仮想通貨の買い方を初心者向けに解説

確定申告用計算ツール「CoinTool(コインツール)」の使い方

CoinTool(コインツール)

いよいよ確定申告の時期になりました。

仮想通貨取引で2017年に20万円以上の利益を得た方は必ず確定申告は2018年2月16日(金)〜3月15日(木)までに確定申告をする必要がありますが、確定申告をするには「仮想通貨の売買の計算」をしなければなりません。

仮想通貨投資家の中には、今回はじめて確定申告をする方も多くいるのではないでしょうか。

複数の取引所でトレードをしている方の中には「どうやって損益計算すればいいのか分からない」「計算が複雑すぎて手がつけられていない」とお困りの方もいると思います。

今回は、確定申告用の売買計算用に便利なツール「CoinTool」をご紹介いたします(๑•̀ㅂ•́)و✧

CoinToolとは

仮想通貨で20万円以上の所得を得た方は、2018年2月16日(金)〜3月15日(木)の間に確定申告をしなければなりません。

 

しかし、取引所ごとに異なる取引履歴のフォーマット、仮想通貨の売買・交換・利用・分裂までカバーし損益を計算することは、税理士の方でも対応が困難な場合があるようです。また、個人の方にとっては税理士報酬が高く感じられることもあるかもしれません。

 

このような背景を踏まえ、 仮想通貨の所得計算を誰でも簡単に出来る「 Coin Tool 」が誕生しました。

 

(CoinToolより)

仮想通貨の確定申告用・計算ツールである「CoinTool(コインツール)」は、仮想通貨の売買・交換・決済利用・分裂などの損益計算をカンタンにおこなうことができます。

「誰でもカンタンに」をコンセプトに作られているのでサービス内容も非常にシンプル。

現在対応している国内取引所はCoincheck、Zaif、bitFlyer、bitbankの4社。それぞれの取引履歴をダウンロードし、アップロードするだけで損益計算を実行できます。

(海外取引所であるBINANCE、Poloniex、BITTREX、Krakenなどにも順次対応)

また利用期間中は、税務相談やサービスの利用方法についてのサポートを受けられる特典もついています。

CoinToolの使い方


  1. 登録し、料金を支払う(カード決済のみ)
  2. 各取引所の取引履歴のcsvファイルをアップロード
  3. 損益計算が完了したら、計算書類をダウンロード
  4. そのまま確定申告書に記入する

1.CoinToolに登録する

まずは公式サイトにアクセスします。

利用登録をクリックし、メールアドレスとパスワードを入力。「利用規約に同意する」にチェックをつけ、「登録」をクリックします。

登録ができたら、VISAかMasterCardで料金の決済をしましょう。

使い方

Coincheck、Zaif、bitFlyer、bitbankのうち、取引に使っていた取引所の取引履歴をアップロードします。

すべてアップロードできたら「損益計算開始」をクリックするだけです。

こんな感じで結果が表示され、結果はもちろんcsvファイルでもダウンロードできます(๑•̀ㅂ•́)و✧

CoinToolの利用料金

CoinToolの今年度の利用料は「4,500円(税込み)」です。決済はクレジットカード(VISA/MasterCard)のみ受け付けています。

税理士に依頼すると5万円〜数十万円の報酬を支払う必要がある上、まだ仮想通貨に関する知見をもつ人も多くないため、依頼する税理士によってはきちんと計算・申告できるか心配ですよね。

CoinToolに限らず、損益計算ツールを使うことで、税理士に依頼するよりも遥かに安く利用できます。

仮想通貨の確定申告は必ずしましょう

仮想通貨取引の確定申告は複雑で、ハードフォークや売買毎に発生する税金の計算は1人ではどうしていいか分からないこともあります。

CoinToolは取引履歴のファイルをアップロードするだけですし、メールでのサポートにも対応しています。

面倒くさいから、難そうだから確定申告を後回しにしている方は、計算用のツールを使ってカンタンに済ませてしまいましょう。

CoinToolで損益計算してみる