【最大5万円バック】ノックアウトオプション

BTCFX(ビットコインFX)とは? │ 話題のBTCFXの基本的な特徴とメリットを解説

BTCFX

仮想通貨市場は2017年のバブル相場崩壊以降、低調な動きを続けています。昨年はどのタイミングでビットコインを買っていても保有し続けていると損する相場でした。

そこで2018年以降、下落局面であっても空売り(ショート)で利益を出せるBTCFXが注目を浴びています。

「FX」と聞くと難しく聞こえるかもしれませんが、BTCFXは仕組みさえ理解すればそれほど難しくありません。

すでに仮想通貨を保有している方なら、証拠金にするビットコインを送金するだけでかんたんに始められます。

本記事では、前提となるBTCFXの特徴や為替FXとの違い、考えうるリスクなどをまとめました。

BTCFXランキング

  • bitmex

    bitFlyerから乗り換えるには最適の人気No.1取引所。入出金がBTCのみなので、BTCの下落に巻き込まれるのには注意。BTCは最大レバレッジが100倍、取引量も世界トップクラスに多いので、BTCを取引するなら必ず作っておきたい取引所の1つ。

    評価
    魅力追証無し/レバ最大100倍
    通貨BTC/XRP/ADA/TRXなど

  • cryptogt

    BNB/ADA/XRPなど豊富なアルトコインを取引できるFX取引所。急変動時にスプレッドが開くことがあるので注意したいが、十分メイン取引所として使える。USDTを証拠金にFXができるようになったので、BTCの下落を気にせずに資産を預けられる。

    評価
    魅力USDT証拠金/豊富なアルト
    通貨BTC/BNB/ADA/XRPなど

  • BaseFEX

    BNB/OKB/HTなどの取引所トークンをレバレッジ取引できる。急変動時にサーバーがよく落ちるので、メインの取引に使うには不安が残るが、サブに使うには便利。

    評価
    魅力BitMEX風UI/OKBなどの取引所トークン
    通貨BTC/ATOM/BNB/OKB/HTなど

現物売買とBTCFXの違い

ビットコインの現物取引は、ビットコインを実際に購入・売却することを指します。

購入したビットコインを使ってリアル店舗で決済できますし、誰かに送金することも可能です。ICOに参加することも、ウォレットに入れて保管することも自由です。

要するに「デジタルのお金を手にした」状態です。

一方、BTCFXは実際にビットコインを購入するわけではなく、売り買い注文の差金(価格差)で利益を得るトレードするしくみです。

BTCFXを一言で説明すると、以下のようになります。

証拠金を預け入れ、主に差金決済によりビットコインなどの仮想通貨を売買できるサービス。

証拠金とは

FXを行うために、担保として預け入れるお金のこと。一般的には、担保(証拠金)の10倍〜20倍の金額で売買が行えるため、FXは資金効率が良いといわれています。

うーん。これだとまだ難しいですよね。

もう少し噛みくだいて見ていきましょう。

差金決済とは

差金決済とは

差金決済とは、現物(ビットコイン)の受け渡しを行わずに、売りと買いの差額の授受で取引することです。

具体的に説明すると、

ビットコインを100万円で買い、同じ日に110万円で売ったとします。このとき、実際にはビットコインのやりとりはせず、結果として出た差額の10万円だけを受け取りました。

これが差金決済です。

ビットコインを買わなくても、差額のみをやり取りすることができるのが特徴です。

利益が出ればビットコインや日本円が増えます。上がるか下がるか予想してお金を掛けるイメージです。もちろん、ビットコインの価格が想定と逆に動くと損失が出ることも忘れないでくださいね。

メリット:少ない資金で大きく取引

by bitFlyer

BTCFXの最も大きな魅力は、小さな元手で大きなお金を動かせることです。

投資と聞くと、お金持ちでないと儲からないイメージがあります。現物取引だと預けた額分のビットコインしか買えませんが、FXは預けた額以上の取引ができます

この仕組みを「レバレッジ(テコの原理)」と呼びます。

日本国内の仮想通貨取引所では、最大レバレッジが25倍に設定されていることが多いですが、レバレッジ25倍設定で10万円を預けると、最大250万円分の取引ができます。

自分が持っているお金より大きな額を動かせるので、うまくいくと大きな利益を得ることができます。

注意
失敗したときの損失も大きくなるので、初心者は特にレバレッジの設定は気をつけなければなりません。慣れないうちは少額から運用してみましょう。

メリット:空売り(ショート)

仮想通貨は2018年に入ってから相場の状況が悪く、「バブル崩壊」と揶揄される長い下落相場に突入しています。

ビットコインの現物取引では「安く買って高く売る」取引しかできないので、この下落相場に対応するのは難しく、利益をとるためには要所要所のリバ(跳ね返り)の値幅をとるしかありません。

一方、BTCFXでは、手元にビットコインがなくてもビットコインを「売る」ことができます(ショート取引)

