バイナンスとは?登録方法と使い方を解説 │ 世界最大の取引所バイナンス

5 min

2020年5月1日よりビットメックスの日本居住者の利用が制限され、取引できなくなります。代わりの取引所としてFTXがよく挙げられるので、FTX取引所についてまとめた記事を書きました。

結論から言うと、「乗り換え先としてあり」だと考えています。

BINANCE(バイナンス)の資本が入っていて業務提携をしているので一定の信頼性があり、また取引所のスペックや独自トークンなどの仕組みをみても、仮想通貨・ブロックチェーンを上手に取り入れている取引所です。

レバレッジトークンの売買で遊んでみるもよし、2020年のアメリカ大統領選挙の投票トークンに賭けてみるもよし、アルトコインのインデックス型トークンを購入してみるもよし。BitMEXのコピーのbybitのような取引所とは毛色が違うものの、独自色の強い面白い取引所なので是非一度触ってみてください。

お客様各位

日本政府が暗号資産への規制を進め、強化しようとしていることは、報道などからご承知のことと存じます。当社は、この急速に拡大するアセットクラスの発展を支える規範を定立しようとする当局の努力を支持いたします。

今月はじめの政令により金融商品取引法及び資金決済に関する法律の改正が施行されることを受け、当社では日本の居住者の皆様へ提供するサービスを変更いたします。当社のWebサイト上で発表された通り、2020年5月1日午前零時(日本時間)をもって、既にアカウントをお持ちのユーザーが利用できる機能が制限されます。これにより、お客様は当社のアフィリエイト・プログラムから手数料を受け取ることができなくなります。また、新たにポジションを構築したり、既存のポジションを拡大する取引を発注したりすることはできなくなります。しかし、お客様が既にお持ちのポジションが影響を受けることはなく、これらは関連する契約約款に従い継続されます。当社にお預けいただいているビットコインは、ポジションの証拠金として必要となる範囲を除き、ご出金いただきますようお願いいたします。なお、お持ちのポジションの証拠金を維持するために必要なビットコインを預け入れることは認められます。

当社は、日本市場を支える当局との協議を継続する意向であり、進展がありましたらお客様にお知らせいたします。ご質問のある方、または当社での取引が制限されていない国または地域に居住されている方は、ご遠慮なく問い合わせフォーム当社サポートへご連絡ください。

BitMEX

バイナンスは、世界最大の仮想通貨取引所で、150種類以上のコインを購入できる取引所です。

海外の取引所ですが、セキュリティの堅牢さ、安心感は日本の取引所以上と評価されています。

日本語に対応していない英語(English)表記の取引所なので、慣れていない初心者にはちょっと難しく感じますが、この記事で丁寧に解説していくので安心してください。仮想通貨トレーダーのほとんどはバイナンスのアカウントを持っています。

この記事では、日本語で分かりやすく、海外取引所のバイナンスの特徴と登録方法を解説します。

運営元BINANCE Inc.
本社マルタ島
代表取締役Changpeng Zhao(CZ)
設立2017年7月
サイトhttps://www.binance.com/
スマホアプリ現在インストール不可
取り扱い銘柄150種類以上
取引手数料0.1%
言語日本語非対応
独自トークンBinanceCoin(BNB)

バイナンスとは

バイナンスは世界の取引高ランキング上位の勢いのある取引所で、日本の中級者以上の仮想通貨トレーダーはほとんどの人がアカウントを持っているほどの人気取引所です。

仮想通貨界隈には凄まじい影響力があり、バイナンスに上場した通貨は価格が高騰し、CEOのChanpeng Zhao(CZ)氏のTwitterの発言にも注目されています。

  • 独自通貨BinanceCoin(BNB)が人気
  • 取引手数料が日本より格段に安い
  • 取扱いコインが豊富
  • ハッキングなどへの対応が誠実
  • 登録は5分もあればOK

