仮想通貨の買い方2018

CryptoGT(クリプトGT)取引所の登録方法・スマホアプリ・入出金などの使い方を分かりやすく解説

最近話題のCryptoGT(クリプトGT)。スマホアプリもリリースされたばかりのBTC・アルトコインFX取引所です。
2018年9月 手数料大幅変更

CryptoGTの手数料が減少しました!

BTC/JPYのスプレッドが約70%、スワップが約80%オフになっています。(使い勝手や通貨ペアはそのまま)

この記事では、話題の海外取引所CryptoGT(クリプトGT)の登録方法や使い方・スマホアプリの導入を解説していきます。

通貨ペアは25種類、レバレッジは最大200倍で追証なし。トレードプラットフォームのMT5にも対応しているため、PCでもスマホでも快適に取引できます。

注意

仮想通貨の価格変動は激しいため、レバレッジをかけた取引には高いリスクが伴います。慎重な資産管理を行ない、はじめは低レバレッジでトレードしてみましょう。

 

登録方法までスキップする→

CryptoGT(クリプトGT)の概要

CryptoGT(クリプトGT)

今回紹介するCryptoGT(クリプトGT)は、最近できたばかりのBTC・アルトコインFX取引所です。

  • 追証なし(借金リスクなし)
  • レバレッジ最大200倍
  • 通貨ペア37種類
  • 最低購入金額0.01BTC
  • 海外業者(日本語対応)
  • アルトコインをドル建で取引可能
  • JPY建でBTCを取引可能
  • スマホアプリでトレード

海外取引所ではありますが、日本語に対応しているので迷わずにトレードすることができますよ。

仮想通貨FX取引所といえばBitMEX(ビットメックス)が人気ですが、アルトコインをトレードしたいならCryptoGT(クリプトGT)をおすすめします。(理由は後述)

CryptoGT(クリプトGT)には追証(借金リスク)はありませんので、万が一大きな変動で資産を失っても借金を負うリスクはありません。

登録方法までスキップする→

BitMEXとCryptoGTの比較

BitMEX vs CryptoGT

ここからはBItMEXとCryptoGTを項目ごとに比較していきます。

海外FX取引所はBitMEX(ビットメックス)を使っている方が多いのではないでしょうか。

私もFXトレードはBitMEXで取引していますし、有名なトレーダーの方の多くはBitMEXを使っています。

ですが、実はアルトコインを含めたFX取引ならCryptoGTのほうが優秀なんですよ。以下の項目で比較していきます。

  • 最大レバレッジ
  • 手数料
  • 取引通貨ペア
  • 入金方法
  • モバイル環境
  • セキュリティ
  • サポート

さっそく項目ごとにそれぞれみていきましょう。

最大レバレッジ:200倍のCryptoGT

CryptoGTとBitMEXの最大レバレッジ

CryptoGT(クリプトGT)では最大200倍のレバレッジ。BitMEXでは最大100倍のレバレッジをかけることができます。

これだけの高いレバレッジをかける機会はあまり無いかもしれませんが、使えるレバレッジ幅が広いに越したことはありませんよね。

またBitMEXで100倍のレバレッジをかけられるのはBTCのみですが、CryptoGTはアルトコイン全てに対しレバレッジ200倍をかけられます。

追証(借金リスク):ともに無し

CryptoGTとBitMEXはともに追証なし

BitMEX:なし
CryptoGT(クリプトGT):なし

BitMEXとCryptoGTはともに追証がありません。したがって、これらの取引所でどんなに下手なトレードをしようと借金を背負う(マイナスになる)リスクは無いということ。

FXで退場してしまうとき、ロスカット執行で借金を背負ってしまい取り返しがつかないことになる方もいます。追証のありなしは非常に重要です。

手数料:板取引のBitMEXが有利

CryptoGTはスプレッド方式

BitMEX:0.15%
CryptoGT(クリプトGT):0.70%

手数料の比較をしてみると、BitMEXは板取引(ユーザー同士の取引)ができる一方で、CryptoGTはスプレッド方式(2Way方式)になっているため比較するとBitMEXのほうが有利です。

