BitMEX(ビットメックス)の特徴、使い方、登録方法を解説しました。【最新】

7 min

2020年5月1日よりビットメックスの日本居住者の利用が制限され、取引できなくなります。代わりの取引所としてFTXがよく挙げられるので、FTX取引所についてまとめた記事を書きました。

結論から言うと、「乗り換え先としてあり」だと考えています。

BINANCE(バイナンス)の資本が入っていて業務提携をしているので一定の信頼性があり、また取引所のスペックや独自トークンなどの仕組みをみても、仮想通貨・ブロックチェーンを上手に取り入れている取引所です。

レバレッジトークンの売買で遊んでみるもよし、2020年のアメリカ大統領選挙の投票トークンに賭けてみるもよし、アルトコインのインデックス型トークンを購入してみるもよし。BitMEXのコピーのbybitのような取引所とは毛色が違うものの、独自色の強い面白い取引所なので是非一度触ってみてください。

お客様各位

日本政府が暗号資産への規制を進め、強化しようとしていることは、報道などからご承知のことと存じます。当社は、この急速に拡大するアセットクラスの発展を支える規範を定立しようとする当局の努力を支持いたします。

今月はじめの政令により金融商品取引法及び資金決済に関する法律の改正が施行されることを受け、当社では日本の居住者の皆様へ提供するサービスを変更いたします。当社のWebサイト上で発表された通り、2020年5月1日午前零時(日本時間)をもって、既にアカウントをお持ちのユーザーが利用できる機能が制限されます。これにより、お客様は当社のアフィリエイト・プログラムから手数料を受け取ることができなくなります。また、新たにポジションを構築したり、既存のポジションを拡大する取引を発注したりすることはできなくなります。しかし、お客様が既にお持ちのポジションが影響を受けることはなく、これらは関連する契約約款に従い継続されます。当社にお預けいただいているビットコインは、ポジションの証拠金として必要となる範囲を除き、ご出金いただきますようお願いいたします。なお、お持ちのポジションの証拠金を維持するために必要なビットコインを預け入れることは認められます。

当社は、日本市場を支える当局との協議を継続する意向であり、進展がありましたらお客様にお知らせいたします。ご質問のある方、または当社での取引が制限されていない国または地域に居住されている方は、ご遠慮なく問い合わせフォーム当社サポートへご連絡ください。

BitMEX

BitMEX(ビットメックス)とは

BitMEX(ビットメックス)とは、セーシェルに拠点を置くHDR Global Trading Limitedが運営する仮想通貨デリバティブ取引サービスです。

2014年にアーサー・ヘイズによって設立され、保険基金によるゼロカットシステムや最大100倍レバレッジの証拠金取引の使いやすさ、長年の運営実績から信頼性が高まり、2019年には年間出来高が2兆円規模にまで増加しました。

海外の取引所でありながら日本語にも対応しており、カスタマーサポートのメールも日本人スタッフがすぐに返信してくれます。

BitMEX(ビットメックス)は、追証なしの最大レバレッジ100倍で取引できる仮想通貨/ビットコインFX取引所です。

レバレッジとは、預け入れた資金よりも高額のお金を動かすしくみで、10万円をレバレッジ100倍で取引すると1,000万円分のポジションを持つことができます。

登録もメールアドレスさえあれば10分程度で完了します。この記事では、なるべく初心者にも優しくビットメックスについて解説していきますね。

ビットメックスの特徴

ビットメックスは香港に拠点を置く取引所で、日本のビットコインFXトレーダーからも人気があります。

Twitterで市況配信している方をみると、使用している取引所はビットフライヤーかビットメックスが大半を占めます。取引量が圧倒的に多く、その割にサーバー落ちや注文が通らないなどのトラブルも少ないのが人気の理由です。

日本の取引所のみで取引している方でも、ビットメックスやBitfinex(ビットフィネックス)の価格変動を参考にしている方が多いため、これらの取引所は価格指標としてもほぼ必須となっています。