バイナンスは日本語に非対応

バイナンスは日本語には対応していません。

以前は言語メニューに[日本語]が含まれていたのですが、日本の金融庁が海外業者であるバイナンスに直接指摘をしたことで、日本語のメニューが外されました。

そのため、今後日本語に対応する可能性も低いでしょう。暫定措置として、GoogleChromeやSafariの翻訳機能を使えば日本語で表示することができますよ。

英語表記ははじめは難しいかもしれませんが、それほど難しい単語は使われていないのでしばらく使っていれば慣れると思います。

取り扱い通貨が多い

バイナンスの最大の特徴は、取り扱い通貨の豊富さです。

バイナンスでは150種類以上の通貨が上場されています。日本の取引所では多くても取り扱い通貨が10種類程度で、その差は桁違いです。

たくさんの通貨を上場しているといっても、やみくもにリストに追加しているわけではなく、バイナンスに上場できるのは厳しい審査をクリアしたもののみです。

そのため、バイナンスに上場した通貨は一時的にではありますが価格が高騰するなど、仮想通貨市場にかなりの影響を与えています。

バイナンスの手数料

バイナンスの最大の特徴は、その低い手数料です。

取引手数料は0.1%に設定されています。同じ海外取引所であるPoloniexやBittrexは0.15〜0.25%の手数料なので、およそ半分以下の手数料で取引することができます。

さらに、バイナンストークン(BNB)を使って支払えば、手数料が実質0.05%で取引できます。

バイナンスのBNB

 

トップページ → ユーザーセンター

バイナンスコイン(BNB)のオン・オフ設定は、個人画面からカンタンに切り替え可能です。

頻繁にトレードをする人は、この手数料の差は非常に重要です。バイナンスで取引してたら勝てたのに、高い手数料で負けてしまったということもあります。

バイナンスの取引所リスク

バイナンスは海外にある取引所なので、こういったリスクもあります。

  • サポートが日本語未対応のため、万が一のときは英語でやり取り
  • ハッキング、盗難のリスク

バイナンスはセキュリティに力を入れており、外部からの評価も高いのが特徴です。

他の取引所と比べてもハッキング流出のリスクが低いと思われます。しかし、ハッキング、盗難の可能性がゼロというわけではありませんので、他の取引所同様、最低限のセキュリティとして二段階認証の設定は必ずしておきましょう。

取引しない資産は抜いておき、なるべく大きな資産をバイナンスに預けないようにすることが大切です。

バイナンスの登録方法

では実際にバイナンスに登録してみましょう。

バイナンスの登録

登録画面から以下項目を入力し、「Please slide to verify」をクリックしながらスライドします。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • パスワード(確認)
バイナンスの登録

