いまさら聞けない仮想通貨投資の始め方

私が会社を辞めて仮想通貨ブロガーを選んだ理由と銭げばおさんの【マカオカジノ企画】に参加する報告

こんにちは、カズト(@nomad_btc)です。

今回は雑記ブログです。

正直なところ、私は自分の感情や思ったことを文章に乗せるのが苦手なほうでして、もしかしたら読みづらいかもしれませんが、「暇で暇でしょうがねえ」という方は少しお時間をください。「9分」もあれば読めるみたいです。

3月で会社を退職すること

春は出会いと別れの季節です。

学生の方は通っていた学校を卒業、あるいは新しい学校に入学する時期でしょうか。大学生の方は4月から新社会人として初めて就職するかもしれません。転職で環境がガラッとかわる方もいますよね。3月というのは、寒い日と暖かい日を繰り返しながら春が近づいてきて、嬉しいような寂しいような、複雑な気持ちになる月ですね。

私も例外ではありません。2月いっぱいで会社を退職し、2年間勤めていた会社から離れることを決めました。3月は有給消化期間で、4月からは本格的に(世間的には)無職となります。

今やっている仕事を続けた場合の10年後、20年後

仮想通貨を始める前から、近いうちに会社を辞めることを考えていました。その一番の理由は、自分のやっている仕事を続けた場合の10年、20年後を想像できなかったことです。

私は「AI」「自動運転」「スマートフォンの先」「仮想通貨」など、最新のテクノロジーや今後くる技術革新の話が大大大大大好きです。技術のことは難しくてよう分からんし、プログラムを組めるわけではないけど、ソフトバンクの孫正義さんのビジョンを語るプレゼンを聴くと胸が熱くなって、きたる新しい時代にわくわくして眠れなくなるくらい好きなんです。

けれど、勤めている会社は全く関連しない「クレジット・リース業界」の会社でした。

もしかしたら多くの会社が同じなのかもしれませんが、FAXは未だに現役だし、上司の決裁をとったり残業申請をするときは一度パソコンで打ち込んだあとにわざわざ印刷し、印刷物にシャチハタの印鑑をもらう必要があったり、携帯電話がガラケーだったり、どう汲み取っても最新技術をすんなり導入する会社ではありませんでした。これは会社を悪く言っているわけではなくて、現実的に考えて、取引先や業務内容を考慮すると難しい事情があったんです。

そうすると、私の大好きな最新テクノロジーを活用するお仕事はできません。「自分が率先していつか会社の仕組みを変えりゃいい」と言われたこともありましたが、そんなことができるようになるまでには月日が掛かりすぎます。実力があればぽんぽん昇進できる環境ならまだしも、緩やかな年功序列の会社でしたから。

新しい技術に何らかの形で関わりたいきもち

転職して何かこれからくる技術に関わりたい!!

技術者になるには知識がなさすぎるし、今から学ぶには遅いかもしれない。学ぶ気持ちはあるけどもしそもそも受け入れてもらえないなら営業でも事務でもなんでもいいから、最新のテクノロジーのことを考えられる仕事をしたいなーと、会社員2年目は沸々と転職を考えていました。

入るならITベンチャー企業かなあ、でもそれなら転職活動は東京でする必要があるなあ、そんなに有給をとって(かつ交通費をかけて)何度も東京に行けるほど時間はとらせてもらえないよなあ。転職を視野に入れてからはいろいろ悩みました。

2017年5月にリップルを買う

仮想通貨に投資をはじめたのは2017年5月、リップル(XRP)の高騰がきっかけです。2017年4月から日本の改正資金決済法が施行され、仮想通貨に波が来ていた時期です。当時リップルは20円くらいまで高騰していました。

ビットコインのベースとなる「ブロックチェーン」は大学の講義で少しだけ勉強していたので、ほんの少しの知識はありましたが、アルトコインの知識は皆無で「リップル?何それ食べれるの」状態。

(少額ですが)せっかく1年間貯めた大切な貯金を投資するので、Googleで検索してひたすら仮想通貨について調べ、どういう使われ方を想定されているか、各アルトコインにどんな特徴があるのか、たくさんのブログを読んで調べました。「仮想通貨」という呼ばれ方をしているけど、ただ決済手段として公開されているわけではなく、ブロックチェーンの技術を使うためのプラットフォームとして作られたアルトコインがあることも知りました。

