仮想通貨の買い方ガイド2018

【BCH】「CoinText(コインテキスト)」インターネット・スマホなしでビットコインキャッシュ(BCH)を送受信できるサービス

コインテキスト(CoinText)

こんばんは、カズト(@nomad_btc)です。

SMS(ショートメッセージ)を送るだけでBCH(仮想通貨)を送受信できるサービス「コインテキスト」が今年の3月からスタートします(๑•̀ㅂ•́)و✧

本記事では、公開されたコインテキストのホワイトペーパーを翻訳しながらざっくりとまとめてみます。(詳しく読みたい方は以下公式サイトからどうぞ。)

【コインテキスト】ホワイトペーパー

インターネットなしで(電波のみで)お金を送受信

インターネットなしでビットコインキャッシュ(BCH)を送受信できるサービス「コインテキスト」は、世界中の銀行を持たない人にカンタンで便利な決済サービスを提供します。

テキストメッセージ(SMS)でコマンド入力

コインテキストでは、テキストメッセージ(SMS)でコマンドを入力して世界中のどの携帯電話でもお金のやりとりができます。

インターネット、スマートフォン、アプリ、アカウント、パスワードは必要ありません。必要なのは、携帯電話と電話番号です。

コインテキストのミッション

コインテキストの目的は、CoinTextのSMSウォレットを介して10億人のビットコインユーザーに送金サービスを提供し、世界を変えること。

コインテキストは、アカウントの登録・アプリのダウンロード・またはインターネットを必要とせず、多くの人々が参加できるサービスを目指します。

私たちは、ビットコインの決済採用を進めるために最もカンタンで強力なツールが「SMSウォレット」であると考えています。

ユーザーは、テキストメッセージでコインテキストのウォレットを取得、または誰かが自分の携帯電話にBCHを送信します。このように、SMSを使ってカンタンに友人・家族へウォレットを作成することができます。(他のサービスではこうはいきません)

SMSを採用した理由

SMSを介して取引する機能をもたせたのは、インターネットなしで、世界の銀行を持たない発展途上国の人々でも使えるようにしたかったからです。

これは、開発初期のビットコインが目指していた理念と同じです。

ターゲット層はガラケー保有層

現在でも、ガラケー(フィーチャーフォン)を持っているけどスマートフォンを保有していない層が多くいます。

スマートフォンは世界中に普及しているように見えますが(米国は77%がスマホ)、人類の大半はまだスマホを持っていません。

スマホ率

2011年に約10%だったスマートフォンの普及率は、2018年に36%に達するといわれています。

この成長は信じられないほどのものですが、一方で世界の64%はスマホを持っていません。

最初は欧米諸国で展開する

最初(ベータ版)のユーザーは、すでにビットコインキャッシュ(BCH)を保有する欧米諸国の地域で展開します。

その後、可能な限り世界中すべての地域で広げ、すべての携帯電話で使えることを目指します。

電話番号に紐付けしたBCHアドレス

すべての電話番号は、単一のモバイル端末固有のものです。

(同じ電話番号が2つ存在しないってことです)

コインテキストでは、識別子として電話番号を使用し、独自のアルゴリズムによってそれらを判別します。

つまり、最終的に世界すべての電話番号は、その番号固有のビットコインキャッシュのアドレスを持つことができるということを意味します。

プライバシー・セキュリティ

従来のアプリウォレット

アプリを使ったウォレットは、ユーザーがそれらにアクセスする前に、アプリストアからの許可が必要です。

アプリストアはユーザーを禁止する場合は、アクセスを止めることができます。また、アプリのウォレットは、あなたの携帯電話に仮想通貨が保有されていることを世界に伝えることができます。

コインテキストはユーザーのウォレットへのアクセス権が無い

コインテキストでは、誰もがあなたの仮想通貨へのアクセス権を持っていません。

保有の仮想通貨を見ることはできませんし、検閲してアクセスを禁止することもできません。あるいは、コインテキストは、秘密鍵を保持したり、取引の記録を保持することもありません。

コインテキストのコマンド

コインテキストの基本コマンドは4つ。残高確認、入金、送金、出金。

コインテキストはSMSで送られたコマンドに確認の返信をします。

将来的に使いやすくするため、連絡先にコインテキストの電話番号を保存することを推奨します。

残高照会

「Balance」と入力すると、残高が返信されます。

入金

「Deposit」と入力すると、入金のためのアドレスが送られてきます。

こちらにBCHを送金しましょう。

BCHを送金

「Send $1 9012345678」

(Send[スペース][送金額][スペース][電話番号])と入力すると、指定の金額を送金します。

出金

「Withdraw $5 ******************」

(Withdraw[スペース][出金額][スペース][アドレス])と入力すると、指定の金額を出金します。

全額出金する場合は、「ALL」と入れましょう。

Help

「Help」を送信すると、コインテキストにウォレットのコマンドを確認できます。

その他

コインテキストは、インターネットなし・携帯電話のネットワーク(電波)上で動作するため、他にも潜在的な使い方があります。コインテキストは、新しい使い方のための開発APIと開発スタックを提供します。

(スロットやじゃんけん、コイン投げ、ブラックジャックなどもできるよー)

自動販売機でも

携帯電話を持っていれば、SMSウォレットを通じて、インターネットなし・キャッシュレスで決済することが可能です。

2018年ロードマップ

コインテキストは、2018年のロードマップも公開しています。

第1四半期

  • 米国、カナダ、英国、オーストラリアで基本的なウォレットのコマンドで起動できるベータ版公開

第2四半期

  • 複数の領域に拡大、南アフリカ共和国、北ヨーロッパ、マレーシア、インド(英語圏)
  • より多くの通貨ペアを追加(ユーロ、人民元、日本円)
  • ゲームと賭けごとアプリをテスト

第3四半期

  • 日本語、中国語、スペイン語、ポルトガル語の言語に対応
  • ATMの開発とテスト

第4四半期

  • スペイン語圏の国でローカル番号を起動
  • SMSビットコインATMを作成、展開

コインテキストのめざす社会

コインテキスト法定通貨を必要としない世界をつくることを約束しています。

銀行を持たないユーザーでも、すべての労働・費用・送金はビットコインキャッシュを用いて支払われる社会のことです。

最後に

ざっくりとコインテキストが何がしたいかをまとめました。いかがでしたでしょうか。

まだベータ版も公開されていない段階ですが、今年の春からベータ版の公開、日本円などの各国法定通貨ペアの追加、コインテキストATMの開発(現金を下ろせる)など、ロードマップもスピーディに予定されています。

ベータ版の事前登録を募集しているので、興味がある方は登録してみてくださいね。