タダで仮想通貨を手に入れる

コインチェックの登録方法、使い方を解説【5分で登録】

12月13日より出川哲朗さんの出演するテレビCMで注目が集まっているCoincheck(コインチェック)。このブログからもたくさん登録頂いていたのですが、詳しい登録方法の記事は書いていなかったので、今回はCoincheck(コインチェック)について書きました。アイキャッチ画像はフクロウさん( @CryptoC_x )撮影です。(๑•̀ㅂ•́)و✧

Coincheck(コインチェック)
初心者にも使いやすいスマートフォンアプリが特徴の仮想通貨取引所。

私が2017年5月、初めて仮想通貨の投資をはじめたのもこのCoincheck(コインチェック)さんでした。

2017年12月、テレビCMが放映開始

出川哲朗さんのテレビCMが放映され、注目を集めている取引所Coincheck(コインチェック)。

年末にかけて新規登録も増加しており、他の取引所では【本人確認】に時間が掛かっている現状、Coincheck(コインチェック)なら大丈夫。本人確認もスムーズに完了しますよ!

Coincheck(コインチェック)の特徴

コインチェック
取り扱い通貨の種類
(5.0)
取引アプリの見やすさ
(5.0)
手数料
(2.5)
レバレッジ取引
(2.5)
メリット
・売買できる仮想通貨の種類が多い
スマホアプリが使いやすい
・最大100万円の不正ログインへの保証予定
クレジットカードで購入できる
デメリット
・売買手数料(スプレッド)が高い
・クレジットカードの手数料が高い
レバレッジ限度が5倍まで

Coincheck(コインチェック)のメリット

1.売買できる仮想通貨の種類が多い

コインチェックの最大の特徴は【売買できる仮想通貨の種類の多さ】です。

コインチェックは13の通貨が売買可能で、国内で最も多くの種類の仮想通貨を取扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LISK)
  • ファクトム(FCT)
  • モネロ(XMR)
  • オーガー(REP)
  • リップル(XRP)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ダッシュ(DASH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

Coincheck(コインチェック)に上場している仮想通貨はどれも2017年1月比で大幅な上昇をみせており、取り扱い通貨が多いとはいえしっかりと将来性の見込めると判断された通貨が選ばれているように思います。

仮想通貨は値段の動き(ボラリティ)が激しいため、リスクを分散させる必要があります。

1つの通貨だけでなく複数のコインを組み合わせてポートフォリオを組むためには、取引所も多くの種類のコインを売買できたほうがいいですよね!

2.スマホアプリが使いやすい

Coincheck(コインチェック)の強みは「スマホアプリの使いやすさ」です。

コインチェックのアプリはこんな感じですぐにチャートを確認できるため、外出中に相場が大きく動いたときでも安心してチェックができます(๑•̀ㅂ•́)و✧

iPhoneのウィジェットにも対応しているので、ロック画面からでもサッとチェック可能。

私もBINANCE(バイナンス) などの海外取引所で購入することが多いですが、相場確認はコインチェックのアプリを使わせてもらっています(๑•̀ㅁ•́๑)✧

3.最大100万円の不正ログインへの保証(予定)

コインチェックは2017年6月から東京海上日動と提携し、不正ログインがあった際に「最大100万円」までの保証を発表しました。

「取引所に預けていた仮想通貨が突然、悪意のある第三者に不正ログインされ、資産が勝手にどこかに送金された!」

という事件が仮想通貨市場では数多く発生しています(´ε`;)

もし万が一のことがあってもコインチェックなら「最大100万円」までが保証される予定(๑•̀ㅁ•́๑)✧

発表されてはいますがまだ未施行なので、現在はまだこの制度はスタートしていないとのことです。

MEMO
コインチェックは「2段階認証」も対応しているので、取引所を使う際は必ず設定しておきましょう!

ビットコインの管理は自己責任。仮想通貨取引所のセキュリティ「2段階認証」は必ず設定しよう

コインチェックのデメリット

1.売買手数料(スプレッド)が高い

売買手数料(スプレッド)とは、仮想通貨を購入/売却する際に上乗せされる手数料です。

例えば、10,000円/BTCで購入するとして、手数料が3パーセントだとすると、実際に購入するときに支払う金額は10,300円/BTCになります。Coincheck(コインチェック)は販売所形式のため、この手数料の部分が大きいです。

