、25倍、100倍、200倍、500倍から設定できるので、メールする際は「○○の口座を○○に変更してほしい」という情報を含めて送信してください。

CryptoGT(クリプトGT)証拠金計算ツール

CryptoGT(クリプトGT)では必要証拠金、証拠金維持率、ロスカっと価格などを算出することができるツールを公開しています。

使いかたはかんたんで、以下の項目を入力することで計算できます。

  1. 証拠金として使用する金額
  2. 証拠金として使う通貨
  3. 取引する通貨ペア
  4. ポジションを保有するロット数
  5. レバレッジ倍率
  6. BUY(買い)かSELL(売り)か

入力が完了すると、以下の情報が計算されて表示されます。

証拠金計算ツール 入力例
証拠金計算ツール 入力例
  • 必要な証拠金
  • 証拠金−必要な証拠金
  • 証拠金維持率(100%を下回るとロスカット)
  • ロスカットされる価格の目安

入力例では、0.1BTCの証拠金で1BTCの買い(ロング)を入れた場合、どれくらいの証拠金が必要か、またロスカット価格はいくらかを計算してみました。

証拠金計算ツールではスプレッドは含まれていないので、ロスカットされる価格の目安はあくまで「目安」として参考程度に確認しましょう。

ポジションを保有する前にこのツールで確認しておけば、余裕を持った取引ができます。

スポンサーリンク
コインチェック

CryptoGTと他社の証拠金維持率のライン

証拠金維持率最大レバレッジ
CryptoGT(クリプトGT)100%以下500倍
BitMEX50%以下100倍
GMOコイン75%以下4倍
DMM Bitcoin50%以下4倍
ビットフライヤー50%4倍

仮想通貨FX各社の証拠金維持率(ロスカット基準)と最大レバレッジを比較しました。

CryptoGT(クリプトGT)は証拠金維持率のラインは厳しいのですが、他の取引所よりも高いレバレッジで取引できることや、またゼロカットシステムにより追証を負うリスクが無いことを考えると、余裕を持って証拠金を預け入れていれば他の取引所よりも使いやすいです。

カズト

カズト

大学を卒業後、クレジット・リース会社で法人営業を2年間→サイト運営で個人事業主として独立。暗号資産歴とサイト運営歴は3年目です。

ダイヤモンドZAiの仮想通貨特集掲載、コインテレグラフ寄稿、CryptoTimes主催イベント登壇、BITDAYS主催イベント登壇など

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事