ブログやTwitterで情報を集めるうちに、仮想通貨の界隈にどっぷり浸かりはじめます。

自分のブログを立ち上げて情報発信してみよう

私は大学生の頃、「iPhoneのアプリやニュースを紹介するブログ」を運営していました。立ち上げてから半年もせずにASPの大幅な改悪の被害を受け(すべての記事のリンクを貼り替えるハメに)辞めてしまいましたが、お小遣い程度(月5万くらい)の収益は稼いでいました(๑•̀ㅂ•́)و✧

5月に仮想通貨に参入したときに自分が多くのブログのお世話になった経験と、「まだ仮想通貨の情報をまとめて伝えるメディアが少ない」ことが組み合わさって、なら自分で始めてみようかと、はてなブログの有料会員に登録・お名前.comで独自ドメインを取得して、「仮想通貨でノマドワーカーをめざす(当時のブログタイトル)」を立ち上げました。

自分は技術的な難しいことは書けないし、トレードはほぼ初心者なのでトレード手法の記事も書けませんでしたが、「なるべく他より見やすく・分かりやすく書く」ことを意識して記事を作りました。どんなに良質な情報でも、最後まで読んでもらえなかったらもったいない!っていう気持ちで。

専業ブロガー、試してみてもいい?

やっぱりブログ書くの楽しい!!
一度くらい専業ブロガーチャレンジしても良いよね!!

自分一人で立ち上げたサイトで、こうしたら見やすいかな〜とか、こうしたら取引所に登録してもらえるかな〜とか、試行錯誤するのってほんとに楽しいです。

もちろんブログ開設当初は読んでくれる人も少なく、収益もほとんど入りませんでした。(ブログ開設当初〜2017年年末までの運営報告

収益も無く、仮想通貨ブログが本当にイケるのかも分からないときに辞意を伝えたので、上司や同僚からは「個人事業主は厳しい」「今の会社を辞めるのはもったいない」と心配の声をもらいました。もちろん、厳しいことや今の会社を辞めるのがもったいないことは、そんなことは重々分かっているんですが、「大学の頃のブログも結局兼兼兼業だったし、一度くらいフルに時間使ってブログのこと考えてみたいやんか」っていう気持ちが上回りました。

わざわざ辞めなくてもブログは書けますよ?

わざわざ会社を辞めなくてもブログは書けます。実際に2017年9月〜2018年2月までは平日日中は仕事、帰ってきてから記事を書いていました。

兼業でもできるのに会社を辞めた理由を聞かれると、正直褒められた答えは返せません。

通勤時間という究極の時間の無駄が嫌だったとか、毎朝決まった時間に起きて決まった時間に出社することが苦痛だったとか、好きなときに好きな場所に行ったり好きな人に会えないのが嫌だったとか、語りだせば理由は何十個でも挙げられますが、だいたい「〜が嫌」です。こう話すとダメ人間に聞こえますが、要するにいっちゃん大きな理由は「会社を辞めれば、ずっと諦めていたこともできるようになるよなあ」です。

時間があれば何でもできるじゃん

自由な時間にブログを書いてお金を稼ぐ「プロブロガー」は、自分で仕事の時間をコントロールすることができます。集中して「きょうやるコト」を済ましてしまえば、ふらっと海に行ったって、読みたかった本を読んだって、家族がいる方ならゆっくり子どもと過ごす時間をとることもできるわけです。

さらにいうと、もしかしたら仮想通貨は今だけのトレンドかもしれません。このジャンル、調べるのもめちゃめちゃ楽しいです。こんなに楽しくやれるのに仕事の合間にしか時間を費やせなかったとしたら、「あのとき会社辞めてでももっとやっておけばよかった」と後悔してしまうんじゃないか、「仮想通貨」ジャンルをやるなら本腰入れるのはなおさら早けりゃ早いほうがいいんじゃない?

と、ブログを開設した翌月である2017年10月には上司に辞意を伝えていました。

(なので、年末年始儲かって調子乗って仕事辞めたわけではありませんw)

こんなチャンスもう無いかもしれんよね

こんな傍から見ればふわっとした理由で会社を辞めたわけですが、この一年間はやりたいコトをがっつりやってみます。上手くいくか分かりませんし、もしかしたら一年後に「やっぱり会社員に戻ることにしました。就職活動します。」という記事を書いているかもしれませんw

ただ、長い人生の中でここまで分かりやすく「会社を辞めて好きなコトができるチャンス」が落ちているのはもしかしたら今が最初で最後かもしれません。お金やチャンスが落ちていたら誰でも拾いますよね。少なくとも今は生きていけるだけのアフィリエイト収入があって、仮想通貨で得た資産も少しはあります。一年間なら生きていける。

こんなチャンスもう無いかもしれんよね!

