仮想通貨の買い方を初心者向けに解説

【OMG】OmiseGO(オミセゴー)を購入できるおすすめ取引所をランキング形式で紹介

OmiseGO(OMG)を買える取引所
  1. バイナンス(BINANCE)
  2. フオビー(Huobi)

Omiseが韓国クレジットカード会社と提携

参考 Omise、韓国カード会社とフィンテックで連携:日本経済新聞日本経済新聞 電子版

カズト(@nomad_btc)です。

4月9日、OmiseGO(オミセゴー)の親会社であるOmiseホールディングスが、韓国のクレジットカード会社『新韓カード』とフィンテック領域で協力する覚書を交わしたことが発表されました。

仮想通貨を発行するOmiseGO(オミセゴー)もブロックチェーン領域で連携するとのことで、市場にも好感されています。

新韓カードとは

韓国金融大手のシンハン・フィナンシャル・グループの子会社であり、韓国市場の23%を占める韓国の最大手クレジットカード会社です。オミセホールディングスは、新韓カードと連携してモバイル決済のアプリ開発などの新規事業を進めていきます。

OmiseGO(オミセゴー)は東南アジアを中心に展開する日本初のプロジェクトで、仮想通貨同士の交換をスムーズに行なうしくみを開発しています。

以下の記事で紹介しているので、ご参考ください。

オミセゴー(OmiseGO)を購入できるおすすめ取引所ランキング

OmiseGO(OMG)は2018年4月現在、日本国内の仮想通貨取引所で購入することができません。

今回は、OmiseGO(オミセゴー)を購入する場合におすすめの取引所をランキング形式でご紹介いたします。

海外取引所は日本円を直接使えない

海外取引所は日本円で仮想通貨を買うことができません。

ビットフライヤービットバンクなどの国内取引所でビットコイン(BTC)を購入してから、海外取引所に送金する必要があります。

1位:バイナンス(BINANCE)

取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • オミセゴー(OMG)
  • ビットコインキャッシュ(BCC)
  • リスク(LSK)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • アイオータ(IOTA)
  • エイダ(ADA)
  • ネオ(NEO)
  • トロン(TRX)
  • ウェーブス(WAVES)
  • ヴァージ(XVG)
  • など・・・

OmiseGO(オミセゴー)を購入するなら、一番のおすすめはバイナンスです。

使いやすいだけでなく、OmiseGO(オミセゴー)の売買量ランキング(coinmarketcap)をみても、バイナンスがシェアの20%を占めています。

売買量をみる理由
売買が盛り上がっている取引所を選びましょう。取引が少ない取引所で買ってしまうと、売るときに買い手がつきにくい場合があります。

バイナンスはその使いやすさと手数料の低さ、取り扱い仮想通貨の豊富さで他を圧倒しています。登録は5分もかかりませんし、作っておいて損は無いですよ。

バイナンス(BINANCE)の詳細については次の記事で説明しています。

2位:Huobi(フオビー)

取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ダッシュ(DASH)
  • ネオ(NEO)
  • ネム(XEM)
  • クアンタム(QTUM)
  • オミセゴー(OMG)
  • など・・・

続いてはHuobi(フオビー)です。

Huobi(フオビー)は、世界でも有数の取引高とユーザー数を誇り、90種類を超えるアルトコインが売買できるいま話題の取引所です。

最近、Huobi(フオビー)の紹介制度が導入されました。ブロガーやインフルエンサーが一斉にHuobi(フオビー)を取り上げており、今後盛り上がる可能性が高い取引所です。

最後に

OmiseGO(オミセゴー)を購入できる取引所をまとめると、

の2つがおすすめです。

どちらの取引所も国内にはない独自の仮想通貨を採用しているので、登録しておくと便利ですよ。

OmiseGO(オミセゴー)は日本初のプラットフォームです。今後、日本の取引所に上場する可能性もありますから、注目しておきたい仮想通貨の1つですね。