URLhttps://www.bitmex.com/
会社名HDR Global Trading Limited.
設立2014年
取り扱い通貨8種類
XBT(BTC)
XRP
LTC
ETH
EOS
TRX
BCH
ADA
レバレッジ最大100倍
入金手数料無料
出金手数料ネットワーク手数料のみ
1日1回(日本時間22時)
追証(借金リスク)なし
言語日本語に対応
(サポートも)
サーバー
利用開始まで本人確認不要

XBT=ビットコインのことです。ビットメックスではXBTという独自通貨を取引することで、100倍のレバレッジを実現しています。

ビットメックスは追証なし

ビットメックスは少額投資に向いている

ビットメックスは高いレバレッジで取引できるため、ハイリスク・ハイリターンのトレードも可能な上、借金リスクとなる追証がありません。

追証とは、取引で発生した損失に追加で入金しなければならない証拠金のことです。急な価格変動でロスカットを受けた人に請求されるのですが、ビットメックスでは追証は無いので、万が一ロスカットされても証拠金の損失のみで済みます。

預けたお金に対してどれくらいの額を動かせるか。例えば、レバレッジ最大5倍で1万円を預けると、1万円×5倍で最大5万円分の額をトレードできる。

証拠金維持率が一定の割合を下回ると発生する。追証が発生してしまうと、追加で証拠金を預ける必要がある。

日本の取引所は仮想通貨交換業協会(JVCEA)の自主規制により、最大レバレッジが4倍に引き下げられる動きが加速しています。

これまでは25倍の倍率でトレードできたところもありましたが、今後はハイレバ(高いレバレッジ)で取引するなら海外の取引所を利用する他なくなりました。

もちろんハイレバでの取引はリスクが高いのですが、少額の資金で大きく増やせる魅力があるので、ビットメックスの利用者は今後も増えていくと思います。

ビットメックスは日本語対応

ビットメックスは海外取引所なので、英語が使えなくて不安な方も多いと思います。

ですが、2019年4月現在はビットメックスは完全日本語対応しており、問い合わせのサポートも日本語で受けることができます。

私も何度か問い合わせしたことがありますが、どれも1時間以内には返信がくるハイスピードな対応でした。下手な国内取引所を使うよりも、サポート面は安心できると思います。

ビットメックスの手数料

ビットメックスの利用にかかる手数料は他と比べても低いです。

入金手数料無料
出金手数料無料
(ネットワーク手数料は必要)
Taker手数料0.075%
(当サイトのリンクで6ヶ月10%オフ)
Maker手数料-0.025%
(6ヶ月10%オフはこちらにも適用)
ファンディング手数料
(Funding)
-0.375%~0.375%で変動
(8時間ごとに公開)
決済手数料0.05%

成行(Taker)手数料は0.075%ですが、当サイトのリンクから登録すると6ヶ月間10%オフになります。(10%オフは指値(Maker)手数料のマイナス手数料にも適用されるので注意です。)

注目すべきはロング/ショートポジションに発生するFunding手数料で、8時間おきに変動するこの手数料の動向が取引指標としても話題になります。

ビットメックス以外の取引所でトレードしている方でも、ロング/ショート比率が分かるこのFunding手数料(資金調達率)はチェックしておくことをオススメします。

手数料に関しては次の記事で詳しく解説しています。

新規登録〜使い方を解説

まずはビットメックスの公式サイトにアクセスしましょう。

当サイトより登録すると「6ヶ月間手数料10%割引」の特典が得られます。成行にかかる手数料は大きいので、手数料割引を受けておいたほうが良いと思います。

必要事項を入力して「登録」
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 居住国
  • 名前

を入力し、CAPTCHAをスライドして「送信」をクリックすると登録完了です。

ビットメックスの登録完了
ビットメックスの確認メール

ビットメックスから先ほど入力したメールアドレスにメールが届きます。

「Verify My Email」をクリックすると、これでビットメックスの本登録手続きは終わりです。

国内取引所で口座開設するときは、本人確認書類の提出や郵送での確認などが必要になります。海外取引所であるbitmexは登録がとても簡単です。

ビットメックスのチャート画面

ビットメックスは世界中で利用されているため、攻撃をしかける悪い人たちもたくさんいます。
大切な資産を預けることになりますから、bitmexでも最低限のセキュリティを設定しておきましょう。

