仮想通貨を始める方へ

【仮想通貨】Binance(バイナンス)の登録方法を解説。日本語対応で使いやすい海外の取引所

みなさんは、Binanceを使っていますか?

海外の取引所と聞くと「怪しい」「怖い」イメージがある人も多いと思います。私もはじめはcoincheckbitFlyerなどの取引所のみ使っていました。

ただ、やはり高い手数料をとられながらトレードするのは勝つのが非常に難しい。上記2社のスプレッド(手数料)はかなり高めです。

coincheckやbitFlyerで仮想通貨を始め、少し慣れてきた人は、追加で海外取引所も登録しておくことをおすすめします。

今回は、Binanceの特徴をみながら、登録方法について解説していきます。

Binance(バイナンス)の特徴

Binanceの特徴
  • 海外取引所で唯一日本語に対応している
  • 取引手数料が激安の0.1%(独自トークンBNBを使うと0.05%)
  • ビットコインの分裂コインへの対応が速い

日本語に対応している

PoloniexやBittrexなどの海外大手取引所は、日本語には対応していません。

カンタンな英単語が分かれば取引ができますが、それでも英語まみれのページで資産を動かすのは少し不安。

Binanceは2017年9月に日本語に対応し、登録から売買など通常利用する画面については日本語で進めることができます。

(FAQなどのサポート画面は未対応)

Binanceログイン後のページの右上の国旗の部分をクリックすれば、言語を変えられます。


  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
  • 日本語
  • ロシア語
  • スペイン語
  • フランス語
の7カ国語から選ぶことができます。

手数料が安い

最大の特徴は、安い手数料。

Binanceは取引手数料が0.1%。

同じ海外取引所であるPoloniexやBittrexは「0.15〜0.25%」の手数料なので、場合によっては半分以下の手数料で取引することができます。

さらに、独自トークンのBNBを使って支払えば、手数料が実質0.05%で取引できます。

トップページ → ユーザーセンター

BNBのオン・オフ設定は、個人画面からカンタンに切り替え可能。

頻繁にトレードをする人は、この手数料の差はめちゃくちゃ重要です。

Binanceで取引してたら勝てたのに、高い手数料で負けてしまっているということもザラですよ。

取引所のリスクはある

もちろん海外の取引所なので、リスクもあります。

  • 中国の取引所のため、中国当局による規制を受けるリスク
  • サポートは日本語未対応のため、万が一のときは英語でやり取り
  • ハッキング、盗難のリスク
Binance特有のリスクはやはり「中国の取引所」故の規制を受ける可能性。

日本人が日本からアクセスする分には問題なさそうですが、万が一のことを考えると意識しておくべきリスクですね。

また、ハッキング、盗難リスクも当然あります。他の取引所同様、最低限のセキュリティとして2段階認証の設定は必ずしておきましょう。

あとは、取引しない資産は抜いておき、なるべく大きな資産を預けないようにすること。大事です。

Binanceの登録方法

では実際に登録してみましょう。

登録画面から以下項目を入力し、「Please slide to verify」をクリックしながらスライドします。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • パスワード(確認)

表示される文字を入力して、「Submit」、「登録」をクリックします。

文字が読めない場合は隣の矢印ボタンをクリックすると別の文字列になりますよ!

入力したメールアドレスに確認メールが送信されます。

こんなメールが届くので、「Verify Email」をクリックします。

これで登録完了!数分でできますね(๑•̀ㅁ•́๑)✧

「ログイン」をクリックして、Binanceの初期画面に進みましょう。

2段階認証の画面が表示されます。

「Google」と「携帯SMS」で選ぶことができるのですが、残念ながら携帯認証は中国の携帯番号のみに対応とのこと。「Google」を選び、2段階認証を設定しましょう。

Binanceに入金する

続いて、取引するために入金してみます。

Binanceは日本円には対応していないため、仮想通貨を入金する必要があります。

MEMO
Binanceに仮想通貨を送るために、日本の取引所であるcoincheckやbitFlyerなどでビットコインを購入しましょう。bitFlyerの登録方法も解説しています。

日本一の仮想通貨の取引所「ビットフライヤー(bitFlyer)」登録方法。スマホから口座開設、ビットコインFXも。

「資産 → 預金の引き出し」にアクセス。

各通貨の入金・引き出しができます。

ビットコインを入金する場合、検索項目に「bitcoin」を入れ、BTCの行の「預金」をクリック。

表示される預金アドレスに「ビットコインを送金」すると、チャージされます。

ちなみに、本人確認をしなくても1日2BTCの引き出しができます。

100BTCに上限を引き上げる場合はパスポートなどの身分証を登録しましょう。

取引画面はこんな感じです。

Binanceで分裂コインを手に入れよう

Binanceはビットコインから分裂したコインをいち早く取扱い、付与しています。

今後もたくさんハードフォークが行われる予定です。

私は分裂コインについては否定的(連発することでビットコインの信頼性が失われる危険)ですが、今のところ付与されたコインを売却すればある程度儲けられているみたいですので、欲しい人はぜひ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です