世界一のカジノ、マカオにいく

そんなこんなで会社を辞めて、4月からもブログを書いていくわけですが、このタイミングでもっっっっっっんの凄いチャンスが(๑•̀ㅂ•́)و✧

銭Pからの挑戦状!

 

世界一のカジノ【マカオ】に

 

飲む(飲食)
打つ(博打)
買う(このすけべ野郎が!)

 

ぜーんぶタダで招待します!!

 

持ってくるのはパスポート一つでオッケー。

 

財布も円もパタカも一切いらん!!裸で来い!!

 

パンツも服も現地でおしゃれなもん買ったるわ!!!

 

という破滅企画を行います!!!

 

【銭Pの挑戦状】マカオカジノで人生変えろ!飲む、打つ、買うぜーんぶ無料で招待します!

マカオ・・・?
飲む打つ買うぜんぶタダ(無料)????

行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい行きたい

応募するにはどうしたらいいの!!!!

なになに、応募は銭げばおさん(@zenigebazura1)のツイートをリツイートしてリプライするだけ…

面白くもなんともない応募ツイートをして、首を長くして結果発表を待っていました。

「行きたいきもち」がふだんのツイートにも表れていますね。

カジノはほんとに初体験だし、かろうじてパスポートは持ってるけど海外旅行なんて人生に一度しか行ったこと無いし、マカオってお金持ちが行くところだと、遥か遠くの夢の場所だと思ってた。でももしかしたら抽選で初マカオにイケるかもしれないし、会いたかったけど予定が合わずに会えなかった銭げばさんにも会えるかもしれん!!

どきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどき

結果発表:一人目

!!!??????????
キタ━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━!!

発表を知ったのは、ちょうど大阪から東京にきて新居の契約が終わったタイミングでした。しかも、

彼女とハードフォーク(分裂)した直後というタイミング。(マナさんありがとう)

楽しみだけどやっぱり不安だし不安だし寂しくてしょうがない、けど楽しみ。新しい生活が始まったその日に、エスポワール行きのチケットが舞い込んできたんです。

何があっても行くでしょ!!!!

4月16日からマカオ!

特別枠として選んでいただいたので、

  • 抽選枠
  • ブロガー枠
  • 借金返済など想いが強い方枠

の3名の方はまだ発表されていません!どんな方と一緒にカジノに行くことになるのか、その発表も楽しみであります。

マカオは4月16日からなので、出発日までに最低限のゲームの知識は頭に入れておきたい。勝ちたい!!人生変えるぞ!!!!

銭げばおさんのこのメッセージが好き

最後に。

銭げばさんのこのツイートをみんなに読んでほしい。

カジノはお金なんて粗末に扱ってもいいんだよと教えてくれる場所。
労働の凝縮体験を繰り返し、金だけ求める虚しさを知り、誰かの笑顔や楽しさの方が100倍価値があることが分かる。

 

仮想通貨も一緒。手っ取り早く金銭感覚を破壊してくれるものはある意味尊い。

カジノ旅行記、私もレポート記事を書くので読んでください(๑•̀ㅂ•́)و✧

ではでは!!!!

12 Comments

www.linux.co.uk

Night family devоtions һad been probably the most essential parts off Lee
and Laгry?s day. Daddy read part of the storry of Jeus coming at Christmas which is tһe place he read yearly during December so they wouⅼd know the actual reasn for Christmas, to have
a good time the biгth ⲟf Jesus. At the finish of
it, Lee asked, ?Daddy, did Jesus get a birthday celebration yearly wih presents and a cⅼown too?

返信する
www.linux.net

Lee aand Larry loᴠed their sixth birthday party. Although they have been twins,
Mommy and Daddy at all times made positive they very hhɑd a
special time. And with theіr birthdays coming in December, Mommy and DadԀy additionally
all the time made positive their birthdays have been speciaⅼ despite the fact that Christmas wwas right around the cоrner.

The occasion was so fun with a clown and ccake and songs and fantastic peesents from their palls and
grandⲣarents and uncⅼe and aunts. It went by so գuick however earlier than tuey knew it, everybody had gone dwelling
and it was time to scrub up and get ready for bed.

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です