仮想通貨の買い方【初心者】

【解説】ネム(XEM)はまだコインチェックで買えません!返ってきた日本円でいますぐXEMを買う方法

こんにちは、カズト(@nomad_btc)です。

3月12日、コインチェックより流出したネム(XEM)が利用者のウォレットに返還されました。

内容は次の通りです。

補償日時:2018年3月12日中
補償金額:88.549円 × 日本時間2018年1月26日 23:59:59時点での保有数
補償対象:日本時間2018年1月26日 23:59:59時点でNEMを保有していたお客様

 

詳細はこちら

NEMの補償については日本円で行なわれるため、コインチェックのウォレットの「JPY」に反映されます。

お気づきでしょうか?

返還はあくまで「日本円(JPY)としてウォレットに反映」されるので、仮想通貨であるXEMが返ってくるわけではないのです。(レートは1月26日時点の88.549円で計算される)

ネムを信じて保有している方の中には

返ってきた日本円(JPY)で買い直したい!

と考える人も多いと思いますが、コインチェックではまだXEMの「購入」が停止中なので買い戻すこともできません。

本記事では、「ネム(XEM/NEM)を買う方法」をご紹介します(๑•̀ㅂ•́)و✧

国内取引所でネム(XEM)を買う方法

国内取引所でネム(XEM)を買うには、今のところZaif(ザイフ)取引所を使うしかありません。

DMM Bitcoinでも取扱いされていますが、レバレッジ取引のみです)

  • Zaifに登録する
  • コインチェックの日本円をBTCに交換
  • BTCをZaifに送金
  • Zaifでネム(XEM)を買う

こんな手順でネム(XEM)を購入します。

Zaif(ザイフ)に登録する

取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(NEM)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • 各種トークン(CMSなど)

Zaif(ザイフ)のアカウントを持っていない方は、まずZaifに登録しましょう。登録方法は以下の記事で解説しています。

注意
日本の取引所は「本人確認」が必要です。Zaifに登録していない方は、取引できるようになるまで最低数日かかるのでご注意ください。

コインチェックの日本円(JPY)をBTCに交換

まずはコインチェックの日本円(JPY)をBTCに交換します。

コインチェックのスマートフォンアプリだと「販売所」しか使えないので、PCから開くorPC版をスマートフォンのブラウザで開くことをおすすめします。

メニューの「取引所」からビットコイン(BTC)/日本円(JPY)の取引所を開き、「レート・注文量」を入力して「注文する」をクリック。

スマホでBTCを買う

スマートフォンアプリからBTCを購入する場合も解説しますね。

コインチェックのアプリを開いたら、「コイン購入」をタップ。

BTCが表示されていることを確認したら、数量を入力して「購入する」でOKです。

BTCをZaif(ザイフ)に送金

まずはZaif(ザイフ)でBTCの入金用アドレスを入手します。

「アカウント」→「入出金と履歴」→「BTCの入出金と履歴」→「入金」を選択します。

画面下部に表示された入金アドレスをコピーしましょう。

つづいてコインチェック側です。コインチェックのアプリを開いたら、左のメニューの中から『送金』を選びます。

宛先に「先ほど入手したBTCアドレス」を入力(またはQRコードを読み取る)し、「送金する」をタップして送金完了です。

Zaif(ザイフ)でネム(XEM)を買う

BTCが入金されたら、メニューの「取引」を選択し、取引画面にうつります。

「XEM/BTC」のペアを選択しましょう。

赤枠の部分に「購入したい価格・数量」を入力し、「買い注文」をクリック。確実にいま買いたい場合は「成行」で注文します。

これでXEMの購入が完了しました!

すぐ買いたいなら海外取引所のBITTREX(ビットレックス)

国内取引所であるZaif(ザイフ)でネム(XEM)を購入する方法をまとめましたが、海外の取引所であるBITTREX(ビットレックス)でもXEMを売買できます。

手順は先ほどと同じく、アカウントを登録後、コインチェックのBTCをBITTREX(ビットレックス)に送金して購入する流れです。

本人確認手続きを待つ必要がないので、最速で購入したい方はこちらもどうぞ!