最大5万円キャッシュバック
IG証券ノックアウトオプション

cryptogtとは?手数料やMT5の設定方法を徹底解説【cryptogt導入】

cryptogt

cryptogtは、ビットコインFXの取引所です。最近では、BNBやADAなど多様な種類のアルトコイン・為替に対応し、利便性に富んだ取引所です。この記事では、cryptogtの特徴や使い方について解説していきます。

BTCやXRPなどを証拠金に為替のFXができるようになったので、これまで仮想通貨に触れていなかったFX勢からの注目が集まることが期待されます。

この記事では、cryptogtの他の取引所と比較した特徴と、つまずきやすそうな導入方法を分かりやすく解説していきます。

cryptogtの評価
手数料
(3.0)
初心者向け
(3.5)
取引環境
(5.0)
取扱商品
(5.0)
人気
(4.0)
総合評価
(4.0)

cryptogt(クリプトGT)の特徴

設立2018年6月1日
レバレッジ最大200倍
手数料変動制
(相場急変時は高騰)
通貨ペア数仮想通貨:58ペア
為替:10ペア
商品:3種類
両建て可能
プラットフォームMT5
追証なし
新規口座開設即日(5分程度)
言語日本語に対応
サポート日本語でチャット対応
メールサポートも有
cryptogt

cryptogtのメリット・デメリットは次の通りです。

メリット
  • トレードプラットフォームMT5に対応
  • 追証(借金リスク)なし
  • 日本語に対応、サポートも日本語でOK
  • 最大200倍のレバレッジをかけられる
  • USDTを証拠金にトレードできる
  • 為替や指数の取引もできる
  • 1年間の出金実績がある
デメリット
  • スプレッドが広がることがある

cryptogtはUSDT(≒米ドル)を証拠金に取引できるのが個人的に最大の魅力だと感じています。BTCFXにはbitmexを使っている人が多いですが、bitmexはビットコインの入出金にのみ対応しているので、下げトレンドへの対応ができません。

cryptogtはUSDTを証拠金にしていればビットコインの暴落の影響もないので、ヘッジでショートを入れる必要もありません。

cryptogtとbitmexを比較

ここからはcryptogtとbitmexを項目ごとに比較していきます。

どちらも良い面悪い面があるので、両方を理解した上で使い分けていきましょう。取引所のハッキングなどのカウンターパーティリスクを考えても、なるべく資金は分散しておいた方が良いです。

cryptogtの特徴
  • 最大レバレッジ
  • 手数料
  • 取引通貨ペア数
  • 入金方法
  • モバイル環境
  • セキュリティ
  • サポート

上記7項目をさっそく見ていきましょう。

最大レバレッジの違い

cryptogt
bitmex
最大200倍のレバレッジ
ビットコインは最大100倍。アルトコインは20倍〜50倍のレバレッジ。

cryptogtはビットコイン、アルトコインともに最大200倍のレバレッジとなっていますが、ビットメックスはアルトコインの種類によって異なります。

ビットコイン(BTC)最大100倍
イーサリアム(ETH)最大50倍
ライトコイン(LTC)最大33倍
リップル(XRP)最大20倍
エイダ(ADA)最大20倍
イオス(EOS)最大20倍
トロン(TRX)最大20倍

レバレッジをみると、cryptogtのほうが優れていることが分かります。少額で遊ぶにはcryptogtが向いているのではないでしょうか。

追証の有無(借金リスク)

cryptogt
bitmex
追証・借金リスクなし
追証・借金リスクなし

bitmexとcryptogtはともに追証がありません。したがって、これらの取引所でどんなに無謀なトレードをしようと借金を背負う(マイナスになる)リスクは無いということです。

FXで退場してしまうとき、ロスカット執行で借金を背負ってしまい取り返しがつかないことになる方もいます。

追証のありなしは非常に重要です。

手数料はbitmexの勝利

cryptogt
bitmex
変動スプレッド制。BTCJPYは800~1000円程度、アルトコインのスプレッドは高い。
Taker:0.075%、Maker:-0.025%。明瞭で安い手数料設定。