ビットメックスのメニュー

ビットメックスログイン後、画面上のメニューから「アカウント」を選択します。

左側にあるメニューから「アカウントとリファレンス」をクリックし、「マイアカウント」を選びましょう。

ビットメックスのセキュリティ

下の方の「セキュリティ」項目から「2要素認証を有効化」をクリックし、「Google認証システム」か「ユビキー」を選びます。

ビットメックスの二段階認証

Google認証システムを選ぶ場合、QRコードをスマホアプリ側で読み取って、

二段階認証アプリ側に表示されるコードをビットメックス側で入力、「送信する」をクリックしましょう。

これで設定完了です。

トレードの準備

ビットメックスへの登録が完了したら、いよいよトレードの準備です。

ビットメックスは日本円やUSDの入金は対応しておらず、「ビットコイン」を入金する必要があります。

あらかじめ日本語の取引所でビットコインを買っておきましょう。

ビットメックスのメニュー

ビットメックスログイン後、メニューから「アカウント」を選択し、左側のメニューから「入金」をクリックしましょう。

ビットメックスの入金

BTC入金用のQRコードとアドレスが表示されるため、そのアドレスに送金します。

以上で入金が完了します。
BTC送金には少し時間があるため、しばらく待ちましょう。

[tl label=’STEP.5′ title=’ビットメックスからの出金’]

ビットメックスからのBTC送金方法です。

ビットメックスの送金

ビットメックスのトップページ「アカウント」から、「出金」を選びましょう。

ビットメックスの出金画面

  • 送金先のBTCアドレス
  • 金額(XBT=BTC)
  • 二段階認証の6ケタ

を入力し、「送信」をクリック。

[/tl]

[tl label=’STEP.5′ title=’メールで出金を確認’]

ビットメックスの出金確認

登録メールアドレスにbitmexから「出金を確認メール」が届きます。

メール内の「出金を確認」をクリックし、トランザクション処理を確定しましょう。

ビットメックスの出金処理は一日一回出金の処理は毎日日本時間の22時に確定、処理が実行されます。

[safe title=”誤って出金した場合”]誤って出金した場合でも、22時までならキャンセルできるため、焦らずに「出金をキャンセル」しましょう。[/safe]

[/tl]

スポンサーリンク
コインチェック

トレード注文画面の見方

スマホからでもPCからでも注文画面の見方は同じです。

  • 数量に「○○」USDと入力
  • 指値に希望する価格を入力
  • レバレッジをゲージを動かして選択
  • 買い/売りを選ぶ

ビットメックスには指値注文と成行注文があります。

指値注文は、価格を指定する注文方法です。希望の価格で売り買いができますが、注文がマッチングしなければ売買できないので、なかなか取引成立しない場合があります。

成行注文は、最も近い注文板を拾って取引するため、今すぐに買いたい/売りたいときに使います。

レバレッジは、真ん中あたりのバーを動かして設定します。

デフォルトは一番左の「クロス」になっていますが、ビットメックスの全ての残高を証拠金にあてる設定なので、ロスカットされると全ての証拠金が失われます。気をつけましょう。

初心者の方は、トレードの練習も兼ねてレバレッジ1倍〜5倍程度からはじめることをおすすめします。

ビットメックスのアプリ

ビットメックスはパソコンからトレードするのが一番ですが、「出先でトレードしたい」「ポジションの確認をしたい」という方も多いでしょう。

私もスマホから相場を確認することのほうが多いです。

しかし、いまのところビットメックスにはスマートフォンアプリがありません。

ビットメックスをホームに追加

ビットメックスは公式スマホアプリはありませんが、スマホからのトレードの準備をご紹介します。

(iPhoneの画面で説明します)