ただ国内取引所のDMM BitcoinやGMOコインと比べるとCryptoGTのスプレッドは数分の一ほどで、2Way方式の取引所の中では安いほうですね。

通貨ペア:37種類あるCryptoGT

37種類の通貨ペア

BitMEX:8種類
CryptoGT(クリプトGT):37種類

BitMEXは8種類の通貨ペアが用意されていますが、CryptoGTはBTC/JPYペアなどをあわせて37種類の通貨ペアで取引することができます。

入金方法:アルトコインも使えるCryptoGT

アルトコインで入出金&証拠金にもできる

BitMEX:BTCのみ
CryptoGT(クリプトGT):アルトコインも使える

BitMEXがBTCの入出金にしか対応していないのに対し、CryptoGTはXRPやETHなど全7種類の仮想通貨の入出金に対応しています。

わざわざBTCに交換して送らなくて済むのでCryptoGTのほうが便利ですね。

出金手数料

CryptoGTは出金の際の送金手数料も「マイナーへ支払う分」のみで済みます。BitMEXや国内取引所の多くでは混雑状況により高めに支払わなければならないこともあります。

登録方法までスキップする→

モバイル環境:アプリの使えるCryptoGT

CryptoGTはスマホアプリに対応している

BitMEX:ブラウザのみ。スマホ最適化はされている
CryptoGT(クリプトGT):MT5プラットフォームを使える

モバイル環境を比較すると、MT5のアプリケーションが使えるCryptoGTのほうが快適です。慣れるまで少し時間がかかりますが、歴史の長いMT5で勉強したほうが後々のためになると思います。

MT5の魅力である自動トレードも可能です。

MT5

MT5とは、FXの取引プラットフォームのことです。デスクトップ版はもちろんのこと、iPhoneやAndroidスマートフォン用のアプリも提供されています。

CryptoGT(クリプトGT)のMT5設定方法もまとめています。

CryptoGT(クリプトGT)のMT5スマホアプリの設定方法を解説【海外取引所】

BitMEXはスマホには最適化されているとはいえ、ブラウザ上でしかトレードできないためCryptoGTと比べると不便です。

セキュリティ:両者とも堅牢

CryptoGTとBitMEXはともにセキュリティが堅牢

BitMEXもCryptoGT(クリプトGT)も、セキュリティに関しては当然力を入れています。

BitMEXは出金が毎日一回のみなのが少し不便ですが、その作業時以外は顧客の資産を堅牢なセキュリティのもと保管しているとのこと。利便性よりもセキュリティを優先しています。

対してCryptoGTでは、公式サイトで以下のようなセキュリティ対策を公表しています。

  • お客様からお預かりしたビットコインの一部は複数の署名が必要なマルチシグネチャウォレットで管理しており、このコンピューターは基本的にはオフライン状態であり、入出金時のみオンライン状態として管理されています。
  • お客様からお預かりしたビットコインの大部分はマルチシグネチャのハード・コールドウォレットにて管理されており、このハード・コールドウォレットには当社で定めた量以上をBTCを保有せず、当社で定めた量以上のBTCは他のハード・コールドウォレットで管理されます。その為、当社では複数のハード・コールドウォレットを管理することとなります。
  • 当社のいかなる従業員も全てのビットコインウォレットのシングルアクセス権を保持しておりません。
  • 当社の全てのコンピュータはアンチウィルス・アンチマルウェア・アンチフィッシング・アンチキーロギングを適用され、またUSBポートロックを施している為、いかなるUSB機器も接続できないように管理されています。
  • 全てのコンピュータ・ウォレットは弊社にて登録されたIPアドレス・MACアドレスでのみアクセスすることができます。
  • 全てのコンピュータ・ウォレットで使用されてるパスワードは大文字、小文字、シンボル、数字を織り交ぜた乱数の16桁以上のパスワードが設定されています。
  • 使用されてる全てのプライベートキーはオフラインの異なる複数の拠点で紙媒体で保管されております。
  • 使用されている全てのウォレットのバックアップは毎日行われており、異なるオフラインの複数の拠点にて管理されています。

 

とはいえ、仮想通貨の取引所はいつどんなトラブルが起きるか分かりません。

万が一のことを考えて預けっぱなしにせず、取引に必要のない資産はウォレットなどに保管してくださいね。

サポート:両者とも日本語サポート

CryptoGTとBitMEXは日本語に対応

BitMEX :メールでの日本語サポート
CryptoGT(クリプトGT):チャットでの日本語サポート

海外取引所を使うとき、一番気になるのは「言語問題」です。トラブルがあったときに日本語でのサポートが受けられないのは不安ですよね。

BitMEXとCryptoGT(クリプトGT)はともに日本語に対応しており、メニューからサポートまで日本語対応しています。

先日、BitMEXに問い合わせしてみました。10分ほどでフォローの返信がきて、1時間以内に対応していただきました。何かあっても安心ですよね。

以上、各ポイントをまとめてみましたが、アルトコインFXをやるならCryptoGT使いやすそうじゃないですか?