手数料の比較をしてみると、bitmexは板取引(ユーザー同士の取引)ができる一方で、cryptogtはスプレッド方式(2Way方式)のため比較するとbitmexのほうが安くすみます。

ただ国内取引所のDMM BitcoinやGMOコインと比べるとcryptogtのスプレッドは数分の一ほどなので、cryptogtは2Way方式の取引所の中では安いほうなんですね。

また、手数料以外の部分で比較すると、ビットメックスは板取引の特性上、価格の急変時に注文が刺さらないリスクがあります。

スプレッド方式のcryptogtは注文が滑らないのがメリットではありますが、その一方で、急な変動時にスプレッドが変動して高くなる可能性があります。

ここは一長一短といったところでしょうか。

cryptogtの取扱ペアは58種類

cryptogt
bitmex
仮想通貨58ペア・為替10ペア・CFD3種類
8種類の仮想通貨

bitmexは8種類の通貨ペアが用意されていますが、cryptogtはすべてで58種類の通貨ペアを取引できます。

特にADAやBNBなどのアルトコインはボラティリティ(値動き)も大きいですから、人気の銘柄です。

ビットコインで値幅を取りづらいときでも、アルトコインが動いていたりすることも多いので、選択肢の一つとして取り入れてもよいと思います。

cryptogtの入金方法

cryptogt
bitmex
USDTを含むアルトコインが入金可能
ビットコインのみ

ビットメックスはビットコイン(BTC)のみの対応ですが、cryptogtはXRPやETHなど全7種類の仮想通貨の入出金に対応しています。

リップル(XRP)を証拠金にして増やす、という使い方もできますよ。

出金手数料

cryptogtは出金の際の送金手数料も「マイナーへ支払う分」のみで済みます。bitmexや国内取引所の多くでは混雑状況により高めに支払わなければならないこともあります。

cryptogtのモバイル環境

cryptogt
bitmex
MT5アプリを使える
ブラウザのTradingView

モバイル環境を比較すると、MT5のアプリケーションが使えるcryptogtのほうが快適です。慣れるまで少し時間がかかりますが、世界的なスタンダードなツールで勉強したほうが後々のためになると思います。

MT5

MT5とは、FXの取引プラットフォームのことです。デスクトップ版はもちろんのこと、iPhoneやAndroidスマートフォン用のアプリも提供されています。

cryptogtのMT5設定方法もまとめています。

bitmexはスマホには最適化されているとはいえ、ブラウザ上でしかトレードできないためcryptogtと比べると不便です。

2019年3月、ビットメックスのスマホアプリのベータ版が一部ユーザーにテスト配布されているそうです。

もしかすると近いうちにビットメックスのアプリが登場するかもしれません。

cryptogtのセキュリティ

cryptogt
bitmex
ハードウェアウォレット管理など
1日1回の出金規制

bitmexもcryptogtも、セキュリティに関しては当然力を入れています。

bitmexは出金が毎日一回のみなのが少し不便ですが、その作業時以外は顧客の資産を堅牢なセキュリティのもと保管しているとのこと。利便性よりもセキュリティを優先しています。

対してcryptogtでは、公式サイトで以下のようなセキュリティ対策を公表しています。

cryptogtセキュリティ対策内容

・お客様からお預かりしたビットコインの一部は複数の署名が必要なマルチシグネチャウォレットで管理しており、このコンピューターは基本的にはオフライン状態であり、入出金時のみオンライン状態として管理されています。
・お客様からお預かりしたビットコインの大部分はマルチシグネチャのハード・コールドウォレットにて管理されており、このハード・コールドウォレットには当社で定めた量以上をBTCを保有せず、当社で定めた量以上のBTCは他のハード・コールドウォレットで管理されます。その為、当社では複数のハード・コールドウォレットを管理することとなります。
・当社のいかなる従業員も全てのビットコインウォレットのシングルアクセス権を保持しておりません。
・当社の全てのコンピュータはアンチウィルス・アンチマルウェア・アンチフィッシング・アンチキーロギングを適用され、またUSBポートロックを施している為、いかなるUSB機器も接続できないように管理されています。
・全てのコンピュータ・ウォレットは弊社にて登録されたIPアドレス・MACアドレスでのみアクセスすることができます。
・全てのコンピュータ・ウォレットで使用されてるパスワードは大文字、小文字、シンボル、数字を織り交ぜた乱数の16桁以上のパスワードが設定されています。
・使用されてる全てのプライベートキーはオフラインの異なる複数の拠点で紙媒体で保管されております。
・使用されている全てのウォレットのバックアップは毎日行われており、異なるオフラインの複数の拠点にて管理されています。

