未成年でも仮想通貨やビットコインは購入できる?大手取引所の20歳未満の扱いを解説

仮想通貨・ビットコインが普及するにつれ、高校生や大学生で投資する人もちらほらと見かけるようになりました。

特に大学生は時間を自由に使うことができるため、仮想通貨/ビットコインへの投資に興味をもつ人も多いのではないでしょうか。

本記事では、「未成年の仮想通貨投資に必要なもの」をご紹介します。

未成年でも仮想通貨/ビットコインは購入できる

仮想通貨、ビットコインは20歳未満の未成年でも購入可能です。

国内のおすすめ取引所「Zaif」「bitFlyer」「bitbank」はどこも未成年の口座開設ができます。

ただし、取引所によって必要なものや条件が異なり、「保護者の同意書」のみを求めるところと「保護者の同意書+親権者との続柄が分かる証明書類」が必要なところがあります。

それぞれ紹介していきましょう。

各取引所の未成年の登録に必要な書類

ザイフの場合

モナコインやネムなどを買うのにおすすめのザイフでは、未成年の登録に下記資料の提出が必要です。

  • 保護者の同意書
  • 続柄が分かる証明書(住民票、戸籍妙本、健康保健証(続柄の記入のあるもの)、母子手帳

こちらがザイフの保護者の同意書です。

親権者が2人いる場合、それぞれの同意が必要となります。

ビットフライヤーの場合

国内最大のビットコイン取引所であるビットフライヤーでは、未成年の登録に下記資料の提出が必要です。

  • 保護者の承諾書
  • 保護者の顔写真付き本人確認資料(免許証、パスポートなど)

こちらがビットフライヤーの承諾書です。

保護者の承諾書は郵送の必要があるため、登録に少し時間がかかる場合があります。

早めに登録・送付しておきましょう。

ビットバンクの場合

リップル(XRP)などの人気の仮想通貨を安く買えるbitbank(ビットバンク)では、下記の資料の提出が必要です。

  • 保護者の委任状(書式自由)
  • 保護者との関係を証明する書類(健康保険証、住民票など)
ビットバンクの場合、書式が自由なので他と比べると少し難しいかもしれません。

ザイフやビットフライヤーの承諾書(同意書)を参考にしながら、保護者の直筆サイン(印鑑)を含めて用意しましょう。

最後に

今回紹介した「Zaif」「bitFlyer」「bitbank」は、どれも未成年でも仮想通貨を買うことができます。

もちろん保護者に同意してもらう必要がありますので、きちんと相談し、理解を得てから投資を始めましょう。

これらの取引所に登録して仮想通貨を購入するだけなら借金を抱えることはありませんが、仮想通貨の投資は資産を減らしてしまう可能性があります。

未成年の場合は、アルバイトで貯めたお小遣いなど、必ず余裕のあるお金で試してみてくださいね。

以上、未成年の仮想通貨(ビットコイン)の購入についてでした。