ビットメックスのアプリ化

ビットメックスの公式サイトにアクセスし、画面下部中央のアイコンをタップしましょう。

ビットメックスのアプリ化

表示されるメニュー内の「ホーム画面に追加」を選択。

ビットメックスをホームに追加

右上の「追加」をタップすると、
ホーム画面にアイコンが表示されワンタップでトレード画面を開くことができます。

ビットメックスでスマホからのトレードの際には試してみてくださいね。

スポンサーリンク
コインチェック

アフィリエイト(紹介)プログラム

ビットメックスにはアフィリエイトプログラムがあります。

アフィリエイトとは、紹介制度のようなもので、与えられたリンクを使って誰かが登録すると、紹介者の取引手数料の一部が報酬として与えられます。

ビットメックスのアフィリエイトの嬉しい点は「紹介された側にもメリットがある」ことです。アフィリエイトリンクを踏んで登録すると、紹介された側は6ヶ月間の手数料割引を受けられます。

ビットメックスのアフィリエイト

ビットメックスのアフィリエイトは、うけとれる報酬の率がアフィリエイトレベルによって異なります。アフィリエイトレベルは、「紹介した人のトータル取引高」によって上げることができます。

  • 0XBT超:10%
  • 1,000XBT超:15%
  • 10,000XBT超:20%

登録したばかりのアカウントでは「取引手数料の10%」が、1,000XBT以上のトレードをしてもらうと15%、さらに10,000XBT以上のトレードをしてもらうと20%、というふうに支払い報酬率が上がっていきます。

実際どれくらい儲かるのか?

アフィリエイトで実際どれくらい儲かるのか?についてです。これは良く聞かれるので追記させていただきます。

アフィリエイトの報酬は紹介者がどれだけ成行注文を使ったかに左右されますし、支払い手数料は当然ムラがあるので、あくまで私の事例となりますが、

おおよそ100BTCの取引で0.01BTCあるか無いか、程度と考えて良いと思います。

恐らく想像よりも少ないのではないでしょうか。

ビットメックスなどの取引手数料還元パターンの取引所は、基本的にかなりの人数を紹介しないと雀の涙程度です。ただ、バンバントレードする大口を紹介するとそれだけで結構報酬が入ってくる場合もあるので、人数よりも「頻繁に取引するトレーダーを紹介できるか」の方が重要です。

ビットメックスのアカウントを複製してセルフアフィリエイトを勧める方もいらっしゃいますが、利用規約には明確に禁止されているので、アカウント停止などのリスクを考えるとやめておいたほうが良いと思います。

また、「6ヶ月間は手数料無料」のキャンペーンを逆手に取って、「6ヶ月経ったら再登録」というふうに誘導するサイトもありますが、こちらも利用規約上禁止されています。

アフィリエイトをする際は、必ず利用規約を確認しておきましょうね。

ビットメックスまとめ

  • レバレッジ最大100倍
  • 追証(借金リスク)なし
  • 日本語に対応している
  • 問い合わせサポートも日本語OK
  • 取り扱い通貨は8種類
  • 取引量のわりにサーバーが軽い
  • 登録は3分あれば完了する

ビットメックスは、あっという間に日本の仮想通貨トレーダーの定番取引所となりました。当サイトから登録していただいた方も1,000人を超え、個人的には最も安心してオススメできる取引所です。

日本語サポートにも対応していますし、利用者が多い中注文を捌ける強いサーバーもあるので、日本の取引所よりも信用できるのでは?と囁かれるほどです。

もちろん「100倍」のレバレッジをかけるのはハイリスクなので、1倍〜5倍から慣れてみることをおすすめします。非常に快適なため、ビットコインFXを本格的にやってみたい方にはぜひ使ってほしい取引所です。

以上、ビットメックスについてでした。

カズト

カズト

大学を卒業後、クレジット・リース会社で法人営業を2年間→サイト運営で個人事業主として独立。暗号資産歴とサイト運営歴は3年目です。

ダイヤモンドZAiの仮想通貨特集掲載、コインテレグラフ寄稿、CryptoTimes主催イベント登壇、BITDAYS主催イベント登壇など

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事