とはいえ、仮想通貨の取引所はいつどんなトラブルが起きるか分かりません。万が一のことを考えて預けっぱなしにせず、取引に必要のない資産はウォレットなどに保管してくださいね。

cryptogtの日本語サポート

cryptogt
bitmex
日本語チャットサポート・メールサポート
日本語でのメールサポート

海外取引所を使うとき、一番気になるのは「言語問題」です。トラブルがあったときに日本語でのサポートが受けられないのは不安ですよね。

bitmexとcryptogtはともに日本語に対応しており、メニューからサポートまで日本語対応しています。

先日、bitmexに問い合わせしてみました。10分ほどでフォローの返信がきて、1時間以内に対応していただきました。何かあっても安心ですよね。

以上、cryptogtとビットメックスの比較してみました。

有名トレーダーも使い始めており、これから伸びてゆく取引所だと思うので、今のうちに登録して慣れてみることをおすすめします。

登録方法までスキップする→

cryptogtの登録方法

STEP.1
メールアドレスを登録
STEP.2
二段階認証を設定
STEP.3
仮想通貨を入金
STEP.4
MT5の設定
STEP.5
トレード開始
ここからはcryptogtの登録方法をご紹介します

登録には本人確認書類の提出などは不要で、5分ほどあれば誰でも簡単にアカウントを作成できますよ。

cryptogtは満18歳以上の方が登録できます。

また、アメリカ合衆国・北朝鮮・ミャンマー・キューバ・スーダン・シリア・イラン・イスラム共和国などに居住の場合、口座開設ができません。

まずは、cryptogtの公式サイトにアクセスし、登録手続きを開始しましょう。

右上の「アカウント作成」ボタンをクリックします。

cryptogtのアカウント作成画面
  • 敬称(Mrなど)
  • 氏名
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 国籍
  • 電話番号
  • 言語

必要事項を入力し、利用規約に同意してcryptogtの登録を完了させます。

メールが届かない場合

cryptogtからメールが届かない場合、迷惑メールフォルダを確認するか、メール設定で”jpsupport@cryptocm.com”,”jpbilling@cryptocm.com”等のメールアドレスを許可する必要があります。

二段階認証の設定方法

cryptogtの二段階認証

ログイン後の画面で、「人のアイコン(アカウント情報)」のページに移ります。
その後、2段階認証の「有効にする」をクリックしましょう。

QRコードの読み取り

QRコードが出てくるため、スマホやタブレットのアプリ側で読み取り、表示されたワンタイムパスワード6桁を入力しましょう。

「送信」をクリックで設定完了です。
端末紛失に備えていくつかの端末で読み取っておくことをおすすめします。

cryptogtの入金方法

cryptogtの入金方法を紹介します。
cryptogtの入金方法

cryptogtの入金方法をご紹介します。

ログインした後、画面右上の「入金」画面に移り、入金したいビットコインの数量を入力します。

入金できる仮想通貨

BTC(ビットコイン)
BCH(ビットコインキャッシュ)
ETH(イーサリアム)
DASH(ダッシュ)
LTC(ライトコイン)
XMR(モネロ)
XRP(リップル)
ADA(カルダノ)
XEM(ネム)

入金できるステーブルコイン

USDT(テザー)
PAX(パクソスタンダード)
TUSD(トゥルーユーエスディー)
GUSD(ジェミニ・ダラー)
USDC(ユーエスディー・コイン)

