仮想通貨の買い方【初心者】

【3分で登録】バイナンス(BINANCE)の登録/入金/出金制限の解除/特徴を徹底解説

皆さんはBINANCE(バイナンス) 、使っていますか?

海外の取引所と聞くと「怪しい」「怖い」イメージがある人も多いと思います。私もはじめはcoincheckbitFlyerなど国内の取引所のみ使っていました。

ただ、やはり高い手数料をとられながらトレードするのは勝つのが非常に難しい。上記2社のスプレッド(手数料)はかなり高めです。

coincheckやbitFlyerで仮想通貨を始めて少し慣れてきた人は、追加で海外取引所も登録しておくことをおすすめします。

今回は、BINANCE(バイナンス) の特徴をみながら、登録方法について解説していきます。

BINANCE(バイナンス)とは

BINANCE(バイナンス)は世界の取引高ランキング4位(2017年11月現在)になった今最も勢いのある取引所で、日本語に対応したことから日本人の投資家にも人気があります。

BINANCE(バイナンス)が世界No.1の取引高へ

(追記:2017年12月17日)

BINANCE(バイナンス)が過去24時間の取引高で世界No.1になりました(´∀`)

物凄い勢いで取引が増えてます。日本語対応で日本人投資家がなだれ込んでるのも要因の一つでしょう。

BINANCE(バイナンス)の特徴

Binanceの特徴
  • 取引手数料が激安の0.1%(独自トークンBNBを使うと0.05%)
  • ビットコインの分裂コインへの対応が速い
  • 取扱いコインが豊富

手数料が安い

最大の特徴は、安い手数料。

BINANCE(バイナンス)は取引手数料が0.1%。

同じ海外取引所であるPoloniexやBittrexは「0.15〜0.25%」の手数料なので、場合によっては半分以下の手数料で取引することができます。

さらに、独自トークンのBNBを使って支払えば、手数料が実質0.05%で取引できます。

トップページ → ユーザーセンター

BNBのオン・オフ設定は、個人画面からカンタンに切り替え可能。

頻繁にトレードをする人は、この手数料の差はめちゃくちゃ重要です。

BINANCE(バイナンス)で取引してたら勝てたのに、高い手数料で負けてしまっているということもザラですよ。

取引所のリスクはある

もちろん海外の取引所なので、リスクもあります。

  • 中国の取引所のため、中国当局による規制を受けるリスク
  • サポートは日本語未対応のため、万が一のときは英語でやり取り
  • ハッキング、盗難のリスク
BINANCE(バイナンス)特有のリスクはやはり「中国の取引所」故の規制を受ける可能性。

日本人が日本からアクセスする分には問題なさそうですが、万が一のことを考えると意識しておくべきリスクですね。

また、ハッキング、盗難リスクも当然あります。他の取引所同様、最低限のセキュリティとして2段階認証の設定は必ずしておきましょう。

あとは、取引しない資産は抜いておき、なるべく大きな資産を預けないようにすること。大事です。

BINANCE(バイナンス)の登録方法

では実際に登録してみましょう。

登録画面から以下項目を入力し、「Please slide to verify」をクリックしながらスライドします。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • パスワード(確認)

表示される文字を入力して、「Submit」、「登録」をクリックします。

文字が読めない場合は隣の矢印ボタンをクリックすると別の文字列になりますよ!

入力したメールアドレスに確認メールが送信されます。

こんなメールが届くので、「Verify Email」をクリックします。

これで登録完了です!数分でできますね(๑•̀ㅁ•́๑)✧

「ログイン」をクリックして、BINANCE(バイナンス)の初期画面に進みましょう。

2段階認証の画面が表示されます。

「Google」と「携帯SMS」で選ぶことができるのですが、残念ながら携帯認証は中国の携帯番号のみに対応とのこと。「Google」を選び、2段階認証を設定しましょう。

BINANCE(バイナンス)に入金する

登録作業を終えたら、取引するために入金してみます。

BINANCE(バイナンス)は日本円には対応していないため、仮想通貨を入金する必要があります。

MEMO
Binanceに仮想通貨を送るために、日本の取引所であるcoincheckやbitFlyerなどでビットコインを購入しましょう。bitFlyerの登録方法も解説しています。

