CryptoGT(クリプトGT)のMT5口座凍結と口座維持手数料を回避する方法

1 min

CryptoGT 5月のキャンペーン!

CryptoGT 5月のキャンペーン
CryptoGT 5月のキャンペーン

CryptoGT(クリプトGT)では入金ボーナスキャンペーン、トレードキャンペーンを実施しています。

トレードを始めるときにキャンペーンを利用するか否かは後々ものすごく大きな差になります。
この機会ににどうぞ。

平素はCryptoGTをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、《トレードキャッシュキャンペーン》を実施いたしますのでお知らせいたします。

今回は新規でポジションを保有し、その後ポジション決済まで行ったお取引、合計5LOTからキャンペーンに参加できる内容となっており、取引量に応じてキャッシュバックをさせていただきます。

期間:2020年5月1日0:00(GMT+3)~2020年5月14日23:59(GMT+3)
            (日本時間: 2020年5月1日6:00~2020年5月15日5:59)

概要:上記期間中の対象通貨ペアの取引量に応じてキャッシュバック(申込制)。

対象通貨ペア:BTCJPY及びBTCUSDの取引のみ対象とします。

申込フォーム: https://forms.gle/iWD9Weftqffu25i87

 ※キャッシュバックを受け取るには別途申込を行っていただく必要がございます。上記申し込みフォームよりお申し込みいただきますようお願い申し上げます。

CryptoGT公式サイト

平素はCryptoGTをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、《入金30%ボーナスキャンペーン》を実施いたしますのでお知らせします。

入金回数に関わらずお受け取りいただけますので、ぜひともこの機会にご入金・お取引をご検討いただければ幸いです。

入金ボーナスにつきましてはトレーディングアカウント(MT5)へ資金移動を行っていただいた際に自動で付与させていただいております。

期間:2020年5月1日0:00~2020年5月10日23:59 (サーバータイム: GMT+3)
*日本時間5月1日6:00~5月11日5:59

内容:
期間中の入金(トレーディングアカウントへ資金移動)に対して30%のボーナス(クレジット)を付与いたします。

キャンペーン期間中の合計付与ボーナスの上限はございませんが、一回の入金(トレーディングアカウントへの資金移動)の際の付与させていただくボーナス(クレジット)の上限額は設定させていただいております。

CryptoGT公式サイト

CryptoGT(クリプトGT)では、90日以上MT5アカウントの利用がない場合、「アカウントアーカイブ」に移行されることとなっています。

アカウントアーカイブとは

MT5アカウントがアカウントアーカイブに移行されると、毎月10ドル相当額の口座維持手数料が発生し、復活させるにはカスタマーサポートに連絡する必要が生じます。講座維持手数料はMT5アカウントに残っている残高から差し引かれ、残高以上に発生しマイナスになることはありません。

口座維持手数料を回避するには

MT5アカウントが90日以上利用されないと「アカウントアーカイブ」に移行され、毎月10ドルの口座維持手数料が発生しますが、この口座維持手数料は「MT5アカウントから資金を抜いておく」ことで回避できます。

CryptoGT(クリプトGT)のマイページにログインし、TraderRoom内の「資金移動」から資金を「eWallet」に移動しましょう。正常に送金が完了しましたら、「資金移動は完了しました。」のメッセージが表示されます。

資金移動はリアルタイムには反映されませんが、遅くとも半日以内には反映されます。

アーカイブ後も再度有効化できる

カスタマーサポートに連絡をすれば、アーカイブされたMT5アカウントを再度有効化することができます。

アーカイブされた後にもカスタマーサポートにご連絡をいただければ、再度有効化し、ご利用いただくことが可能でございますため、ご安心くださいませ。 ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

jpsupport@cryptogt.com

(公式からのメールより)

CryptoGT(クリプトGT)の評判や使い方は次の記事で紹介しています。

カズト

カズト

大学を卒業後、クレジット・リース会社で法人営業を2年間→サイト運営で個人事業主として独立。暗号資産歴とサイト運営歴は3年目です。

ダイヤモンドZAiの仮想通貨特集掲載、コインテレグラフ寄稿、CryptoTimes主催イベント登壇、BITDAYS主催イベント登壇など

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事