(最低0.01BTCから入金可能)

ビットコインアドレス

cryptogtではビットコインの送金時、ランダムで表示される下4ケタの総量は、セキュリティ対策のために表示されています。

※8cent~80centの枠内でランダムに表示されます。

また、セキュリティの都合上、入金用アドレスは毎回異なります。
取引所でアドレスを登録している方は気をつけてください。

・対応していない仮想通貨のウォレットアドレスを利用して送信してしまうと紛失してしまう可能性がございますこと予めご了承くださいませ。
・BCHとLTCの入金につきましては、入金アドレスを変換した上でのご送金となる場合がございます。
・XRPのご送金時に宛先タグの記入漏れがあった場合と、XEMのご送金時にメッセージの記入漏れがあった場合、トランザクションが識別できなくなり紛失してしまうため、必ずご入力をお忘れないようにご注意ください。

トレーディングアカウントの作成

cryptogtはトレード用のウォレットと入出金用のウォレットが分かれています。

cryptogtに入金したら、トレーディングアカウントを開設しましょう。

[ログイン]>[MT5]>[アカウントの開設]

トレーディングアカウントの開設

口座タイプはMT5 Liveを選択、注文タイプはそのまま、仮想通貨タイプで入金した仮想通貨を選びます。

最後にレバレッジを5/10/25/50/100/200から選び、[作成]をクリックして完了です。

レバレッジは好みですが、私はレバレッジを50倍に設定しています。

cryptogtのMT5初期設定

アプリのインストール

MetaTrader 5

MetaTrader 5
開発元:MetaQuotes Software Corp.
無料
posted withアプリーチ

トレーディングアカウントが作成できたら、MT5スマホアプリの初期設定をしましょう。

登録のメールアドレスに口座開設完了メールが届いているので、確認します。
(差出人はHatio Ltd.)

作成したトレーディングアカウントのログインIDやパスワードが記載されています。

MT5アプリを開く

MT5アプリを開きます。

MT5アプリの一覧画面

右下の[設定]をタップしましょう。

トレーディングアカウントにログイン

MT5の設定画面
[新規口座]をタップし、先ほど作成したトレーディングアカウントにログインします。

MT5にcryptogtを設定

ここでは[既存の口座にログイン]をタップします。

cryptogt(hatio)を検索
[Hatio]で検索し、HatioLtd-Live(ライブ口座)を選びましょう。

Demoは実際に入金しないデモ口座で使うアカウントです。

MT5アプリの画面

先ほど届いたメールに記載されているLogin IDを「ログイン」、Passwordを「パスワード」に入力して右上サインインをタップします。

MT5アプリの画面

これでMT5へのログインは完了です。

Q&A

入金方法は?

仮想通貨の入金にのみ対応しています。BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH(イーサリアム)、DASH(ダッシュ)、LTC(ライトコイン)、XMR(モネロ)、XRP(リップル)、ADA(カルダノ)、XEM(ネム)と、USDTなどのステーブルコインが入金可能です。

アカウント作成にはどんな情報が必要?

メールアドレスと任意のパスワードを入力します。

アカウント作成に年齢制限はある?

18歳以上が対象です。

法人アカウントの開設はできる?

可能です。 法人口座の開設の際には「名」に社名、「姓」に企業形態(例: 有限会社、株式会社)を記入します。

「アカウントが制限に達しました」と表示され、新しいトレーディングアカウントの作成ができない

トレーディングアカウント(MT5口座)はそれぞれの仮想通貨毎に2つまでに制限されています。 すでに開設されているトレーディングアカウントのレバレッジ変更を希望する場合にはサポート( jpsupport@cryptogt.com )へ連絡が必要です。

まとめ

BTCFXといえばビットメックスが定番でしたが、最近はcryptogtと併用している方も多いです。

MT5は導入するまでが少し面倒に感じますが、入れてしまえば外出先でも快適にスマホトレードができるようになります。

この機会に使ってみてはいかがでしょうか。