後日、市場から買い戻すときの差額で利益/損失を確定させます。

売り(ショート)のメリットは、下落相場でも利益を上げられることです。

ビットコインの価格が下落する前にショートを入れ、下落してから買い戻すことでその差額が儲かるんですね。

注意
ビットコインは短期の値動きが激しく、売り(ショート)で入った後に急騰すると、一気に損失を被ってしまう可能性があるため初心者は慎重にすべき取引です。

外国為替FXとBTCFXの違い

「FX」と聞くと、日本円とアメリカドルなどのフィアット(法定通貨)の取引を連想する方が多いのではないでしょうか。

FX取引のしくみ自体は両者とも同じですが、外国為替取引(FX)とBTCFXで異なる点がいくつかあります。

表を見て比較してみましょう。

  外国為替FX BTCFX
取引通貨 ドル、ユーロ、円など 仮想通貨
レバレッジ (国内)最大25倍
(海外)上限なし
(国内)最大25倍
(海外)上限なし
値動き 1日90pips程度 激しい
取引時間 土日は休み 24時間365日
口座開設まで 最低でも2~3営業日 (国内)最低2~3営業日
(海外)数分でOK
追証(借金リスク) (国内)あり
(海外)なし
(国内)あり
(海外)なし

※取引所によりますが、主な傾向を表にしました

BTCFXのレバレッジは取引所によって異なりますが、国内では最大25倍のレバレッジが可能です。

外国為替取引(FX)も最大25倍なので、ここは変わりませんね。

BTCFXは値動きが激しい

ボラリティは、価格変動率のことで、どれくらい値動きが大きいかを示します。

ドル円の1日平均のボラリティは90pipsほどですが、ビットコインはその6倍以上。日によってはとてつもなく価格変動します。

BTCFXは24時間365日取引ができる

外国為替取引(FX)は土日は休みですが、BTCFXは24時間365日動いています。

そのため、平日はFXトレードをしながら、土日はビットコインで遊んでいる人もいます。

休む暇がないので、適度にトレードから離れてリラックスする時間を設けることをおすすめします

外国為替FXのレバレッジは10倍程度に

FX(外国為替証拠金取引)の最大レバレッジは近々引き下げられそうです。

現在、FXのレバレッジは現在25倍ですが、金融庁がこれを「10倍程度に」引き下げることを検討しています。

理由は、外国為替相場が大きく変動した際、個人投資家や金融機関が想定以上の損失を抱えるリスクが高まっているため。

株ドットコム証券の齋藤正勝社長もこんな発言をしています。

「FX(外国為替証拠金取引)のレバレッジ上限引き下げは間違いなく早いタイミングで行われるだろう。多くの顧客がビットコインに流れ、2018年は仮想通貨ビジネスがネット証券の主戦場になる」

FX(外国為替証拠金取引)の規制が見直されることで、BTCFXにネット証券勢がなだれ込んでくる可能性があります。

大手ネット証券グループでは↓の2社が取引所にすでに参入しています。

  • SBIホールディングス(SBIバーチャル・カレンシーズ)
  • GMOフィナンシャルホールディングス(GMOコイン)

また、楽天証券とカブドットコム証券もBTCFXへの参入に関心を示しています。

世界でも特異なFX市場を築き上げた国内ネット証券。
BTCFX市場に本格的に乗り出すなら、FX投資家が大量に仮想通貨に乗り換えてきてもおかしくありません。

参考 FX証拠金倍率を引き下げ 10倍程度に、金融庁検討日本経済新聞

BTCFX初心者におすすめの取引所

BTCFXを始めるには、取引所のアカウントを作成する必要があります。

すでにビットコインを保有している方や、日本国内の取引所を使っている方は海外取引所のビットメックスcryptogtがおすすめ。

初めて仮想通貨に触れる方には、スマホアプリが使いやすいGMOコインがおすすめです。

bitFlyerなどの国内取引所は手数料が高くとられるので海外取引所を使うトレーダーが増えています

海外取引所は危なくないの?

海外取引所が日本で使えるのは違法ではないか?と言う方をたまに見かけますが、現状「差金決済取引のみを扱う取引所」は資金決済法の「仮想通貨交換業」とは見なされず、規制される法律がありません。

CryptoGTは仮想通貨交換業の認可が必要なのか 海外BTCFX取引所は違法?資金決済法と仮想通貨交換業のガイドラインを解説

↑の記事を読んでいただければ、法律面で問題がないことが分かります。

続いてセキュリティについてですが、ビットメックスは一日一回だけビットコインの出金処理をしており、その処理も人が介して不審な動きが無いかチェックをしています。

cryptogtに関しても、顧客の資産はコールドウォレットに管理されており、今のところは一度もハッキング事件がありません。

特にビットメックスは歴史も長く、多くの海外FXトレーダーが利用しているので日本の取引所以上に安全管理をしている印象です。

最後に、利用上のリスクですが、上記にあげた取引所は比較的注文が通りやすく、(他よりも)サーバーが強い特徴があります。

追証(借金リスク)もありませんし、預けた金額分だけリスクとなるのも明瞭で分かりやすいのではないでしょうか。

Q&A

BTCFX関連Q&A

Q.BTCFXのデメリット・注意点は?
A.ビットコインはボラティリティが非常に高いため、現物売買以上に資産管理に気をつける必要があります。なるべく証拠金を減らし、急変動がきても耐えうるようにしておきましょう。

Q.BTCFXの税金は?
A.国内業者のFXは申告分離課税の20.315%(住民税込)ですが、ビットコインFX(BTCFX)は総合課税の雑所得として扱われるため、給与所得を含めた収入によって異なります。具体的には、住民税を合わせて15%~55%の税率となります。

まとめ

個人的には、海外取引所への抵抗がなければ、ビットメックスかcryptogtがおすすめです。

それぞれの取引所の使い方は↓の記事でまとめているので、参考にしていただければ幸いです。

cryptogt徹底解説 【最新】CryptoGTとは?登録方法からMT5の使い方までCryptoGTを徹底解説 ビットメックスの使い方、手数料、登録方法を解説。【ビットメックスまとめ】