表示される文字を入力して、「Submit」、「登録」をクリックします。

文字が読めない場合は隣の矢印ボタンをクリックすると別の文字列になりますよ。

バイナンスの登録

入力したメールアドレスに確認メールが送信されます。

バイナンスの登録

こんなメールが届くので、「Verify Email」をクリックします。

バイナンスの登録

これで登録完了です。

バイナンスへの登録自体は数分でできますよね。

「ログイン」をクリックして、バイナンスの初期画面に進みましょう。

バイナンスの二段階認証

二段階認証の画面が表示されます。

「Google」と「携帯SMS」で選ぶことができるのですが、残念ながら携帯認証は中国の携帯番号のみに対応とのこと。

Googleを選び、二段階認証を設定しましょう。

バイナンスの登録作業を終えたら、取引するために入金してみます。

バイナンスは日本円には対応していないため、仮想通貨を入金する必要があります。

バイナンスは国内取引所でビットコイン(BTC)を購入して、バイナンスに送金する必要があります。

バイナンスの入金

「資産 → 預金の引き出し」にアクセス。

バイナンスの入金

各通貨の入金・引き出しができます。

ビットコインを入金する場合、検索項目に「bitcoin」を入れ、BTCの行の「預金」をクリック。

バイナンスの入金

表示される預金アドレスに「ビットコインを送金」すると、チャージされます。

バイナンスの入金

ちなみに、本人確認をしなくても1日2BTCの引き出しができます。

100BTCに上限を引き上げる場合はパスポートなどの身分証を登録しましょう。

バイナンスの認証

取引画面はこんな感じです。バイナンスに登録する

バイナンスの認証

バイナンスは登録時点では1日2BTCまでの出金制限が掛かっています。

パスポートの提出で【100BTC】に上限を上げることができるため、余裕のある方は出金制限の解除をしておきましょう。

マイページの【身分認証完成】をクリックします。

バイナンス 登録

タイプは【ほかの国と地域】を選択。

【名前】と【性別】、【国または地域】と【パスポート番号】を入力しましょう。

バイナンス 登録

パスポートカバー(パスポートの表紙)と個人情報ページ(写真等が載っているページ)をアップロードします。

バイナンス 登録

最後に【パスポートの個人情報ページ】と【BINANCE+今日の日付】を書いた紙をみせながら自撮りします。

アップロードできたら【確認】をクリックして登録完了です。

承認されるまでにしばらく時間が掛かりますが、内容が確認されれば1日100BTCの出金ができるようになります。

バイナンスの使い方

バイナンスにはベーシックモードとアドバンスモードの2つがあります。

  • ベーシック:初心者向きのシンプルな取引画面
  • アドバンス:テクニカル分析ができる上級者向きの取引画面

それぞれこんな違いがあり、状況に応じて切り替えも可能。

トップページ左上の【取引センター】より切り替えることができます。

バイナンス 登録

ベーシックモードの使い方

バイナンス 登録

ベーシックの取引画面はこんな感じです。

一画面に必要な情報はすべてまとめられており、【買い板】【売り板】の価格・数量・総額の数字をクリックすれば、【購入】【売却】欄に自動入力されます。

バイナンス 登録

売買注文をするときは、【価格】【数量】を入力して【購入/売却】をクリックするだけです。

アドバンスモードの使い方

バイナンス 登録

アドバンスモードは背景が黒くなり、こんな取引画面です。

基本的な使い方はベーシックモードと変わりませんが、【豊富なテクニカル分析ツールが使える】という違いがあります。

トレンドラインやサポートラインを引きながら売買の判断ができます。

スポンサーリンク
コインチェック

バイナンスアプリが使いやすい

バイナンスはスマホアプリが便利で使いやすいので、出先でスマホから売買もカンタンです。

バイナンス 登録

アプリはこんな感じの画面。海外取引所でアプリが用意されているところは実はあまりありません。

バイナンス 登録

iOS標準の指紋認証、パターンロックなども対応しています。

しかし現在は、iPhoneのAppStore内に「バイナンス」のアプリはありません。

以前はダウンロードできたのですが、今はバイナンス公式サイトからブラウザ上でインストールを行う必要があります。

バイナンスの登録方法まとめ

バイナンス 登録

[box class=”box32″ title=”バイナンスの特徴”]
[list class=”li-check”]

  • バイナンストークン(BNB)が人気
  • 取引手数料が激安の0.1%(BNBを使うと0.05%)
  • 取扱いコインが豊富
  • ハッキングなどへの対応が誠実
  • 登録は5分もあれば完了

[/list][/box]

国内取引所のみでトレードしている方も多いと思いますが、これらの取引所の高い手数料をとられながらトレードして勝つのは本当に難しいです。

海外取引所と聞くと「怖い」「危険」というイメージがあるかもしれませんが、バイナンスは世界的にも信用されており、正直私は国内取引所よりも安心して資産を保有していられます。

手数料も安いので、試しに登録してみてはいかがでしょう。

以上、今一番勢いのある海外取引所バイナンスの登録方法でした。

カズト

カズト

大学を卒業後、クレジット・リース会社で法人営業を2年間→サイト運営で個人事業主として独立。暗号資産歴とサイト運営歴は3年目です。

ダイヤモンドZAiの仮想通貨特集掲載、コインテレグラフ寄稿、CryptoTimes主催イベント登壇、BITDAYS主催イベント登壇など

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事