有名トレーダーも使い始めており、これから伸びてゆく取引所だと思うので、今のうちに登録して慣れてみることをおすすめします。

登録方法までスキップする→

クリプトGTの登録方法を解説

CryptoGTの登録方法

ここからはCryptoGT(クリプトGT)の登録方法をご紹介します

登録には本人確認書類の提出などは不要で、5分ほどあれば誰でも簡単にアカウントを作成できますよ。

CryptoGT(クリプトGT)は満18歳以上の方が登録できます。

また、アメリカ合衆国・北朝鮮・ミャンマー・キューバ・スーダン・シリア・イラン・イスラム共和国などに居住の場合、口座開設ができません。

 

まずは、CryptoGT(クリプトGT)の公式サイトにアクセスし、登録手続きを開始しましょう。

右上の「アカウント登録」ボタンをクリックします。

アカウントの作成

  • 敬称(Mrなど)
  • 氏名
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 国籍
  • 電話番号
  • 言語

必要事項を入力し、利用規約に同意してCryptoGT(クリプトGT)の登録を完了させます。

メールが届かない場合

CryptoGT(クリプトGT)からメールが届かない場合、迷惑メールフォルダを確認するか、メール設定で”jpsupport@cryptocm.com”,”jpbilling@cryptocm.com”等のメールアドレスを許可する必要があります。

2段階認証の設定方法

8月6日のリニューアルで導入された2段階認証の設定方法です。

二段階認証の設定

ログイン後の画面で、「人のアイコン(アカウント情報)」のページに移ります。
その後、2段階認証の「有効にする」をクリックしましょう。

QRコードの読み取り

QRコードが出てくるため、スマホやタブレットのアプリ側で読み取り、表示されたワンタイムパスワード6桁を入力しましょう。

「送信」をクリックで設定完了です。
端末紛失に備えていくつかの端末で読み取っておくことをおすすめします。

CryptoGTの入金方法

CryptoGT(クリプトGT)の入金方法を紹介します。

CryptoGTの入金方法

CryptoGT(クリプトGT)の入金方法をご紹介します。

ログインした後、画面右上の「入金」画面に移り、入金したいビットコインの数量を入力します。

ビットコイン以外では

  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ダッシュ(DASH)

を使って入金が可能です。

 

(最低0.01BTCから入金可能)

ビットコインアドレス

CryptoGT(クリプトGT)ではビットコインの送金時、ランダムで表示される下4ケタの総量は、セキュリティ対策のために表示されています。

※8cent~80centの枠内でランダムに表示されます。

また、セキュリティの都合上、入金用アドレスは毎回異なるため、ビットバンクなどで宛先登録する際は気をつけましょう。

CryptoGTのトレード方法

CryptoGTのトレード画面

CryptoGT(クリプトGT)は板取引方式ではなく、販売所形式をとっています。

  • 表示された価格で購入できるため、分かりやすい
  • 手数料(スプレッド)が高いことがあり、割高になることも

CryptoGTのスマホアプリ

CryptoGT(クリプトGT)にはMT5対応により、スマホアプリでトレードすることができます。

スマホでFXをやるなら国内業者ならGMOコイン海外業者ならBitMEX(ビットメックス)がおすすめでしたが、海外業者だとアプリの使えるCryptoGT(クリプトGT)が使いやすそうです。

MT5の設定方法は以下の記事で解説しています。

CryptoGT(クリプトGT)のMT5スマホアプリの設定方法を解説【海外取引所】

日本語問い合わせサポートも

CryptoGTのお問い合わせフォーム

CryptoGT(クリプトGT) はメニュー画面だけでなく、サポートデスクも日本語に対応しています。

CryptoGT(クリプトGT)の専任の日本人が日本語で問い合わせに対応しているとのことなので、万が一何か困ったことがあっても安心して聞くことができますね。

海外取引所を日本人が使う場合、「言語対応が不安」な方が多いと思いますが、CryptoGT(クリプトGT)ならその点も安心です。

各仮想通貨の価格予想も掲載

仮想通貨価格予想

CryptoGT(クリプトGT)の公式サイト上で、各分析サイトの平均予想価格が掲載されています。

6月15日現在は2018年12月までの価格予想が表示されています。

CryptoGT(クリプトGT)まとめ

CryptoGTおすすめの理由

CryptoGT(クリプトGT)について、簡単にまとめてみました。

仮想通貨FXといえばBitMEX(ビットメックス)が定番でしたが、レバレッジ200倍・豊富な通貨ペア・スマホアプリ対応のCryptoGT(クリプトGT)の登場で新たな風が吹くかもしれません。

以上、CryptoGT(クリプトGT)の紹介でした。