【5分で登録】bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法/使い方を解説。無料でビットコインがもらえる

「資産 → 預金の引き出し」にアクセス。

各通貨の入金・引き出しができます。

ビットコインを入金する場合、検索項目に「bitcoin」を入れ、BTCの行の「預金」をクリック。

表示される預金アドレスに「ビットコインを送金」すると、チャージされます。

ちなみに、本人確認をしなくても1日2BTCの引き出しができます。

100BTCに上限を引き上げる場合はパスポートなどの身分証を登録しましょう。(後述)

取引画面はこんな感じです。

出金制限を解除しよう

BINANCE(バイナンス)は登録時点では1日2BTCまでの出金制限が掛かっています。

パスポートの提出で【100BTC】に上限を上げることができるため、余裕のある方は出金制限の解除をしておきましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

現在1BTC=約200万円と考えると2BTCでも十分ですが、大いに越したことはありません。

マイページの【身分認証完成】をクリックします。

タイプは【ほかの国と地域】を選択。

【名前】と【性別】、【国または地域】と【パスポート番号】を入力しましょう。

パスポートカバー(パスポートの表紙)と個人情報ページ(写真等が載っているページ)をアップロードします。

最後に【パスポートの個人情報ページ】と【BINANCE+今日の日付】を書いた紙をみせながら自撮りします。

アップロードできたら【確認】をクリックして登録完了です。

承認されるまでにしばらく時間が掛かりますが、内容が確認されれば1日100BTCの出金ができるようになります。

BINANCE(バイナンス)の使い方

BINANCE(バイナンス)にはベーシックモードとアドバンスモードの2つがあります。

  • ベーシック:初心者向きのシンプルな取引画面
  • アドバンス:テクニカル分析ができる上級者向きの取引画面

それぞれこんな違いがあり、状況に応じて切り替えも可能。

トップページ左上の【取引センター】より切り替えることができます。

ベーシックモードの使い方

ベーシックの取引画面はこんな感じです。

一画面に必要な情報はすべてまとめられており、【買い板】【売り板】の価格・数量・総額の数字をクリックすれば、【購入】【売却】欄に自動入力されます。

売買注文をするときは、【価格】【数量】を入力して【購入/売却】をクリックするだけです。

アドバンスモードの使い方

アドバンスモードは背景が黒くなり、こんな取引画面です。

基本的な使い方はベーシックモードと変わりませんが、【豊富なテクニカル分析ツールが使える】という違いがあります。

トレンドラインやサポートラインを引きながら売買の判断ができます(๑•̀ㅂ•́)و✧

アプリが使いやすい

BINANCE(バイナンス)はスマホアプリが便利で使いやすいので、出先でスマホから売買もカンタンです。

アプリはこんな感じの画面。海外取引所でアプリが用意されているところは実はあまりありません。

iOS標準の指紋認証、パターンロックなども対応しています(๑•̀ㅁ•́๑)✧

BINANCE(バイナンス)で分裂コインを手に入れよう

BINANCE(バイナンス)はビットコインから分裂したコインをいち早く取扱い、付与しています。

今後のビットコインハードフォーク時にはBINANCE(バイナンス)に置いておけば、フォークコインがもらえるという認識が広まっています。

  • スーパービットコイン(12月17日頃)
  • ビットコインシルバー(12月)
  • ビットコインキャッシュプラス(2018年1月)

ハードフォークで貰えるコインが1枚につき10,000円以上の価値がつく場合もあります。ビットコインを保有するならBINANCE(バイナンス)に置いておきたいですね。

BINANCE(バイナンス)の登録方法まとめ

CoincheckbitFlyerなどの国内取引所のみでトレードしている方も多いと思いますが、これらの取引所の高い手数料をとられながらトレードして勝つのは本当に難しいです。

海外取引所と聞くと「怖い」「危険」というイメージがあるかもしれませんが、BINANCE(バイナンス) は取り扱う通貨も豊富で仮想通貨トレードに向いています。手数料も低いので、試しに登録してみてはいかがでしょう。

以上、今一番勢いのある海外取引所BINANCE(バイナンス)のご紹介でした。