2.クレジットカードの手数料が高い

コインチェックでは、クレジットカードで入金ができます。

銀行振り込みなどよりもカンタンに決済ができるのですが、その手数料が非常に高いです。およそ8〜10パーセントの手数料が上乗せされます。

銀行振り込みであれば振込手数料の数百円で済みますので、よっぽどの至急でない限りはそちらを利用したほうがいいかもしれません。

対応:VISA、MasterCard、JCB
最低購入額:5,000円

3.レバレッジの限度が5倍まで

ここからはレバレッジ取引の内容になります。

FX取引ではよく使われているので、聞いたことがある方も多いかと思います。

レバレッジ取引とは、自分の手元にあるお金の数倍の取引ができる仕組みです。対義は現物取引といいます。

例えば資金が100万円で投資するとしましょう。現物取引では100万円分のビットコインが売買の限度額ですが、レバレッジ取引では300万円、500万円のビットコインを売買できます。

コインチェックはそのレバレッジ限度が小さく、「最大5倍」まで。

注意
レバレッジ取引は特にリスクの高い取引になります。
余裕のある資金で、無理のないように行ってくださいね。

ビットコインFX(BTCFX)を簡単に解説。レバレッジ、追証とは?借金を抱えるリスクはあるの?

それでは、Coincheck(コインチェック)の登録の流れを解説していきますね!

Coincheck(コインチェック)の登録方法

まずは上記リンクからCoincheck(コインチェック)にアクセスしましょう。

Coincheck(コインチェック)の登録自体は1分もあれば完了します。

上記の入力欄に【メールアドレス】【パスワード】を入力し、【登録する】をタップ。

(パスワードは強固にしておきましょう。なるべく長くて複雑にすることをおすすめします。)

入力したメールアドレスに確認メールが届きます。

届かなければ、入力したメールアドレスを再度確認するか【迷惑メールフォルダ】に振り分けられていないかを確認しましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

確認メールはこんな感じ。

リンクをクリックしてメールアドレスの確認をします。これでCoincheck(コインチェック)の登録は完了です。

本人確認

登録後、【電話番号認証】と【本人確認書類の提出】の本人確認必要になります。

まずは【電話番号認証】から。

電話番号認証

SMSを使った電話番号認証をします。

フォームに【携帯電話番号】を入力すると、6ケタの番号が表示されたSMSが届きます。

この6ケタの番号を入力すれば電話番号認証はOK。

本人確認書類の提出

電話番号認証を終えたら、【本人確認書類】を提出してみましょう。

氏名、氏名カナ、性別、生年月日、居住国、住所、職業、利用目的の入力を求められます。

後述の本人確認書類と一致する必要があるので、入力には気をつけてください。

続いて本人確認書類のアップロードです。

身近なところだと、以下の書類を使うことができます。

  • パスポート(顔写真のページ、住所のページ)
  • 運転免許証(表裏)
  • マイナンバーカード(表面のみ)

私は運転免許証にしました。表裏の両方を写真に撮り、アップロード(๑•̀ㅂ•́)و✧

最後に、【本人確認書類と本人が写っている写真】を撮ります。

こんな感じの写真です。(画像はCoincheckより)

アップロードが完了したら、【本人確認書類を提出する】をクリック。

登録作業は以上です。お疲れさまでした(๑•̀ㅂ•́)و✧

本人確認は数日で完了し、【本人確認ハガキ】が送られてきます。

これを確認したら登録はすべて完了です。

入金をして仮想通貨を購入する

【本人確認ハガキ】が届いて登録が完了したら、早速仮想通貨を購入してみましょう。

入金方法

スマートフォンアプリの場合、サイドメニューを開いて【日本円の入金】を選択。

【銀行振込】【コンビニ入金】などを選ぶことができますが、

今回は【コンビニ入金】で説明していきます。

【氏名】【電話番号】【メールアドレス】などは通常、自動で入力されます。入金額を入力しましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、セイコーマート、サークルKサンクスから選ぶことができます。

コンビニを選んで【次へ】をタップするとコンビニ入金用の受付番号が表示されます。

仮想通貨の購入方法

仮想通貨を購入するには、メニューの【チャート】から【購入】を選択するかメニューの【コイン購入】から進むことができます。

チャート画面から買う場合はこちらの【購入】をタップ。

買いたい数量を入力し、【購入する】をタップ。

Coincheck(コインチェック)はコインの買い方・売り方が非常にカンタンで使いやすいので、初心者の方にはおすすめです。

スプレッド(手数料)は高いですが、中長期で長い目で見て購入するならば、今後の価格上昇で多少の手数料は誤差になるかもしれませんよ(๑•̀ㅂ•́)و✧